ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

Secret Cinema (シークレット・シネマ) 「ブレードランナー」行ってきた

金曜日、体験型の映画イベント「Secret Cinema (シークレット・シネマ)」に行ってきました。

数年前ぐらいから、SNSなどで頻繁に目にするようになってきたシークレット・シネマですが、なんせシークレット(秘密)なもんで、一体何なのかよくわからなくて、最近になって「すごい面白いらしいよ。でもチケット高いらしいよ」と、身近でも噂を聞くようになってきた。
基本的には昔の有名な映画がテーマで、本格的な映画ごっこをやるイベント。
今やっているのは「ブレードランナー」。
過去には、「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ゴーストバスターズ」「ショーシャンクの空に」「ムーラン・ルージュ」などなど、ジャンルもいろいろ。


今回、たまたまチケットマスターから半額オファーの案内が来たので、それだったら行ってみようかな?っと友達を誘って行くことにした。
チケットは3種類あって、曜日によっても値段が違うみたい。
私が選択したのは平日の一番安いレギュラーチケットで、それでも通常価格は64ポンド。手数料入れて1万円ほどだ。
噂通り高い。
そしてシークレットなので、会場とか何が必要とかは1週間前にメールするとのことだった。
でも1週間前になってもメールが来なくて、4日前にしびれを切らしてメールしてみた。
そしたら返事が来て、リンクにアクセスしてレジスターしろとのこと。
早速レジスターするも、なんか4、5つの質問事項に答えなきゃいけなくて、めんどくせ〜〜〜
それから自分のキャラクターをあてがわれた。
このイベントでは、自分のキャラクターにあったコスプレをする必要がある。
あと、持参しなきゃいけないものもあって、結構面倒くさい。(必須ではないが最低1つは持参する必要がある)
集合場所はグリニッジ近くのCannnig Townで時間は18:00〜18:40。

30714739_2109666792599496_710866413317391263_n.jpg
<ネットから拝借>
こちらが会場
駅近くのたぶん元倉庫だったところ。
入るところからもう演技が始まっていた。
私たち参加者はユートピアに向かうワールドターミナルに入るという設定らしい。
ここで荷物チェックやIDチェック(本物のIDじゃなく自分のキャラクターのID)を受ける。
そしてシークレットなもんで写真、ビデオ撮影は一切厳禁。
シール付きの袋を渡され携帯を入れさせられる。
でも別に預ける必要はない。
せっかくみんな張り切ってコスプレしてるのに、中で写真撮れないなんて、そんな殺生な。。。

私も友達もキャラクターがスカベンジャー (廃棄物回収業者) だったのですが、いったいどんな格好したらよいのか?
どちらにしても平日で会社終わって速攻行かなきゃだったので、そんな変な格好はできない。
持ってる服で、ブレードランナーのサイバーパンクな世界観に一番近い服を着て行った。
ゴーグルと、透明傘または透明レインコートも持参アイテムだったので、ゴーグルは友達に借りて、晴天の中傘持ってった。
IMG_6831_2.jpg
携帯を袋に入れる前に写真撮影。

IMG_6849.jpg
こういう写真撮影できるエリアもあった

IMG_6854_2.jpg
レインコート売ってた姉ちゃんと

ほんとならばいろんな人の写真撮らせてもらうんだけど、今回は断念。
インスタで見つけた素敵なコスプレの人たちの写真をピックアップして載せておきます。

30814107_2115734265326082_450121045789397902_o.jpg
instagramより

33155892_390110334809850_4809826771190939648_n.jpg
instagramより

34206253_844244409100316_6407333895523532800_n.jpg
instagramより

34372226_235072533936285_2119799594480041984_n.jpg
instagramより

そして、いざ中へ!
最終チェックポイントでまたIDを確認させられ、スカベンジャーならミスター誰それに会え!(名前忘れた)と言われた。
だれじゃそりゃ?

中は本当にブレードランナーの世界。
もう写真撮りたくて喉からカメラがでそう。
しかし中は恐ろしく暑かった。
今イギリスでは連日熱波で、エアコンがほとんどないので、もう暑すぎ。
ここも例外ではなかった。

そして中央部分は広く空いていて雨が降っている。
そう、もちろん酸性雨だ!

バーやフードストールもある。
ビールはどこに行ってもアサヒスーパードライの缶ビール。
いたるところに変な日本語が書いてある。
まんま映画の世界だ。

もちろんヌードルバーもある。
34189800_2134026740163501_3661875033371836416_o.png
<ネットから拝借>
まずそうだったが食べてみた。
これがタイ風のココナッツミルク風味で美味しかった。
でも9ポンドで量は少なかった。

あと飲茶も食べたがこれも美味しかった。
でも3品で7ポンドと、これも高くて量少なすぎ。

お店もあったりするが、このイベントは本格的な映画ごっこがメインなので、そこいらじゅうで寸劇が繰り広げられていた。
人だかりができていたので近づいてみると、私たちスカベンジャーのリーダー、ミスター何ちゃらが何か喋っている。
<ネットから拝借>
34016715_2134026143496894_8550059806386290688_n.png
彼がそのリーダー
何を言ってるか聞こえなかったが、周りにいるみんなが手をあげて「オー!」っと言って賛同している。
この人たちは一般客?それとも俳優?
なんだかよくわからんが面白い。
どうやら私たちスカベンジャー達は反乱を起こすらしい。
そうすると警察役の人たちみたいなのがいっぱいやってきて、私たちは手を頭にあげてしゃがまさせられた。
私たちも茶番に混じらなきゃいけないようだ。
このまま囚われるのか?
でも飽きたのでその場を離れ、今度は太鼓を持った人たちを見つけた。
持参アイテムの一つにドラムと書いてあったので、小さいジャンベ(アフリカの太鼓)を持って行ってたのだが、私もそれを出して、その太鼓集団に混じってみた。
太鼓リーダーが「ついてこい!」と言って走り出したので、みんな太鼓たたきながら追いかける。
意味不明だが面白い。
途中で女の人に「どこ行くの?」と言われたが、「わからない」と答えると、「これは私のメモリーよ!」と言って猫の写真を見せられた。
「???」
とりあえず「ナイス!」とだけ言って太鼓軍団についていった。
そういえば、必須アイテムで思い出の写真を3枚持ってこなきゃいけなかったんだが、最後まで使い道がわからなかった。
第3者に見せなきゃいけないというルールでもあったのだろうか???
他にもリサイクルグッズや宣伝ポスターとか、意味不明のものが持参リストにあったんだが、全くもって使い道がわからなかった。
傘かレインコートさえ持ってきとけば問題はなかったようだ。
なんせ中は雨降ってましたから。

30420534_2117386788494163_5260158367945095348_o.jpg
<ネットから拝借>

blade runner
<ネットから拝借>

他にも参加者のベストドレッサー賞を決めるファッションショーみたいのがあったり、レプリカントなのか何なのか捕り物劇があったりしてました。

で、立ち食いしてる時(椅子とかないので)黒人の男の人が手をかざして近づいてきた。
どうやら役者のようだ。
「レプリカントはみんな始末される、次にやられるのは俺たちスカベンジャー達だ!あとで広場で集まるんだ。合図はこれだ!」的なことを言って去って行った。
そして広場に行くとすごい人だかり。

35617208_353549345176614_8841402131157090304_n.jpg
<ネットから拝借>

IMG_20180503_091228-1024x629.jpg
<ネットから拝借>
さっきの黒人さんが女の人とダンスしてた。

IMG_20180503_091249-1024x577.jpg
<ネットから拝借>
そしてさっき教えられた、手をかざす合図をしてました。

750-3752-40912044382-o-1.jpg
<ネットから拝借>
気がついたら上の方に人がいました。
たぶんレプリカントですね。

IMG_20180503_091237-1024x797.jpg
<ネットから拝借>

それからみんなが大移動。
どうやら映画館に行ったみたです。
私知らなかったのですが、映画も上映するんです。
8時半ぐらいからスタートしました。
横に長い映画館で、スクリーンが3つ。
スクリーンと客席との間は結構空いてて、すべてのシーンじゃないけど、そこで映画に合わせて俳優達が演技してるんです。
35900530_2148506978715477_5475404049027170304_o.jpg
<ネットから拝借>
これが客席前

あと、サイドの上の方や、スクリーンの間やらいろいろなところで演技していてスクリーンと俳優達を交互に見るって感じでした。
口パクですから俳優の声は流れません。
なんとも不思議な鑑賞方法でした。

映画の後はクラブみたいになっていた。
上の階をちゃんと見てなかったので、もう一回行こうとしたら上は閉まっていた。
それからカクテル1杯飲んで、1階を少しウロウロして帰りました。

あとプリクラみたいな機械があったので撮ってみた。



帰りにまた撮影。
ブレードランナーだし、夜の方が雰囲気合うね。

とにかくめちゃくちゃ面白かった。
コスプレが好きで、ノリがいい人だったら楽しめるはず。
あと、その映画もしくは、その映画の世界観が好きじゃないとね。
マッドマックスがあったら絶対行きたいな〜

8月からは「ロミオとジュリエット」だそうです。

でもシークレットにする必要があるのだろうか、せめて写真撮らせてほしいな〜
あとやはり高すぎ。
食べ物も高かったし。
リピーターを呼びたかったら、もう少し値段下げてほしいな。



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 20:20 
  • [イベント
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR