ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

モルディブ旅行〜バンドス エクスカーション編

モルディブ旅行記の続き。

今回はBandos Maldives (バンドス モルディブ)のエクスカーション編。

こちらのリゾートはウォータースポーツはもちろんダイブセンターもありまして、いろいろなエクスカーションも用意されています。
メインレストラン手前の掲示板に、当日と翌日のエクスカーション情報が貼り出されています。
予約は掲示板の左手にあるRIYAというところで行います。
日本語の説明書もあります。
最小催行人数があるので、前日夜にツアーがキャンセルになった場合連絡がきます。

サンライズフィッシング、サンセットフィッシング、グラスボトムボートなどは毎日行われていますが、その他は毎日じゃないので要チェックです。

以下が主なエクスカーション。

ハーフデイ アイランドホッピング (ローカルアイランドなど幾つかの島を回るツアー)
ナイトフィッシング
シュノーケリングトリップ
マレツアー (首都マレに行くツアー)
サンセット ドルフィンクルーズ
サンドバンク ピクニック (砂州の島でのピクニック)
ウェールシャーク エクスペディション (ジンベイザメツアー)

このジンベイザメツアーですが、なんと料金が300米ドル以上しました。
ポイントまでも遠いので5:30出発というありえない早さで、片道3時間船に乗るそうです。
ほとんど催行人数に達すことはないそうで、実質行われることはないようです。

で、私はハーフデイ アイランドホッピングを予約しました。
値段は80米ドル
せっかくだからローカルアイランドも行ってみたい。
時間は8:30〜12:30。
ところが前日夜、催行人数に達してないのでキャンセルになったと電話があった。
残念。。。
で、もう寝ていたらまた電話があって、「人が集まったので午後に時間変更で決行されることになったけど来る?」って聞かれて、行くことにしました。
ローカルアイランドは地元民が住んでる島で、イスラム教徒のモルディブでは肌を露出した服は着れない。
肩と膝が隠れた服で来るように言われました。
出発は午後2時半。
合計15人ぐらいの参加だったかな?
ほとんどの人が肩も膝も全然隠してない服装。
なんともマナー違反な。。。

幾つかの島を眺めながらボートで45分ぐらい進む。
DSCN0191.jpg
こちらはリゾートアイランド

DSCN0193.jpg
こちらはローカルアイランド
あきらかに見た目が違う。

DSCN0195.jpg
警察のボート

DSCN0197.jpg
そして到着したのがHuraa (フラ) というローカルアイランド

ガイドさんと一緒に回りました。
すごく小さな島だけど、病院、ゲストハウス、学校、レストランもあるそうです。

DSCN0201.jpg
学校

DSCN0200.jpg
この島の目と鼻の先はフォー シーズンズのリゾートアイランドが!
フォー シーズンズにはスタッフの宿泊施設はないそうで、スタッフはこのフラ島で生活し通勤しているそうです。

DSCN0203.jpg

DSCN0204.jpg

DSCN0206.jpg
モルディブの猫

DSCN0210.jpg
メインストリート

DSCN0208.jpg
メインストリートには服などお店がいっぱい。

でも買い物の時間は与えられなかった。
本来4時間のツアーなんだが、この後ナイトフィッシングがあるので、今回は3時間に短くなったとのこと。
なのですごく時間を巻いて行動。
なんじゃそりゃ?
そんなの聞いてない。
結局このローカルアイランドを堪能することなくすぐボートへ戻った。

DSCN0220.jpg
こちらはギリ ランカンフシという超高級リゾート。
すべて水上コテージなのだそうです。

DSCN0225.jpg
コテージも馬鹿でかい!
でもここのリゾートはハウスリーフが全然よくないそうで、わざわざバンドスまでツアーでシュノーケルしに来るみたいですよ。

DSCN0232.jpg
次に降り立ったのがギリ ランカンフシのすぐお隣にあるパラダイス アイランド リゾートというリゾート島。

DSCN0234.jpg
島の地図
こちらの島はバンドスより更に大きくリーズナブルなリゾート。

DSCN0246.jpg


DSCN0236.jpg
水上コテージ

DSCN0239.jpg
ギリ ランカンフシが目の前

DSCN0245.jpg
ビーチ
このリゾートは砂地のラグーンが広くてハウスリーフが全然ダメ。
その代わりウォータースポーツが盛んなよう。
フライボードっていう水圧で空を飛ぶアクティビティや水中スクーターがありました。
水中スクーターはやってみたい。

ここでは40分の自由時間を与えられたが、泳ぐには時間短すぎだし、ちょこっとウロウロして、後はバーでカクテル注文。
DSCN0241.jpg

DSCN0244.jpg
ピニャ・コラーダをいただいた

40分滞在はあっという間に終わりバンドスへ戻りました。
DSCN0252.jpg
右に見えるのがバンドス島。

時間が1時間短くなったのもあるし、がっかりなツアーでした。
80米ドルもしたし。。。
これだったら首都マレに行くツアーの方がよかったな。。。

以上でバンドス モルディブの記事は終わり。
バンドスめちゃくちゃ気に入りました。
とにかくハウスリーフが素晴らしい!
ビーチも美しい!
レストランもいっぱいで営業時間が長く便利で飽きない。
スタッフもフレンドリーだし日本人スタッフもいるので、言葉に自信がない人でも安心。
そして空港から近い。
値段もモルディブにしてはリーズナブル。
託児所もあるので子連れにもうれしい。
実際家族連れが多かった。
あと滞在者の人種がみごとにバラバラで、どこかの国の人が多かったりしなかった。
ラグジュアリーなリゾートではないのでハネムーン向きではありませんが、モルディブを堪能するには申し分ないところです。


モルディブ旅行記:
モルディブ旅行〜バンドス ホテルと夜空編
モルディブ旅行〜バンドス 海編
モルディブ旅行〜バンドス 食事編
モルディブ旅行〜水上飛行機編
モルディブ旅行〜ヴァカルファリ ホテル編
モルディブ旅行〜ヴァカルファリ食事編と大晦日パーティー
モルディブ旅行〜ヴァカルファリ 海編


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 23:08 
  • [旅行 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR