ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

イスタンブール旅行〜世界遺産編

前回の続き。
イスタンブールは旧市街の多くの建物がイスタンブール歴史地域として世界遺産に登録されております。
かつて東ローマ帝国 (ビザンティン帝国) の首都「コンスタンティノープル」で、のちにオスマン帝国により陥落し、次はオスマン帝国の首都になった。
これにより、ローマの遺跡と、オスマン帝国の歴史的建造物が混在するところになっている。

まずは、お得な「ミュージアムパス」の説明から。
アヤソフィアやトプカプ宮殿は、イスタンブールで最も有名な観光地なので、入るのにものすごく並んでいます。
そこで便利なのが「ミュージアムパス」
5日間有効で料金は185トルコリラ (約3,800円)
これを持っていると、チケットの購入に並ばなくてもいい。
12箇所の博物館などに入れますが、4箇所は入れば元が取れる値段。
私は3箇所しか行ってないので金額的には元は取れないですが、並ばなくていいのでそれを考えると時間分お得です。
利用できる博物館で購入できますが、お勧めは人気薄のスポット「大宮殿モザイク博物館」や「イスタンブール考古学博物館」で購入すること。
モザイク博物館はブルーモスクの近くにあるので、私はここで購入しました。
誰も並んでなかった。
パスだけ購入して、そのままアヤソフィアに行きました。
「ミュージアムパス」に関して詳しくはこちらを参考にしてください。

それではアヤソフィアに関して。
ここは元々は東ローマ帝国時代の大聖堂。
オスマン帝国が侵略してからは、壁画のモザイクは漆喰で塗りつぶされモスクに替えられました。
現在は博物館になっております。
滞在時間1時間ぐらいかな。
DSC02328.jpg
これは東側から

DSC02674.jpg
ライトアップも綺麗でした。

DSC02352.jpg
残念ながら中央部分が修復工事中でした。
なので内部全体像が撮れない。

DSC02356.jpg
キリスト教の聖母子像と、偶像崇拝を禁じているイスラム教の円盤が共存している。

DSC02361.jpg
何匹か猫がいました。
世界遺産の建物に猫がいるなんて、他の国では考えられない。
この緩さがほのぼのします。
現地の人に聞いたら、「猫は入場無料だからね~」だってぇ。
追い出したりなんかしないみたい。
トルコ人はホント寛大だな~

DSC02374.jpg
何かわからないんだけど、みんな穴に親指を突っ込んで手を回転させていた。
これするのにすごい並んでたよ。
何か意味があるんでしょうね。

DSC02354.jpg
こちらは巨大な大理石の壺。
1つの石から削って作られたんだって。

DSC02375_2019051006141633b.jpg
2階は漆喰の下から発掘されたモザイクが見れます。

DSC02377.jpg
2階からの景色。
左側は修復のため大きなシートで覆われております。

DSC02380_20190510061421c40.jpg
モザイク

DSC02381.jpg
モザイク

お次はブルーモスク
ブルーモスクは通称で正式名称はスルタンアフメト・モスク
トルコ語ではスルタンアフメット・ジャーミィ
こちらは現在もモスクなので入場無料で、礼拝の時間は一般人は入れません。
礼拝時間を調べて行ったのに、行ったら礼拝中だった。
イスラムの礼拝って、季節によって変わるみたいですね。
知らなかった。
全体像の写真は前回に記事に載せてあります。

DSC02677_20190510061813f83.jpg
夜のライトアップも綺麗。

モスクに入るには露出の高い格好や、女性は頭髪を出してはいけません。
入口近くにスカーフの貸し出ししてますので、それを被って入ります。
後、靴も脱ぐ必要がございます。
ビニール袋用意されているので、それに入れて入ります。
日本のお寺もそうだもんね。
滞在時間は30分もなかった。

DSC02393.jpg
中庭から撮った写真

DSC02395_201905100614266a1.jpg
内部
残念ながらこちらも修復工事中。
肝心の中央ドームのブルーのタイルが見れず。。。

DSC02401_2019051006142978d.jpg
小さいほうのドームはこんな感じ。

ほとんど工事で覆われててがっかりだったわ。

お次はブルーモスクのすぐ隣にある広場「ヒッポドローム
DSC02406.jpg
コンスタンティノープル競馬場のことで、東ローマ時代の競馬場だったところ。

DSC02403.jpg
オベリスクが2本立っておりますが、手前のが古代ローマ帝国の皇帝がエジプトから持ってこさせたもの。
3,500年前のものだそうですが、信じられない状態のよさ。
奥の方が新しくて10世紀のローマ皇帝が建てさせたものだそうです。

次は地下宮殿
こちらも通称で、正式名はバシリカ・シスタン
宮殿ではなく東ローマ帝国時代の大貯水槽。
滞在時間30分ぐらい。
DSC02490.jpg
大理石の石柱が美しくまるで宮殿のようにみえる。
映画でもよく撮影されていて、何度か見たことがある。
確かジャッキー・チェンの映画でも出てこなかったかな?

DSC02496_2019051006143694f.jpg
こちら泣く柱だそうです。
常に濡れているんだって。

DSC02499_2019051006143840a.jpg
奥にメデューサが土台になった柱が2つあります。
何故か逆さま。

DSC02501.jpg
こちらは横向き。
なんでこんな置き方になっているかは不明なんだそうです。


お次はトプカプ宮殿
オスマン帝国の君主が居住した宮殿。
広いので全部見ると2~3時間はかかります。

DSC02326_20190510061401e1c.jpg
宮殿の正門の前に豪華な建物が。
お墓かな?と思いましたが噴水のようです。

DSC03039.jpg
挨拶の門
正門からこの門までの第一の庭は無料で入れます。
ここからはチケット持ってる人と猫のみ。

オーディオガイドもありますが、私は時間がなかったので借りませんでした。
トプカプ宮殿には大きな建物があるわけでなく、たくさんの建物、庭園からなっています。
全部見るもよし、主要箇所のみ絞ってみるもよし。
私は一応駆け足で全部回りました。
が、もっとも主要な宝物館が修復工事中で入れませんでした。
しかも宝物は現在日本の美術館に展示されているというではないか~

DSC03043.jpg
キッチンの鍋
巨大や!

DSC03048_20190510061817a38.jpg

DSC03049.jpg
第4庭園の先にあるテラスでは、金閣湾ボスポラス海峡、新市街、アジア側の大陸の景観を望む事ができます。

DSC03053.jpg

DSC03058.jpg

DSC03066_2019051006182439a.jpg

DSC03074.jpg

DSC03081.jpg

ここからはハレム
トプカプ宮殿内部にありますが、ハレムへ入るには別料金。
私はミュージアムパス持ってたので、それで入れました。
DSC03097.jpg

DSC03100_2019051006182970f.jpg
大理石のトイレ

DSC03101.jpg
ハマム (トルコ風呂)

DSC03104.jpg


おまけですが、宮殿の西側にはギュルハネ公園という大きな公園があります。
もともとは宮殿の庭園だったそうです。
DSC02504_20190510061805e5a.jpg
ラベンダー

DSC02505.jpg
面白い像があった。
これは有名な絵画をそのまま銅像化したもの。
亀の先生だって。

DSC02508.jpg
隣接している国立考古学博物館
建物の下部はかなり古い建物だそうです。
上は増設部分。

DSC02512.jpg
GÜLHANE (ギュルハネ)
野良犬と共に

最後はスレイマニエ・モスク
こちらも現在もモスクなので、ブルーモスク同様礼拝中は一般人は入れません。
DSC03132.jpg
礼拝の前はみなさん身を綺麗にしないといけないので、ここに水道がずら〜っと並んでます。

DSC03135_20190510061846b4e.jpg

DSC03137.jpg
内部。
入る前にスカーフを借りて頭髪を覆う必要があります。
あと靴も脱ぎます。

DSC02589.jpg
このモスクは高台にあるので、対岸の新市街からよく見えてほんと美しい〜

以上、世界遺産編でした。

全トルコ旅行記:
イスタンブール旅行〜ホテル、食事、ベリーダンス、ハマム、グランドバザール編
イスタンブール旅行〜ボスポラス海峡クルーズ、新市街編
カッパドキア旅行〜1日目
カッパドキア旅行〜2日目

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 10:54 
  • [旅行 (世界遺産)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR