ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

イスタンブール旅行〜ホテル、食事、ベリーダンス、ハマム、グランドバザール編

DSC02336_20190509032644a03.jpg

5月2日から4泊5日でトルコ行ってきました。
ちょうど日本は10連休で、日本マーケット担当の私は暇になるんでね、有給とって行きました。
まず1、2日目はイスタンブール、3、4日はカッパドキア、最終日はまたイスタンブールという日程。
ロンドンからイスタンブールは直行で4時間、時差は2時間で楽チン。

イスタンブールでの滞在は実質2日間で、今回の記事はホテル、食事、ベリーダンス、ハマム (トルコ風呂)、グランドバザール編になります。

まずはホテル編。
前半の2泊は旧市街にあるHagia Sofia Mansions (ハギア ソフィア マンションズ)のスーペリア ダブルルームに泊まりました。
1泊朝食抜きで126ユーロ (約1万5000円)

レセプションの建物はアヤソフィアとブルーモスクの間で、ちょー立地がいいです。
Hagia Sofia Mansions8

でもお部屋は全然違う場所にあって、アヤソフィアの北側の目の前で、車で送ってくれました。
徒歩だと5分ぐらい。
Hagia Sofia Mansions5
こんな感じで、新しいかわいい建物が並んでますが、全部このホテルの建物。
夜は人通りがなくなり、ちょっと怖かった。

Hagia Sofia Mansions6
この建物の最上階に私の部屋がありました。
エレベーターなしです。
朝食はつけなかったから聞かなかったけど、いったいどこで食べるんだろうか?
わざわざ5分も歩いてレセプションの建物に行くのだろうか?

部屋内部はめちゃくちゃ広いし、ちょーおしゃれ。
Hagia Sofia Mansions1

Hagia Sofia Mansions4
バスタブもかわいい。
もちろん入ったわよ。

Hagia Sofia Mansions2
トルコ風呂式のシャワールーム

Hagia Sofia Mansions3
アメニティーも充実してました。
生理用品まであったよ。
バスローブもついてました。

Hagia Sofia Mansions7
窓はあかないんだけど、覗くと目の前はアヤソフィアです。

Hagia Sofia Mansions9
5月3日は誕生日だったんですけど、粋な計らいをしてもらいました。
ケーキも付いてた。食べれなかったけど。。。

大満足のホテルでした。
ただレセプションが遠い。
ツアーにピックアップしてもらうのに、レセプションまで行かなといけないし、道中は石畳なのでスーツケース運べないので、チェックアウトする時は迎えの車を呼ばなきゃいけない。
あとエレベーターがないのが難点でした。

お次は最終日に泊まったホテル。
別のホテルにしまして、同じく旧市街にあるHotel Poem (ホテル ポエム)の最上級のお部屋デラックス ダブルルーム スパバス付 シービューに泊まりました。
ちょいと奮発しまして1泊朝食付きで250ユーロ (約3万円)

DSC03035_20190509033048dea.jpg
ホテル外観
なんとかわいい〜
到着した時は夜だったので気付かなかった。

部屋内部
DSC03027.jpg
柱がじゃまですが、こちらも広い!

DSC03028.jpg
ジャグシーがついてまして、海が見える絶景です。

DSC03021.jpg
シャワールームも広い
アメニティはそこまで充実してないけど、バスローブ、スリッパはついてました。

DSC03026.jpg
バルコニーもめちゃくちゃ広く、目の前はボスポラス海峡マルマラ海の絶景。

ビデオも撮ったよ。

DSC03029.jpg
朝食は地下の食堂で。
何もかもがおしゃれでした。
今まで泊まった部屋でNo1かもしれない。
でも到着したのが夜中の2時で、ここでの滞在時間はわずか。
寝て、ジャグシー入って、朝ごはん食べて、すぐチェックアウト。
せっかく奮発したのにもったいなかったわ〜

お次は食事編。

まずは絶景だと評判のSeven Hills Restaurant (セブンヒルズレストラン)
DSC02330.jpg
セブンヒルズホテルの最上階にあります。
入ってびっくり、想像以上の絶景でした。

景色は360度で、アヤソフィアもブルーモスクも良く見える。
一番上の写真は、私の席から見たブルーモスクです。

DSC02341_20190509032647fe2.jpg
アヤソフィアはこちら。

DSC02340.jpg
シーフードレストランなんですが、私はトルコ料理のキョフテ (ハンバーグみたいな料理) にしました。
まぁ普通に美味しかった。
とにかく絶景を見に来る価値あります。


お次は、イスタンブールに来たら絶対食べたかったサバサンド
DSC02595.jpg
金角湾沿いのガラタ橋のたもとに、このようなド派手な船が3隻並んでまして、これがサバサンドのお店なんです。

DSC02592_20190509032650b29.jpg
船の中でサバが焼かれている。

DSC02525.jpg
こちらがサバサンド。
15トルコリラ (約270円)
レタスと玉ねぎが入って、塩とレモンを振って食べます。
まぁ想像通りの味でした。
骨も入ってるし食べにくい。
私はご飯と食べる方がいいな〜

お次は新市街にあるトルコ料理店Hacı Abdullah (ハジュ・アブドゥッラー)
1888年創業の老舗で、料理フェスティバルで金賞を取ったことがあるとのこと。
DSC02650.jpg
外観
ショッピングストリートのイスティクラル通りから、横道を入った所にある。

DSC02658.jpg
ずらり並んだフルーツのコンポスト

DSC02651.jpg

DSC02652_201905090326562ac.jpg
どれも美味しそうで、どれを選んだらいいかチンプンカンプン。

DSC02657.jpg
でも店員さんがオススメしてくれたナスのペーストと牛肉を注文。
あとほうれん草も。

DSC02653.jpg
るるぶの記事が壁に掛かったました。

うまかった。
でもこのお店はお酒おいてなかった。。。

お次はベリーダンスショーに関して。
トルコに来たらやっぱりベリーダンスは見ておきたい。
いろいろ探したんですが、ほとんどがクルーズディナーショー。
昼にクルーズ行くので、それはやめて評判のいいところを探して見つけたのが、新市街のタクシム広場近くにあるSultana's
ウェブサイトでオンライン予約できる。
料金は送迎、ディナー付きでアルコールありだと70ユーロ。なしだと60ユーロです。
支払いは現地で、カードで払ったらトルコリラのみで482リラ (約8500円) でした。

ホテルにピックアップしてもらったのが19:45、他のお客さんも乗せてレストランに着いたのは20時半ごろ。
まずはディナー。
sultanas_6.jpg
下3つがスターターで、左からパイ生地にチーズが入ったもの、真ん中はメゼ盛り合わせ、右はサラダ。
上はメインコースで、3つから選べます。
何があったか忘れたけど、私は牛肉のケバブにしました。
肉ちょっと固め。
デザートも3つから選べて、私はクリームプディングにしました。

ショーが始まったのは21:15ぐらいかな。
sultanas_1.jpg
まずは数人が出てきて伝統的な踊り

それからベリーダンサーが出てきた。
綺麗だしセクシー
ビデオ3つあります。2つ目は腹踊りだよ。これも直訳したらベリーダンスだわっ

sultanas_2.jpg

sultanas_3.jpg
劇みたいなのもやってた。

sultanas_4.jpg
観客を数人ステージに迎えてなんかやってました。
4人の男性を各自丸椅子に座らせて、腕をからめて椅子を一つづつ取っていくってやつ。
2人は日本人男性。
ゴールデンウィークだからか、お客さんの3分の1は日本人でした。

sultanas_5.jpg
王様は観客です。

そして23時ごろ送迎車でホテルに送ってもらいました。
食事はなんでしたが、ショーは面白かったです。
ベリーダンスしたくなるよな~

次はトルコ風呂に関して。
トルコ風呂と言えば以前日本ではソープランドのことを指してまして、いかがわしいイメージがありましたが、健全なスパ施設のことです。
トルコ語でHamamı (ハマム) と言います。
地元の人が行くところもいっぱいありますが、観光客が行くちょいとお高めでラグジュアリーなところがあるのでそこに行きました。
アヤソフィアのすぐ隣にあるAyasofya Hürrem Sultan Hamamı
DSC02669.jpg
右側のドームの建物がそうです。
大きい。

243754_banner1meydancephe.jpg
ネットから拝借しました
全体図。
左の建物が男性、右が女性で、入口も違います。

いろいろコースがありますが、私は1時間100ユーロのコースにしました。
垢すり、泡々ボディウォッシュ、アロママッサージにドリンク付き。

まずは更衣室に案内され、小さい紙ショーツをはいてタオルで体を巻きます。
toruko_hamamu02.jpg
ネットから拝借しました
1階部分が更衣室で、上がマッサージルーム

着替え終わると専属のお姉さんに案内され、かけ湯の部屋へ。
toruko_hamamu06.jpg
ネットから拝借しました
まずはお姉さんが体と頭にかけ湯をしてくれますが、そのまま10分自分でするように言われます。
ひたすらお湯をかける。
お姉さんが戻ってきて今度は垢すりをしてくれました。

今度は真ん中のドームのところへ。
toruko_hamamu03.jpg
ネットから拝借しました
ここで仰向けに寝転んで、お姉さんが大量の泡で洗ってくれます。
もちろんうつ伏せになって背面も。
toruko_hamamu04.jpg
ネットから拝借しました
こんな感じ

またかけ湯の部屋に行って泡を流し今度は頭も洗ってくれました。
でもなんか物足りない洗い方だった。。。

頭と体にタオルを巻かれ更衣室があるメインルームへ。
ここでしばし休憩。
水となんかジュースでてきたけど、ジュースは不味くて飲めなかった。
10分ぐらいしてまたお姉さんが戻ってきて上の階へ。
ここでアロママッサージ。
お姉さんマッサージ上手でした。
西洋のマッサージは弱くて物足りないのですが、彼女のは適度な強さでよかった。
顔も頭も胸もアロマオイルでマッサージするので、油ギトギトになりました。
これで終了しました。
更衣室にはドライヤーはありましたが、洗面台がないので洗顔とかどこでするの?って感じです。
アメニティ類もないので、持参必須ですね。
洗顔するとこないから、メイク落としてから行くか、クレンジングシート持って行ったほうがいいですね。
まぁいい経験でしたが、自分で洗う方がいいや

最後はグランバザール
イスタンブールで有名なショッピングモールです。
押し売り嫌いだし、欲しいものもないので、写真撮影だけ。
DSC03110.jpg
入口には一応簡単なセキュリティチェックがありました。

DSC03122.jpg
歴史を感じるドーム造り
すごく広くてお店いっぱい。

DSC03121.jpg
こちらはNusr-Et (ヌスレット)という有名なステーキレストラン
何が有名なのかというと、ここのオーナーのヌスレット・ギョクチェ
通称Salt Baeと呼ばれていて、日本では「塩振りおじさん」として紹介されています。
インスタグラムにアップした動画で一躍有名に。
とにかく肉の扱い方、塩の振り方がセクシーで面白い。

DSC03120.jpg
お店の入り口には彼の等身大の人形があります。
マラドーナ、ベッカム、ディカプリオ、リアーナなどなど著名人も訪れたそうで、今やドゥバイ、マイアミ、ニューヨークにも支店が出来たそうです。
時間なかったから入らなかった。

カフェもありました。
DSC03130.jpg
かわいい~

DSC03131_201905090330578ea.jpg
ここでミルク入りトルココーヒーとチーズケーキいただきました。

以上。

全トルコ旅行記:
イスタンブール旅行〜世界遺産編
イスタンブール旅行〜ボスポラス海峡クルーズ、新市街編
カッパドキア旅行〜1日目
カッパドキア旅行〜2日目

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 21:36 
  • [旅行 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR