ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

ポルトガル世界遺産編 (シントラの文化的景観、ジェロニモス修道院とベレンの塔)

ポルトガル旅行の続き。
今回は世界遺産編で、2日目に行ったリスボン郊外の「シントラの文化的景観」と、3日目に行ったリスボン市内の「ジェロニモス修道院とベレンの塔」の2箇所の世界遺産に関して。

まずは「シントラの文化的景観」ですが、リスボンから電車で40分ほどの郊外の街シントラにあります。
世界遺産に登録されているのが、3つの宮殿と1つの城壁で見どころ満載。
なので朝早くに行くべきところなのですが、前日友達と朝2時までおしゃべりしていて起きたのが遅く、シントラに到着したのが昼過ぎてしまいました。
シントラの駅から10分ぐらい歩くと街の中心に到着します。
DSC08910.jpg
こちらは市役所
世界遺産ではありませんが、お城のような佇まい。

DSC08911.jpg
山の上に見えるのがムーアの城跡

DSC08915.jpg
シントラ宮殿
世界遺産ですが、時間の関係で入りませんでした。
右の三角の建物は煙突だそうです。

時間がなかったので、目指すは山の上にあるムーアの城跡と、さらに高い山の上にあるペーナ宮殿の2箇所のみ。
結構高い山なので歩くと1時間はかかるそうで、バスで行くことに。
どちらも434番の市バスで行くことができます。
駅 > 街の中心 > ムーアの城跡 > ペーナ宮殿 > 街の中心 > 駅 の順番で走ってます。
乗り降り自由で6.90ユーロでした。
ただ本数が少なく、時間通りじゃないし、すごく混んでいました。
お金に余裕があればトゥクトゥクに乗るのをおすすめします。
いくらかしらないけど、いっぱいいました。

まずはムーアの城跡へ。
DSC08928.jpg
まるでドラクエの世界。
もしくは万里の長城のような見た目。

DSC08941_20180514174118575.jpg
下にシントラ宮殿が見える。
そして向こうには大西洋が見えます。
素晴らしい見晴らしですが、高所恐怖症の私は相当怖かったです。
でも本当に映画の世界のようで素晴らしかった。

DSC08947.jpg
あれも宮殿だろうか?

DSC08939.jpg
ペーナ宮殿もよく見える

一通り城壁を歩いたあとは、また434のバスに乗りペーナ宮殿へ。

DSC08949.jpg
なんとカラフル

DSC08953_20180514174111a41.jpg
まるでテーマパークのよう

DSC08961.jpg
こんな派手な宮殿みたことない。

外見だけでなく内部もおろしろかった。
DSC08969_201805141741126f1.jpg
ダイニングルーム

DSC08978.jpg

DSC08985_20180514174127668.jpg

DSC08987.jpg
キッチン

DSC08970 (1)
バルコニーからはムーアの城跡も見えます。

シントラ実に面白かった。
もう1つの世界遺産「レガレイラ宮殿」も行きたかったんだけど、時間的に無理だった。
また戻ってこようと思う。

お次は3日目。
こちらはリスボン市内のベレンというエリア。
ここにあるジェロニモス修道院とベレンの塔が世界遺産。

DSC09167.jpg
ジェロニモス修道院
手前は国立考古学博物館と海洋博物館になっています。

DSC09044.jpg
なんとも細かい装飾

DSC09050.jpg
チャペル入り口
結構並んでいるのですが、チャペルは無料で並ばず入ることができます。
回廊に入るのは有料ですごく並びます。
でも、博物館で共通券を買っておけば、並ばずに入ることができるそうです。
あと、ベレンの塔でもここのチケット買えるので、その場合も並ばなくて大丈夫。
私達は40分ほど並んで、まず回廊の方へ。

DSC09054_2018051417413077a.jpg
回廊
マヌエル様式の最高傑作ともいわれ、大航海時代の富をつぎ込んで建築されたそうです。

1枚の写真に収まりきれないのでビデオにしました。


DSC09071.jpg
チャペル

DSC09082.jpg
中央祭壇

DSC09080.jpg
ルイス・デ・カモンイスというポルトガルで有名な詩人の墓

DSC09089.jpg
ヴァスコ・ダ・ガマの墓

DSC09092.jpg
礼拝堂の1つ

修道院を出てからは近くにある発見のモニュメントへ。
こちらは世界遺産ではありませんが、セットで行く有名なところ。
DSC09117.jpg
大航海時代を記念した記念碑
中に入れますが、私たちは入りませんでした。

DSC09111.jpg
先頭はエンリケ航海王子
その次の次ぐらいがヴァスコ・ダ・ガマらしいです。

DSC09113.jpg
モニュメントの後ろには地面に世界地図が描いてあって、それぞれの国に年号が刻印されています。
この年号は、ポルトガルがその国を発見した年だそうです。
日本は1541年と書いてありました。

お次はベレンの塔
DSC09124.jpg
ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られた船の出入りを監視する目的の要塞。
こちらもすごく並んでいましたが、修道院でチケット買っておいたので、並ばず入れました。

DSC09129.jpg

DSC09137.jpg

DSC09130.jpg
左には発見のモニュメント。
橋は4月25日橋
その右側にはでかいキリスト像の「クリスト=レイ像

DSC09149.jpg
砲郭

DSC09156.jpg
地下は牢屋でした。
せっかくだから囚われてみた。


そしてベレンと言えば、エッグタルトで有名な老舗カフェ「パステラリア パステイス デ ベレン」が有名。
DSC09102.jpg
いつもものすごく並ぶそうです。
私が行った時は人だかりはすごかったけど、ほとんど並んでなかったので買うことにした。
テイクアウトの方が並ぶそうで、もしあまりにも列が長ければカフェで食べる方が早いんだとか。

DSC09094.jpg
1つ1.10ユーロ。
安い!

DSC09100.jpg
中に入ったら工場も見れます。

DSC09101.jpg
カフェ内部はすごく広かったです。
ここだけでなく、他にも部屋がいっぱいありました。

1つテイクアウトに買ってみました。
出来立てで暖かく、外はパリッとしててとても美味しかった。
長時間並ぶ価値があるかわからないけどね、エッグタルトはどこでも売ってましたから。。。
空港でもここのエッグタルト売ってました。
でも出来立てじゃなきゃね〜


ポルトガル旅行記その他の記事:
ポルトガル リスボン1日目
ポルトガル リスボン2日目後半
ポルトガル リスボン3日目後半+4日目


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 21:10 
  • [旅行 (世界遺産)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR