ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

長崎の旅〜世界遺産編 (軍艦島、グラバー園etc)

97EA3DE3-D728-4E72-9031-4771D2F8B733.jpg
長崎旅行の2日目は、世界遺産ずくし。
チェックアウトしてタクシーで軍艦島行きの船着場へ。
その道中、運転手さんがとあるところで車を停車。
なんと、福山雅治さんのご実家。
DSC02092.jpg
もともとは平屋だったそうですが、福山雅治氏が建て替えたそうです。
でもファンが大勢駆けつけるそうで、もう家族はここには住んでないのだそう。。。

そして船着場へ到着。
軍艦島へは個人で行くことはできないので、上陸が許されているクルージング会社の船で行く必要があります。
クルージング会社は5社あるとのことで、私たちは軍艦島コンシェルジュというところにしました。
軍艦島への上陸は100%ではなく、波が高いと無理なのだそうですが、この軍艦島コンシェルジュの船は安定性が高く、上陸率が一番高いのだそう。
午前と午後の2便出港してて、私たちは朝の便にしました。
10時半出港。
通常チケットで平日料金4000円+軍艦島入場料金300円でした。

DSC02097_201904272333568ec.jpg
こちらの船です。
うんこの様なここのマスコット、ガンショーくん。

軍艦島までは約45分の船旅ですが、長崎港は世界遺産の宝庫で動画とガイドさんの説明があって飽きません。
DSC02099.jpg
こちらはジャイアント・カンチレバークレーンといいまして、世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の1つ。
明治時代にできた造船所のクレーンで、なんと今も稼働しているのだそうです。

DSC02177_20190427233423b5e.jpg
三菱長崎造船所 第三船渠
こちらも世界遺産で明治時代に作られ今も稼働中。

DSC02175_201904272334211be.jpg
小さいですが、真ん中に水色の小屋があるの見えるかな?
ここも世界遺産で小菅修船場跡
トーマス・グラバーらが計画して造られたそうです。

その他にも造船所のいかつい建物があったり、教会があったり見所いっぱい。
DSC02103_201904272333581c0.jpg
女神大橋

DSC02107_20190427233400cfb.jpg
教会とマリア像

DSC02108.jpg
この三菱マークの白い部分ですが、なんとテニスコート1面分もあるのだそうです。
この門のような物がいかにデカイか想像できるでしょ。

DSC02174_20190427233420290.jpg

そして船は一旦伊王島という島へ立ち寄り他の乗客を乗せて再出港。
DSC02164_20190427233419d21.jpg
伊王島にも教会がありました。

そしていよいよ軍艦島が見えてきました。
DSC02118.jpg
軍艦島は通称で、正式名は端島 (はしま)
なんという異様ないで立ち。

まずは島の周りを周遊。
DSC02138_201904272334098a5.jpg
こちらは小学校だったそうです。

DSC02129.jpg
高層住宅群

DSC02127.jpg
高層住宅群

一番上の写真のところが、もっとも軍艦に見える角度だそうで、ここで船を止めて写真撮影。
ビデオも撮ったよ。

ここから船はUターンし、島の反対側にある桟橋へ。
いよいよ上陸です。
でも自由行動はできません、立ち入れるところはごくわずかで建物の近くには行けません。
DSC02140.jpg
右奥にある建物は小学校
かつて「緑なき島」といわれた島は、無人化することで緑が蘇った様子。

DSC02144.jpg
軍艦島で最も大きい建物の65号棟。
10階建ての屋上には保育園があったそう。
エレベーターはないとのこと。

DSC02148.jpg
軍艦島は世界遺産ですが、建物すべてが対象ではないのだそうです。
この赤レンガは世界遺産だそうで、明治時代にできたもの。
倒れない様に後ろから鉄で補強されています。
右側には炭鉱へ降りるところがあって、そこの階段も補強されている。
炭鉱では、事故もあって死者もいたそうですが、爆発などがあった時、鉱員は危険を承知で仲間を助けに行き、死んでいても死体だけでなく、魂も地上へ連れ戻すため「一緒に地上へ行こうな!」っと話しかけながら運んだそうです。
そのガイドさんの話に感動して泣いてしまいました。

DSC02149_20190427233414e6b.jpg
こちらの岸壁も世界遺産だそうです。

DSC02152.jpg

DSC02153.jpg

DSC02158.jpg
こちらは大正5年に建てられた日本初の鉄筋コンクリート造のアパート。
大正時代にこんな建物ができてたなんて、この島がいかに近代化したところだったかが伺える。

上陸して見れるところのはほんのわずかですが、めちゃくちゃ感動しました。
この小さい島に、最盛期は5000人もの人が住んでいたそうです。
こんなにボロボロで朽ち果てているのに、なんて美しい景観。
廃墟マニアだけにとどまらず、多くの人を魅了するのがよくわかる。
面白いことにGoogleストリートビューで島の内部を見ることができるので、立ち入り禁止区域や建物の中も見れます。
朽ち果て具合が良く見れてめっちゃおもろい。
gunkanjima65.jpg
ストリートビューで見た、最も大きい建物の65号棟と中庭。

そして船で長崎港へ戻りました。
到着は13:15頃でした。
お次は徒歩で観光。
DSC02184.jpg
長崎ちゃんぽん、皿うどん発祥のお店「四海樓
なんちゅう巨大な建物。
前日ちゃんぽんと皿うどん食べたので入らず。

DSC02220.jpg
めちゃくちゃ可愛い洋館があったのですが「祈りの丘絵本美術館」とのこと。

お次は大浦天主堂
DSC02189_2019042723344121e.jpg
世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の1つ。
江戸時代に建てられた日本に現存する最古のキリスト教建築物。
拝観料が1000円もして驚きましたが、旧羅典神学校、旧長崎大司教館の見学も含まれてます。

DSC02193_20190427233442f1b.jpg
教会内部

そしてお次はグラバー園
DSC02196_20190427233443547.jpg
こちらは入園料610円で見所満載。

DSC02198.jpg
高台ですが、エスカレーターと動く歩道があって楽々登れます。

ここは長崎開港後に長崎に来住したイギリス人商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地で、その他にも長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築していて野外博物館のようになっている。

旧グラバー住宅は世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の1つで、日本最古の木造洋風建築。
しかし、なんと保存修理工事中で見学不可でした。
長崎で一番行きたいところだったのに、残念すぎる。
幕末好きとしては、ここは憧れの場所。
また来なあかんやんかぁ〜〜〜
DSC02216.jpg
屋根だけ見れました。

でもそれ以外の建物はすべて見学可能でした。
DSC02204_20190427233447827.jpg
旧三菱第2ドックハウス (移築)

DSC02202.jpg
旧三菱第2ドックハウス2階からの景色

DSC02209.jpg
フリーメイソンロッジの門 (移築)

DSC02210_20190427233450fff.jpg
フリーメイソンのシンボルマーク

DSC02212.jpg
旧リンガー住宅 (国指定重要文化財)

DSC02215_201904280751121d2.jpg
旧オルト住宅 (国指定重要文化財)

DSC02217.jpg
グラバーの像

グラバー園を後にし買い食いしながらオランダ坂へ。
DSC02223.jpg

DSC02224.jpg
洋館がいくつかあるそうですが、時間がなかったのでこの1軒だけ行きました。
カフェになっているので中に入れます。

以上、長崎旅行記でした〜
軍艦島最高〜
グラバー邸はまた見に来なきゃな。
坂本龍馬ゆかりの地もあるし、幕末好きな私にとってとても面白いところでした。
宿もよかったし、景色もよかったし、長崎ええな〜〜〜



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 11:03 
  • [旅行 (世界遺産)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR