ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

ギリシャ ザキントス島旅行:5日目 マラソニシ島、ケリ洞窟、カメオ島

DSCN1312.jpeg

ギリシャザキントス島旅行の5日目はボートツアーでマラソニシ島(通称タートルアイランド)とケリ洞窟に行き、その後カメオ島に行ってきました。

マラソニシ島はザキントス島の南にあるリゾート地のラガナスビーチ沖にある小さな無人島で、絶滅危惧種であるウミガメの産卵場所で、また島自体もカメの形をしていることからタートルアイランドと呼ばれています。

ラガナスビーチからボートツアーがいくつか出ているので、車でラガナスビーチへ。
私が宿泊していたプラノからは約30分、今までと違って山道じゃなく、初めて信号機に遭遇しました。

ビーチにはレストランやバーなどが軒を連ね、その前にパラソルとサンベッドがずらーっと並んでました。
たぶんザキントス島で一番賑やかなリゾートなのかな?

DSCN1265.jpeg
まだ朝早かったので人はまばら。

ビーチ沿いを歩いているとボート会社を発見。
Laganas Boat tripsという会社で、1時間と3時間のボートツアーや、レンタルボートがありました。
私は3時間のツアーを申し込みましたが、出航が12時と15時の2つだったので、12時にしました。
料金は20ユーロ。
ツアーまで時間があったので、ラガナスビーチでのんびり待つことに。
ボート会社近くのレストラン前のサンベッドへ。
何か注文すると無料で借りれるので、5ユーロのフルーツスムージーを頼みました。
5ユーロで借りれるのは安いな。
DSCN1260.jpeg
右にはマラソニシ島が見えている。

DSCN1262.jpeg
海はものすごい遠浅です。

そして時間になったのでボートツアーへ参加。
桟橋はなく遠浅の海を歩いてボートに乗船する形でした。
濡れたくない人は乗れないですよ。

そしてまずは湾内でウミガメを探す。
ここでウミガメが見れるのは6月から8月ごろだそうで、私が行った時はギリギリ見つかる時期でした。
そして3匹のウミガメを見ることができました。
しかもめちゃくちゃおっきい。
DSCN1272.jpeg
この子は特に大きく、約2メートルありました。
キャプテンによると推定50歳から60歳とのこと。
すごい高齢だな~
流石カメ!
ここのウミガメは絶滅危惧種だそうで、ボートから飛び込んで一緒に泳いではいけないんだって。
でも遊泳可能地域なので、ビーチから泳ぐのは問題ないとのこと。
ただしあまり近寄っちゃダメだって。
息を吸うためにぷくっと海面に出てくる様はほんとにかわいい~
ビデオでどうぞ

その後港から橋で行ける小島のカメオ島を通過。
島をぐるりと後ろに回ると、小さいビーチが見えます。
DSCN1278.jpeg
なんだかわかりませんが、のれんの様な白い布がぶら下がっていて不思議な光景。
ビデオでもどうぞ

その後はケリ洞窟へ。
この洞窟も青の洞窟同様、1つの洞窟をさすのではなく、いろいろな洞窟や、アーチ形の岩があるエリア。
ここも本当に綺麗
DSCN1284.jpeg

DSCN1295.jpeg

DSCN1288.jpeg
ここで15分ほどのスイミングタイム。


その後マラソニシ島へ。
DSCN1280.jpeg
ビーチ側から見たマラソニシ島。

DSCN1283.jpeg
裏側から見たマラソニシ島。
こちらからの角度がウミガメに見えるとのこと。
右が頭です。
確かにカメっぽいですね。

そして島をぐるっと回って砂浜のビーチへ。
DSCN1317.jpeg
運が良ければウミガメにも会えるかも。

DSCN1309.jpeg
ここで1時間のフリータイム

DSCN1308.jpeg
ここの砂浜はウミガメの産卵地なので、卵が埋まっているエリアは立ち入り禁止になっています。

DSCN1319.jpeg
卵が埋まっているところ
ウミガメが産まれてくるところ見たいな〜
昔オーストラリアのヘロン島で、ウミガメの産卵は見たことあるんです。
涙を流しながら卵を産んでいるカメの真後ろで見守り、卵も触らせてもらいました。
貴重な体験だったな〜

もちろんここはお店やトイレもありません。
DSCN1307.jpeg
ただし、ボートの売店が来てたので軽食や飲み物は買えますよ。


1時間後ボートが迎えに来てくれて、ラガナスビーチに戻りました。
その後車で少し移動しカメオ島への橋がある港へ。
DSCN1351.jpeg
カメオ島は個人所有の小島で、陸から橋で行くことができます。
入島料5ユーロで、島で撮ってくれた写真のキーホルダー付き。(いらんけど)




DSCN1330.jpeg
島にはバーがあります

DSCN1326.jpeg
そして小さいビーチ
目の前の島はマラソニシ島

DSCN1345.jpeg
海から見たビーチ
のれんがいい味出してるな〜
ここで1時間半ぐらい滞在して帰りました。

夕食は前日同様、グーグルマップでホテル近くの評価の高めなレストラン「M-eating」を見つけて行きました。
DSC05781.jpg
スターターのキノコの肉詰め

DSC05782.jpg
メインのガーリックキングプローン

どちらもとても美味しかった。
やはり最後は食後酒のサービスがありました。

翌日は朝の便で帰ったので、これでギリシャ、ザキントス島旅行記は終わり。
エーゲ海の島々のように、白い建物の街並みではなく、町は見所はありませんが、海と海岸線の美しさは格別でした。
ロンドンから直行便もあるし、海が好きな人には一押しの場所です。

以上

ザキントス旅行全記事:
ギリシャ ザキントス島旅行:1日目(ホテルと旅行に関する注意事項)
ギリシャ ザキントス島旅行:2日目 ナヴァィオビーチ
ギリシャ ザキントス島旅行:3日目 青の洞窟
ギリシャ ザキントス島旅行:4日目 ポルト・リムニオナス・ビーチ



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 10:29 
  • [旅行 (ヨーロッパ)
  • TB(0) |
  • CO(2) 
  • [Edit

Comment

NoTitle 

ランキングから来ました^^ウミガメに会えるなんて素敵ですね。昔沖縄でウミガメにいるビーチで泳いだのを思い出しました。ウミガメの息継ぎとてもかわいいですよね。
  • posted by kiri 
  • URL 
  • 2020.09/13 07:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

kiriさん、コメントありがとございます。
ヨーロッパでウミガメ見れるなんて驚きました。
沖縄いいですね〜
  • posted by cheeky-chi 
  • URL 
  • 2020.09/13 10:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR