ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

北極圏の街トロムソ(ノルウェー)トナカイぞりとオーロラ

2日目は昼はトナカイぞりツアー、夜はオーロラツアーに参加しました。

トナカイぞりはTromsø Arctic Reindeerが運営するReindeer Sledding, Reindeer Feeding and Sami Cultureというツアーでトナカイぞり30分、トナカイの餌付け、トナカイシチュー付きで1,590クローネ(約2万2000円)でした。
泊っているホテル前に9:50集合で10時発。
バスで約30分ほど移動し先住民族サーミ人が放牧しているトナカイファームへ。

DSC08254.jpg
ファーム入口。
サーミ人のお姉さんがお出迎え。

DSC08255.jpg
サーミ人のお兄さんもお出迎え。
まずは参加者みんなこのテントへ入って、お兄さん達の自己紹介とツアーの説明を聞きました。
テントの中は焚火が焚いてあったがあまり暖かくなかった。

参加者は50人ぐらいいたかな。
私が参加したトナカイぞり30分コース以外にも、そり10分コース、餌付けだけの人達もいた。
30分コースの人はすぐにトナカイぞり開始で、私もすぐにそりに乗りました。

DSC08278.jpg
ソリは1台ずつではなく、7台ぐらいソリが繋がった状態で、先頭のガイドさんが先導する形で速度は徒歩と同じでめちゃ遅い。

DSC08273.jpg
天気がよくてあまり寒くなく絶景。

ビデオも撮りました。


でも正直30分乗りっぱなしは飽きてくる。
そんでもって、移動手段でもなく、ただ人間のエンターテイメントのために無駄にトナカイに働かせていることに申し訳なくなってきた。
最後の方はゼーゼー言ってたからね。
ごめんねトナカイさん。。。

DSC08279.jpg
この子が私のそりを引っ張ってくれた子。
ありがと〜

そりの後は餌付け。
DSC08300.jpg
ここには約300頭のトナカイがいるんだって。
で、びっくりなことにトナカイってオス、メス両方角が生えるのだそうです。
毎年角が生え変わるのですが、オスとメスの生え変わり時期が違うとのこと。
オスは冬に抜け落ち早春に新しいのが生えてくる、メスは夏だそうです。
なのでここにいた角がない子、又は1つしかない子はオスみたいです。

DSC08332.jpg

DSC08313.jpg
しかしトナカイは思っていた以上にめちゃくちゃかわいい。
なんかシカにカピバラの要素を足したような、ちょっとぬぼーっとしてて、すごくお茶目で親しみを感じた。
もっと大きくて厳ついと思っていた。
赤鼻でもなかったしね。

DSC08340.jpg
お腹がいっぱいになったトナカイたちは雪の上に座って休憩。
近寄ると逃げるんですよね。

DSC08296.jpg
牧場には2つ建物があって、中ではコーヒー、紅茶、ホットチョコレート、クッキーがいただけました。
雪が降ったりやんだりで寒くなってきたので、中で休憩。

DSC08324.jpg
12時過ぎにはトナカイシチューをいただきました。
正直獣臭くてまずかった。

その後は最初に入ったテントにみんな移動し、サーミ人のお兄さんがサーミの歴史やトナカイについて説明してくれました。
IMG_5537.jpg
サーミ人で彼らのようにトナカイの放牧をしているのは全体の3%ぐらいで、後は他のノルウェー人同様定住しているのだそうです。
そしてヨイクというサーミ人の伝統歌謡を披露してもらいました。
「ヨローヨローヨローオー」と繰り返すだけなので、みんなで合唱しました。

これでツアーはおしまい。
またバスでホテル前に送ってくれました。
到着は2時頃。

その後は町をうろうろしてみた。
この日はイースター休暇中唯一お店が開いている日だった。
でも特別営業時間で、早くに閉店してました。

DSC08346.jpg
トロムソ橋、その先にあるのは北極教会

DSC08349.jpg
北極圏水族館のポラリア
中には入らなかった。

DSC08351.jpg
ヘルマー・ハンセンの像
ロアルド・アムンゼンと共に人類史上初めて南極点への到達に成功した人で、船乗りで犬ぞりのエキスパートだそうです。

DSC08356.jpg
世界最北ビール醸造所マックビール

DSC08358.jpg
メインストリートのStorgata (ストール通り)

DSC08364_2018040901541539d.jpg
メインストリートのStorgata (ストール通り)

DSC08370_201804090154168e2.jpg
世界最北にあるバーガーキング
実はトロムソ空港にあるバーガーキングの方が世界最北だそうです。
どちらにしてもトロムソやね。
その他にも世界最北のセブンイレブンやら、世界最北だらけ。

DSC08372_201804090154188fa.jpg


DSC08383_20180409015432520.jpg
北極圏博物館
中には入らなかった。

DSC08386_20180409015433123.jpg

DSC08393.jpg


DSC08362.jpg
夕食はSkarven (スカルヴェン) という所へ。
ここはバー、軽食屋、シーフードレストラン、ステーキハウスの4種類のお店が入っているとろこ。
私はシーフードレストランのArctandriaに行きたかったんだけど、行ったら閉まっていた。
日曜日は休みなんだって。ってか土曜日だったんだけど。。。
たぶんイースター中だから日曜日と同じ扱いなんだね。
でもステーキハウスのBiffhusetで、サンデーメニューでシーフードがあるとのことで、ここでいただくことにした。

DSC08400_20180409015437638.jpg
店内

DSC08402.jpg
Grilled Stockfish 349クローネ(約4800円)
ストックフィッシュとはタラを干したもの。
ノルウェーの伝統的な食材なのだそうです。
これを長時間水につけて戻して骨と皮を取り除きグリルしたもの。
身は水に戻したといえどパサパサしてたけど、クリーミーなソースととても合っていておいしかった。

この後は念願のオーロラーツアー
オーロラツアーは主に2種類ありまして、町明かりの少ないベースキャンプに行ってオーロラが出るのを待つもの。
待ってる間テントか建物で待機できるので寒い思いをしなくてもいいが、オーロラは晴天でないと見れないので、天気が悪ければ見ることはできない。
もう1つはオーロラチェイス。
名前のとおりオーロラを追いかけるわけだが、天気がいいところを探して移動する。
その日の天気によっては遠距離まで行くのでツアーの所要時間が長い。
しかもスウェーデンやフィンランドまで国境をまたぐこともあり、パスポートを持って行かなきゃいけない。
大変なツアーだが、オーロラ観測の成功率がかなり高くなる。

週間予報で私の滞在中は雪マークが多かったので、後者のツアーにした。
でも、翌日朝のアクティビティーがあるので所要時間短めの6時間のツアー。
Scan AdventureThe Wonders of Northern Norwayというツアーで19時出発、1時戻り。

定員14名までの小グループで、防寒着、ブーツ、三脚のレンタル込み。
ホットドリンクとスナック付きで1,125クローネ(約15,500円)

で、19時出発の予定が20時に変更になったと連絡があり、19:50観光案内所前で集合。
そしてバンに乗っていざ出発。
まずはツアー会社の事務所へ寄って防寒着とブーツを着用し再度出発。
トロムソは雪が降ったりやんだりの不安定な天気だったので、遠方へドライブするとのことだった。
約2時間ドライブしたところで停車。
車を止めるや否や、ガイドさんが「オーロラでてるわよ~早く早く~」とみんな急いで降りた。
そこで三脚なしですぐ撮影。
DSC08405_201804090154408de.jpg
これがその写真。
正直肉眼ではここまではっきり見えてないです。
そして少しすると消えていった。

この日はブルームーンで満月。
空がめちゃくちゃ明るい。
オーロラ観測には適していない日。
旅行中満月に重なるのは知っていたが、周りの風景がよく映るので、これはこれで綺麗だろうと思ってやってきた。
車を止めたのは川沿いで景色はとても綺麗。
そして明るいので懐中電灯がなくても歩けた。

DSC08451_2018040901544104c.jpg
その後も薄いオーロラが出てはすぐ消えていくを繰り返し、期待したようなくっきりした緑のカーテンは見れなかった。
でも快晴だったので、場所移動せずずっとここに約2時間滞在しました。
気温は―8度、無風だったし防寒着のおかげで寒さを感じなかった。
足はさすがにずっと雪の上に立ちっぱなしだったのでかなり冷たかった。
でも靴下用カイロのおかげでだいぶマシだったと思う。
それよりもカメラの方が調子悪くなった。
ON/OFFスイッチが冷たさのせいでめちゃくちゃ固くなって、電源を入れるのに一苦労。
そしてバッテリーが恐ろしい速さで残量0になった。
でも温まったらまた70%ぐらいに戻ったけどね。
予備のバッテリーは必須、そしてカメラの防寒対策も必要だ。

で、時間も0時半を回り、ガイドさんが「もうこの時間になったらオーロラはでないだろう」と言って、トロムソに引き返すことにした。
もしオーロラが出ていたら停車するとのことでしたが、結局停車することはなく直接ホテルへ戻りました。
ホテル到着は3時過ぎ。
めっちゃ遅いがな!


トロムソのその他の記事:
北極圏の街トロムソ(ノルウェー)1日目
北極圏の街トロムソ(ノルウェー)フィヨルドクルーズとオーロラ再び


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 19:19 
  • [旅行 (ヨーロッパ)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR