ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

イタリア旅行記~世界遺産「マテーラの洞窟住居」前半

8月23日から1週間イタリアのプーリア州に行っておりました。
ブーツでいうところのかかとの部分になります。
今年の夏はどこに行こうかな~っと友達と話していたところ、イタリア人の友達がプーリア州のサレント半島は海がとても綺麗だから、海に行きたいならお勧め!と教えてくれました。
彼女達もそこに家があって、毎夏帰ってるとの事。
そういえば最近イタリア行ってないし、そこに行くことに決めました。
行ったことのないエリアなので、他に何があるのか検索すると、さすが世界遺産の宝庫イタリア、そりゃまぁ魅力的な街がいっぱいあるようで、レンタカーでいくつか立ち寄ることに決めました。

ロンドンから飛行機で2時間半、プーリア州の州都バーリへ到着したのは夕方5時ごろ。
空港でレンタカーをピックアップ。
イタリアの車はほとんどマニュアルなのですが、反対通行だしオートマを予約しておいた。
いざ出発しようと車のシフトレバーを見て氷ついた。
見たこともない仕様で、オートマに普通にある「D」と「N」と「P」がなく「A/M」という意味不明なものが。。。
ラジオかっ!っと突っ込みたくなりましたが、そんなわけないし。
車に入っている説明書はイタリア語だし、全く意味がわからない。
スマホで検索すると、この車はセミAT車でAがオートマ、Mがマニュアルということがわかった。
とにかく運転の仕方を理解するのに30分以上費やし時間のロスをしてしまった。
ちゃんと前もって教えて欲しいわっ!

やっと出発し、約1時間強かけて世界遺産の街マテーラ (Matera) へ。
20180906050923af0.jpg

マテーラについて:
マテーラはプーリア州ではなく、お隣のバジリカータ州にあります。
1993年にユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されたマテーラの洞窟住居は、サッシと呼ばれる洞窟住居群が何層にも重なって渓谷を埋め尽くして、独特の景観を生み出しています。
マテーラの歴史は古く、この地に最初に人類が住み着いたのは約7000年前と言われています。
その後8世紀から13世紀にかけ、イスラム勢力の迫害を逃れたキリスト教徒の修道士達が洞窟内に教会や住居を造り、この地に移り住むようになりました。
20世紀初頭より人口の増加による住居の不足もあって、多くの貧しい人々は家畜とともに同じサッシで暮らすのを余儀なくされ、衛生面の悪化が深刻化。
この状況を見かねた政府は、1954年に都市調整計画に基づいて建設された新市街地へ住民を強制的に移住させました。
結果サッシ地区は廃墟と化したのですが、近年になってサッシの文化的・芸術的な価値が見直され、世界遺産に登録されました。
これを機会に観光客も増え、ホテル、レストラン、お土産店などができ、現在は洞窟住居の5分の1ほどが再利用されているそうです。
メル・ギブソンが監督した映画「パッション」のロケ地にでもあります。

旧市街にはサッシのホテルもいっぱいあるようで、その1つに泊まることにしました。
泊ったのはカヴェオソ ホテル (Caveoso Hotel)
一泊朝食付きで120.10ユーロ
場所はサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会 (Chiesa di San Pietro Caveoso) があるサン・ピエトロ・カヴェオーソ広場からすぐの好立地。

20180906050935b9c.jpg
左がサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会、右の岩ごつごつの建物がサンタ・マリア・デ・イドリス教会 (Chiesa di Santa Maria di Idris)
ホテルは見えてはないけど、右下の方にあります。

迷路のようなサッシ地区にある宿には駐車場はないので、まず広場に一旦車を止めスーツケースをもって階段をのぼる。
ホテル滞在者なら荷物搬入のため一時駐車していいとのこと。

201809060507541fa.jpg
レセプションの奥。
洞窟感が素敵!
ここで朝食をいただきます。

20180906050758be5.jpg
私の部屋の入口

20180906050757a17.jpg
部屋は増設部分なので、洞窟感がない。

201809060507559b8.jpg
お風呂がの方が洞窟感がありますね。

チェックインをすませ、車を新市街にある立体駐車場に移動させました。
直線距離は500メートルぐらいだけど、ちょー細い路地をぐるぐる回って到着。
終日営業で1時間50セントなので高くはなかった。

もう夜8時。
ちょうどイタリアに帰ってきている友達夫婦とこの町で合流することになっていたので、彼女達が入ったレストランへ向かいました。
レストランはStanoというモダンなところ。

20180906050745a74.jpg
みんなでシェアしたスターター

20180906050747c3d.jpg
私が頼んだパスタ。
もっちりしたパスタでちょっと重かった。

20180906050748b84.jpg
友達が頼んだパスタ。
味見させてもらったが、こっちの方があっさりして美味しかった。

20180906050749c5f.jpg
友達が頼んだステーキ。

で、嫁の方が実はマテーラ出身。
滞在しているのはマテーラじゃなくて海辺の方のお家なんだけど、この日は私の日程に合わせてマテーラまで来てくれて、食事のあと町を案内してくれた。

20180906050751bca.jpg
聖アゴスティーノ修道院 (Chiesa di Sant’Agostino) からの絶景。
月がほぼ満月で綺麗でした。

20180906050753b74.jpg
みんなで

2018090605094191b.jpg
絶景ポイントもいっぱいあって、全部連れてってくれました。

翌日は朝、昼と観光したので、その記事は次回に・・・


イタリア旅行記その他の記事:
イタリア旅行記~世界遺産「マテーラの洞窟住居」後半
イタリア旅行記~世界遺産「アルベロベッロ」
イタリア旅行記~「ロコロトンド」
イタリア旅行記~「カストロ」
イタリア旅行記~「レッチェ」

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 23:00 
  • [旅行 (世界遺産)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR