ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

古代リュキア遺跡とサンタクロースの起源「聖ニコラス教会」

DSCN0917.jpg

トルコケマー旅行記の続き。
宿泊していたクラブメッド・ケマートルコ)では、有料でオプショナルツアーもいくつか催行しておりまして、私は1つだけ参加しました。
参加したのはThe Lost Cities of Myra and Kekovaで630トルコリラ(約1万2000円)で朝8:15出発18:30戻りの終日ツアー。
予約した時に、ツアーはフランス語だよ!と言われた。
でも英語でも説明あるかも〜っとのことだったので、まぁいいやっと思って参加しました。

参加者は私入れて8人。
まずはワゴン車で約2時間、海沿いを西へ進みました。
途中30分ほどの休憩でレストラン兼お店へ。
DSCN0809.jpg
そこからの景色も絶景だった。

あとも1箇所景気のいいところでストップして写真撮影。
穏やかな地中海。
DSCN0812.jpg

DSCN0813.jpg

DSCN0814.jpg
ひょうたんがあった

そして到着したのが船着場。
DSCN0818.jpg
こちらの船に乗船。

DSCN0826.jpg

DSCN0820.jpg
船首にいるとこ写真撮ってもらった。
これがなかなか怖わくて手離せなかった。

で、船に乗ってどこに行ったかというと海中遺跡
この辺りは古代リュキア文明の遺跡が残る地域で、その幾つかが世界遺産になっています。
この海中遺跡は、リュキア文明の古代都市シメナと呼ばれるところで、西暦2世紀の地震により街の半分が海の底に沈んだのだそうです。

DSCN0831.jpg
ここはもともと海ではなく半島だったそうで、地震のあとはここが沈み3つの島ができました。
これがその1つのケコワ島。

DSCN0840.jpg
こんな感じで遺跡の残骸が見れる

DSCN0841.jpg
こちらは古代の港だそうです。
船床にある小さいガラス窓があって、そこから下が覗けたんですが、よく見えなかった。

DSCN0830.jpg
丘の上には要塞もあります

DSCN0851.jpg
要塞の周りはちょっとした街になってました。

DSCN0855.jpg
こちらも要塞

DSCN0874.jpg
そしてこちらの入り江に停泊して、約40分のスイミングタイム!

DSCN0870.jpg
遺跡のあたりは水泳禁止みたいで、ここには遺跡はありませんでした。
でも海はめちゃくちゃ綺麗でした〜

DSCN0861.jpg
ウニ発見

DSCN0871.jpg
これが乗ってきた船
要塞と一緒に〜

そして船に乗り込みまた港に戻りました。
DSCN0875.jpg
帰りは濡れた体を乾かすのに、船にねっころがってたんですが、これでめちゃくちゃ焼けました。
上に幌が付いてたから日陰だったんだけど、幌では完全に紫外線は防げなかったもよう。。。

車に戻って少し走ってからランチへ!
このツアーはランチ込みでした。
大きな地元のレストランで、スターターはビュッフェ形式。
DSCN0880.jpg

DSCN0881.jpg
スターターなのに、こんなに盛ってしまった。

メインは3つの中から選べて、キョフテ(トルコハンバーグ)と、魚と、あともう1個忘れた。
DSCN0882.jpg
私はキョフテにしました。

DSCN0887.jpg
トルココーヒーとバクラヴァもいただいた

DSCN0889.jpg
私たちのグループ。
みんなうだうだおしゃべりしててなかなか出発せず。
ほとんどがフランス人で、みんなフランス語でおしゃべりしてて、私は1人ポツンと退屈でしょうがなかった。
ガイドさんが時々英語で話してくれたけど、ほかの人は面倒くさいから私には話しかけてこなかった。

やっと出発して、次に向かったのは聖ニコラス教会
この教会でキリスト教の司教を務めた聖ニコラスは、貧しい人や冤罪の人々などを救ったとして聖人として崇拝されていて、なんとサンタクロースの起源と言われている方なのだそう。
DSCN0893.jpg
サンタクロースがいたから撮っておいた

DSCN0896.jpg
教会は廃墟で、現在も発掘が進んでいるのだそう。

DSCN0898.jpg
フレスコ画も残っています

DSCN0901.jpg

DSCN0905.jpg

DSCN0902.jpg

DSCN0907.jpg
聖ニコラスの棺
不朽体 (ご遺体) は南イタリアのバーリの教会に移され、ここにはもうございません。

DSCN0910.jpg
聖ニコラスの像の左足がピカピカに光っていたので、触ると何かご利益があるのかもしれませんね。
もちろん触っておきました。

DSCN0911.jpg
サンタクロースの像

DSCN0912.jpg
像の下にはサンタクロース財団?によるメッセージが

この教会は廃墟だし大きくないので30分ぐらいで見終わりました。
見終わってからガイドさんが待つカフェで集合。
でも3人がなかなか戻ってこず、アイスクリーム食べたりしながら待ってました。
そしてまた車にもどり数分で次の目的地ミュラの遺跡へ。
このミュラもリュキア文明の古代都市で、現在はデムレという街にあります。
この遺跡には岩をくりぬいて作られた墓地ネクロポリスと、古代ギリシャ劇場があります。

DSCN0945.jpg
古代ギリシャ劇場と左後方ににネクロポリスがある。

DSCN0918.jpg
ネクロポリスは、お墓の入り口が綺麗に装飾が施されているのが身分の高かった人のお墓で、ただの穴は身分が低い人のお墓なのだそうです。

DSCN0933.jpg
古代ギリシャ劇場
ビデオも撮ったど


DSCN0938.jpg
ステージからの景色

DSCN0939.jpg
ギリシャ文字の彫刻が確認できる

ここも30分ぐらいで十分。
でもまたなかなか戻ってこない人がいて、外のカフェでぼーっと待つ始末。。。
やっと戻ってきたので帰路につきました。
本来は18:30ごろホテルに戻る予定が、行動が遅い人はいるし、ランチもずっとおしゃべりして時間かかったし、戻ったのは19:30でした。
ツアーの内容と遺跡は良かったんだけど、やはりみんなフランス語で疎外感半端なかったです。
1組カップルで、彼がトルコ人、彼女がカザフスタン人の子がいて、その彼女の方はフランス語わからなかったんだけど、彼がフランス語ペラペラで通訳してたので、全くわからないのは本当私だけ。
よかったんだか、悪かったんだか、不思議なツアー体験でした。

以上、トルコ旅行記でした〜

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 23:20 
  • [旅行 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR