ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

アイスランド旅行〜氷河湖と氷の洞窟ツアー

DSC01542.jpg

アイスランド旅行3日目は氷河湖や氷の洞窟に行くツアーに参加しました。
Ice Cave & Northern Lights | Day Tour to Jokulsarlon Glacier Lagoon
所要時間は14時間、冬の間 (12月から3月) のみ催行。
1人約3万8000円

アイスランドには氷河がいくつかありますが、氷の洞窟で有名なのは1番大きなヴァトナヨークトル氷河 (Vatnajökull glacier)。
テレビでみて絶対行きたいっと思ったんですが、問題はレイキャビックから遠い。
車で4.5〜5時間かかる。
そこに行くには公共の交通機関がないので、レンタカーで行くかツアーになります。
レンタカーは道が凍結してたら怖いので結局ツアーしかない。
でもほとんどのツアーが1泊以上のものばかり。
日数的に無理で、日帰りの弾丸ツアーを探したら1つだけありました。
14時間と長時間ですが、氷河湖観光と帰りはオーロラ鑑賞もついているとのこと。

7:30に最寄りのバス停でピックアップしてもらい、他の人もピックアップしてから出発。
合計で13人。
まだ日の出前で真っ暗。
2時間半走ったところで一旦20分ぐらい休憩。
私は朝ごはん食べてきたけど、みなさんここでサンドイッチとか購入して車内で食べてました。

このサービスエリアは黒い砂浜に奇岩のある美しところだった。
DSC01473_20190311061401145.jpg

そしてさらに2時間走る。
目的地に近づくにつれ、車窓は絶景になってきた。
DSC01477.jpg
溶岩の大地に白い山々
ザ・アイスランドな景色です。

DSC01480_201903110614047ce.jpg
真ん中は氷河

DSC01482_2019031106140504b.jpg
荒涼とした大地に荒れた海から吹き上げるしぶき、そこに輝く朝日が綺麗だった。

そして1時ごろ目的地のヨークルスアゥロゥン氷河湖 (Jokulsarlon Glacier Lagoon) へ到着。
ここで約45分の自由時間が与えられた。
この氷河湖は海と繋がっていて、すごそこにビーチがある。
DSC01490_20190311061408d01.jpg
溶けきらなかった氷河の破片が海へ流れ込んでビーチに散らばっていた。
ベルベットのような黒い砂浜に点々と転ぶ氷河のかけらがダイヤモンドのよう輝いていることから、ここはダイアモンドビーチと呼ばれている。

DSC01486_2019031507552052f.jpg
なんと、私が行った数日前、氷に乗っていた観光客が氷ごと海に流されてしまいレスキューされるというハプニングがあったそうです。
そのニュース記事がこちら
そんなことにないように、みなさん気をつけましょう。

で、時間がないのですぐ氷河湖へ。
DSC01512.jpg
恐ろしい美しさ。
ラッキーなことに晴れてたので、青さがさらに増していた。
南極でも来たのかと錯覚してしまう。

動画も

DSC01508.jpg
奥に氷河がある。
あそこから流れてきて溶けた氷河が湖になっているんです。
昔はこの湖はなかったそう。温暖化の影響なんででしょうね。

弾丸ツアーなので自由時間が少なく、さらにトイレもすごい並んでたんであまり満喫できなかった。
そしてスーバージープに乗り換え氷河へ向けて出発。
なんとジープは氷河の上を走るんです。
ガタガタ大揺れしながら道なき氷河を走り、ようやく車が停車。
降りるとそこは氷河の上。
DSC01529.jpg
一番上の写真もそうです。

DSC01530.jpg
もちろんアイゼンがないと歩けないので、ガイドさんに渡されたのを装着。
ヘルメットも着用必須です。

DSC01534.jpg
そしてトンネルのような道を歩いて写真撮影。

動画も
強風でめちゃくちゃ寒かった。
相当着込んで、分厚い靴下にめちゃくちゃ暖かいスノーブーツ履いてましたが、全然足りない。
しもやけになりそうでした。

DSC01546.jpg
ガイドさんと。
ホント、なんでこんなに青いんだろうか!

そしてまたジープに乗り込み場所移動。
次は洞窟。
DSC01552_20190311061424d13.jpg
洞窟の入り口

DSC01556.jpg
中から撮影

DSC01580_20190311061428137.jpg
洞窟なので暗くて氷なのかよくわからないんだけど、穴が空いているところは明るいので洞窟が氷なのがよくわかる。

DSC01568_20190311061426bb7.jpg
洞窟だったらあまり寒くないかな?と思いましたが、こちらも風がビュービュー入ってきて激寒でした。
そしてこの穴から脱出。

DSC01585.jpg
こんな感じで結構怖いで!
周り全部氷だ!でもアイゼンってすごいね、滑らず歩けた。

そしてまたジープへ乗り帰路へ。
途中別の氷河湖に立ち寄った。
DSC01594_20190311061430552.jpg
こちらも絶景!

そして来た時の車に乗り換え、名残惜しくもこの地を去りました。
洞窟は、正直もっと綺麗なの期待してたんだけどな〜、まあしょうがない。
氷の洞窟は夏に氷河の下を水が流れることで形成され、場所、構造、状態は毎年違うとのこと。

帰りも、また行きで休憩したところへ立ち寄りディナー休憩。
昼ごはん食べてなかったんでね、腹ペコ。

そして、その後滝へ寄りました。
もう真っ暗なのに。。。
DSC01612.jpg
セリャランズフォスの滝 (Seljalandsfoss)
ライトアップされてました。
滝の裏側にはくり抜かれたような窪みがあるそうで、後ろへ回れるそうです。
裏から見ても景色真っ暗だろうし、濡れるそうなので行きませんでした。

そしてここでオーロラが見れるかどうか待機とのことだったのですが、雲があって全く見れる様子もなく、すぐ出発。
帰る道中も見れそうになく、結局諦めてレイキャビックへ戻りました。
到着は夜10時でした。

弾丸ツアーでしたが行ってよかった。
今まで見たことのない絶景づくしで、大満足。

とにかくここはオススメです。
冬にアイスランドに行ったら是非行ってください。
できれば私の行った弾丸ツアーではなく、泊まりで。
そして防寒はしっかりと!
特に氷河の上は氷なので足がかなり冷たくなります。
靴下に貼るカイロあったほうがいいです。

また絶対行きたい。
今度は個人で行って連泊したい。
そして氷河湖でオーロラ見たい。
さぞかし絶景だろう。

アイスランド旅行記終わり


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 22:33 
  • [旅行 (ヨーロッパ)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

アイスランド旅行〜ゴールデンサークルとシークレットラグーン

アイスランド旅行2日目はゴールデンサークルシークレットラグーンがセットになったツアーに参加しました。
Golden Circle and the Secret Lagoon | Small Group Tour
10時ピックアップで所要時間は8時間
1人約1万2000円

ゴールデンサークルはアイスランド定番の観光地で、ひとつの観光スポットではなく、3か所の名所、シンクヴェトリル国立公園グトルフォスの滝ゲイシールの間欠泉を巡るルートの名称。

前回来た時もゴールデンサークル行ったんだけど、アイスランドと言えば火山大国で温泉が有名なんで、ブルーラグーン以外ないかな?と探していたらゴールデンサークルエリアにシークレットラグーンっていう屋外温泉があるのを見つけ、行くことにした。
前来た時はなかったんだけどね。
温泉だけじゃもったいないから、またゴールデンサークルも回るかってことでこのツアーに参加しました。

最初に着いたのはシンクヴェトリル国立公園 (Þingvellir National Park)
ここはユネスコの世界文化遺産に登録されている。
ここの大きな特徴はユーラシアプレートと北米プレートが交わる地球の割れ目で独特な岩肌が観れるところ。
この大地の割れ目は地下変動により毎年3㎝づつ広がっているそうで、アイスランドの盛んな地熱活動と火山活動もこのせいなのだそうです。
DSC01371.jpg
公園内にあるシンクヴァトラヴァトン湖 (Þingvallavatn)
アイスランド最大の湖。

DSC01375.jpg
地球の割れ目
こちらは北米側

DSC01392_20190309052858acc.jpg
プレートの境目には氷河の溶け水が流れている

DSC01384.jpg
その溶けた水が川や泉となり、やがてシンクヴァトラヴァトン湖に流れ込む。

12年前に来た時は真冬だったので雪が多く景色がもっと綺麗でした。
DSC01388.jpg
その時の写真

DSC01385_20190309052853085.jpg
こちらもその時の写真

DSC01386_201903090528545fb.jpg
こちらもその時の写真

DSC01387.jpg
こちらもその時の写真
この辺りにある泉は水中の視界は100mにもなり、シュノーケリングやダイビングの人気スポットとなっているそうです。

そしてこの公園が世界文化遺産になっている理由は、この自然が理由ではなく、ここで930年アルシングと呼ばれる世界最古の近代議会が開催されたことによるという。
遺跡などはなく、アイシングが開催された場所にはアイスランドの国旗が立っているだけです。


次に向かったのはゲイシールの間欠泉 (Geysir Geothermal Area)
ここには大小いくつかの温泉と間欠泉が存在するが、一番大きい間欠泉のグレート・ゲイシールThe Great Geysir)はほとんど活動していないのだとか。
DSC01413_20190309052904219.jpg
こちらがグレート・ゲイシール

そして、その近くにあるストロックル間欠泉 (Strokkur) は5〜10分おきぐらいに噴出するので、もっとも有名になっている。
DSC01399_20190309052900047.jpg
こんな感じでみんな噴出を待つ。

DSC01400.jpg
こちらが噴出したところ。
これは12年前に撮影した写真。
天気がよかったので、こっちの写真の方が綺麗

噴出の瞬間を動画に撮りました。
噴出の間隔は短いけど、一瞬しか噴き上がりません。
アメリカのオールド・フェイスフル・ガイザーは90分と間隔は長いですが、1回噴き上がるとジュボジュボ数分お湯が噴き上がりっぱなしでした。

DSC01401_20190309052903973.jpg
こちらも12年前の写真。
間欠泉の周りは不思議な氷の彫刻ができておりました。


お次はグトルフォスの滝 (Gullfoss Waterfall)
DSC01430.jpg
着いた時には強風でまともに立ってられない、目も開けられない、酷い天気になってまして激寒でした。
サササッと写真撮影。

DSC01431.jpg
こちらは12年前の写真。
こちらの方が寒そうですが、そんなに寒くなかった。

DSC01433.jpg
上の展望台から。
左にトレイルがあるの分かるかな?
ガイドさん曰く冬は閉鎖だそうで、この日も空いてなかった。

でも12年前真冬だったのに空いてましたよ。
DSC01435_20190309052910fab.jpg
こちらがトレイルを歩いて行った滝の奥の方。
凍ってたのでここで転びました。
だから今は閉鎖にしたのかな?

動画もあるよ


おまけ
アイスランドには馬がいっぱいいます。
DSC01438.jpg
餌やり場に立ち寄ってお馬さんにこんにちは。
毛が長めで寒さに強そう。
冬でも外で暮らしているのだそうです。


そして最後がシークレットラグーンThe Secret Lagoon
DSC01448.jpg
周りには沸騰した温泉がいくつかあって、シークレットラグーンはこのお湯を引き込んだ人口のプール。

DSC01449.jpg
これがシークレットラグーン。
1891年に作られたアイスランドで一番古いプールだそうですが、近年になってから使われなくなり廃プールに。
でも2014年に再開したそうです。

温度は38度から40度。
場所によってめちゃくちゃ熱い。
DSCN0540.jpg
お湯はこんな色。
下は砂利でした。
気持ちよかったけど、ブルーラグーンの方がいいな〜
あと時間も短かったのでちょっと残念。
30分ぐらいしか入ってられなかった。
でも十分体温まりました。
外めちゃくちゃ寒かったからね、よかったよかった。

そしてレイキャビックへ帰りました。
夜は街中でオーロラ見ようと思ったけど、曇ってたので諦めてホテルのスパに入りました。

続く。。。


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 19:24 
  • [旅行 (世界遺産)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

アイスランド旅行〜レイキャビックとオーロラ

DSC01328_20190308055136a41.jpg

先週末3泊4日でアイスランドに行ってきました。
アイスランドに行くのは12年ぶりで2回目。

去年ノルウェーにオーロラ見に行ったんですが、満月だったこともあり空が明るくオーロラがくっきり見えなかったんで、今回は新月に見てみたくって、祝日でもないのに有給使って旅行行くことにしました。

アイスランドは国全体がオーロラベルトにすっぽり収まっていて、オーロラが出ればどこからでも見える好立地。
しかもイギリス同様メキシコ湾暖流の影響で高緯度の割に暖かい。
ただ、そのおかげで天候が不安定で冬は雪も多い。
なのでオーロラを観れる確率は高くはない。
前回行ったのは1月初めでやはり雪が多かった。
でもラッキーなことに1日快晴の日があってオーロラツアーに参加しました。
で、一応オーロラ出たんだけど、想像したのとは全然違って、薄雲が出ているようにしか見えなかった。
オーロラの活動レベルは太陽活動に関係しますんで、肉眼で見えないものからオーロラ爆発までさまざま。
自然現象ですから薄くても見れればラッキーです。

アイスランドの首都レイキャビックまではロンドンから直行で約3時間。
そしてイギリスと時差がないのでとても楽。

空港からレイキャビックの中心地へは車で約45分。
鉄道はないので、予約しておいたシャトルバスで街へ向かった。

予約していた宿は町の中心にあるホテル・ボルグ (Hotel Borg)
併設のスパ利用込みのビジネスシングルで1泊207ユーロ。朝食は別。
このホテルにした理由は、立地条件とバスタブがあるという点。

なんとアイスランドは蛇口のお湯の方から温泉が出ます。
前回行った時、最初は知らなくて、なんて水道水臭いんだ!下水の臭いがするじゃないかっ!っと驚いたんです。
あとから、それは蛇口から温泉がでてくるから、硫黄の匂いだよっと教えてもらってさらに驚きました。
そして冷たい水の方は天然水が出てくるという、なんとも贅沢な水道事情。
せっかく温泉出るんだったら湯船に浸かりたいよね!
でもどういうわけかアイスランドのホテルはほとんどバスタブがない。
中心地でバスタブがあるホテルはわずかなようです。

でも、このホテルでも全室バスタブがあるわけじゃないようなので、前もってバスタブの部屋にしてくれってメールしてたんです。
ところが実際行ってみると私の部屋はシャワーだけ。
文句言ってメール履歴も調べてもらいました。
でも満室で他に変われる部屋もないということでした。
その代わりに夜8時に営業終了するスパを時間外でも利用していいということで交渉成立しました。

DSC01259.jpg
部屋内部
シングルルームだけど、ベッドはダブルでした。
スリッパ、バスローブも付いてました。

DSC01261.jpg
バスルーム
洗面台が小さすぎ
シャンプー、コンディショナーは備え付けなのがついてます。
歯ブラシセットは何故か冷蔵庫に入っていた。
ここのお湯は硫黄の匂いがしなかった。
温泉じゃないのかな?

IMG_0526.jpg
こちらがスパ
3泊中利用したのは1回。
完全貸切でした。
奥にあるのが湯船です。

IMG_0527.jpg
スチームルーム
隣にサウナもありました。
小さなスパだけど1人だったんでね、満足です。

観光ですが、レイキャビックはとても小さく正直見るものはほとんどありません。
到着したのが夕方だったので、ちょっとだけ散策。
DSC01269_20190308055130379.jpg
こちらが唯一のランドマークのハットルグリムス教会 (Hallgrímskirkja)
塔に登ることができます。
前回登ったので、その時の写真載せておきます。
P1000398.jpg

P1000395.jpg
この時は真冬だったんで日照時間が4時間しかなく、こんな夕方な感じの空が長く続いてました。

DSC01472_201903080551474cd.jpg
ハルパ (Harpa)
コンサート会場とコンベンション・センターで、お店やレストランも入っているそうです。
前回来た時にはなかった。
レイキャビックは世界で唯一オーロラが観れる首都なのですが、街灯りがあると見えにくいので、北側の海沿いがオススメなのだそうです。
そしてこのハルパは北側の海沿いにあります。
建物は夜12時まで開いているので、オーロラを待つ間トイレ行ったり暖を取れるとのこと。
でも私が行った時は曇ってたので諦めました。

DSC01359_20190308055140fdb.jpg
こちらは街にある湖、チョルトニン湖 (Reykjavíkurtjörn)
ここもレイキャビックでオーロラ見るにはオススメのポイント。
一部凍ってました。
でも前回来た時は完全に凍ってて歩くことができました。
その時の写真がこれ
P1000534.jpg
私です。

食事は滞在中2回夕食を食べにレストランにいきました。
1日目はSjávargrilliðというアイスランド料理店。
DSC01288.jpg
ミンククジラのグリル 2.790クローナ (約2500円)
アイスランドは捕鯨国なので、クジラやイルカが食べれます。
前回来た時ミンククジラのお刺身食べておいしかったんで頼んだんですが、これはイマイチ。
なんか生臭かった。

DSC01290_20190308055133a5d.jpg
本日のお魚 4.490クローナ (約4100円)
何の魚か忘れた。白身でフワフワしていてオヒョウみたいな感じで美味しかった。

翌日はFish Companyというその名の通りシーフードレストラン。
DSC01459_20190308055141905.jpg
店内

DSC01461_2019030805514271a.jpg
なんか忘れたけどアミューズブーシュが出てきた。

DSC01463.jpg
タラとケール 3.200クローネ (約2900円)
北欧と言ったらタラよね。 

DSC01465.jpg
またまた本日のお魚 5.500クローネ (約5000円)
こちらは3種類の魚が載ってます。
全部何かわからなかったけど、真ん中はフライ。
とにかくめちゃくちゃ美味しかった。
ちょいと高いですがおすすめです。


到着した日の夜はオーロラツアーに参加しました。
もちろん街中でも観れますが、街明かりのないところに行く方がきれいに観れます。
ツアーはいっぱいあるのですが、カメラマンと行くスーパージープのツアーにしました。
Northern Lights Hunt | Superjeep Tour With A Photographer
所要時間4時間 1人約15,000円
最寄りのバス停に21時にピックアップしてもらい、でっかいジープでいざ出発!
この日は天候がよくラッキー!
道中1回ガソリンスタンドでトイレ休憩し、だいたい45分ぐらい走って車が停まった。
どこかの駐車場のよう。降りたら出ている、オーロラが!
DSC01308.jpg

一番上の写真もそうです。
でもこれはオーロラ撮影用に買った高いレンズと、適切な設定でここまで綺麗に撮れてますが、肉眼ではぼんやりとした光で、こんな風には見えていません。
スマホで撮っても何も映りません。
でも結構長い間出ていたのでよかった。
気温は-1度ぐらいで、大して寒くなかった。
3、40分ぐらい滞在し、場所移動することに。

でも次行ったところではオーロラの活動が弱まってしまって肉眼ではほとんど見えず。
星が綺麗だったので代わりに星でも撮っておきました。
DSC01345.jpg
右の光は夕日ではなく街の灯りです。
シャッタースピード10秒にしたのでかなり明るく写っているだけ。
右上がぼんやり緑なのはうすーいオーロラ。

そしてまた場所を移動。
そこでもかなりオーロラ薄い。。。
で、ガイドさんが写真撮ってくれました。
53349959_2056099511134270_5241494400600637440_o.jpg
写真だとちゃんとオーロラ映るんだよな。。。

そして1時前ごろに帰りました。
まぁオーロラ見れたからよかったけど、もっとくっきりハッキリしたカーテンがひらひらしたようなの見たいな〜
あと少し不満なのが、せっかくスーパージープで行ってるのに、普通の道を走って道沿いにある駐車場に降りただけ。
これだったら普通の車で行くのと変わらないやないか?
川沿いやら湖沿いやら景色の綺麗なところに連れてってくれると期待してたのにな。。。

で、オーロラが観れたのはこの日だけ。
あとは雲が多くて無理でした。

続く。。。

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 18:37 
  • [旅行 (ヨーロッパ)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

Brian Cox Live (ブライアン・コックス・ライブ) @ ウェンブリー・アリーナ

DSC01591.jpg
2月24日The SSE Arena, Wembley (ウェンブリー・アリーナ) で行われたBrian Cox Live (ブライアン・コックス・ライブ 見てきました。
私のブログでおなじみのブライアン・コックス教授の講演です。
2016年の年末も見に行きまして、その時はステージ上で「Most tickets sold for a science tour」としてギネス世界記録の授賞式までありました。
その時の記事はこちら
その後ツアーは続き、自らギネスの記録を更新しました。
今回のツアーはサブタイトルがUniversal: Adventures in Space and Time
まだまだツアーは続き、北米、香港、シンガポール、オーストラリア、ニュージランドと世界をまわります。
またギネスの記録を更新するでしょうね。

私が行ったウェンブリー・アリーナは1万人収容で、ソールドアウトだったそうです。
すごいですね!
IMG_0328.jpg
これが会場内です。
ライブするところですぜ、それが物理学教授のレクチャーですよ!
で、私はコアなファンですからね2列目のど真ん中というちょ〜〜〜いい席を取っておりました。

レクチャー開始は20時。
待ってましたの教授登場!
ステージは巨大なスクリーンで、左右にも大きなスクリーン。
美しい宇宙をバックにした教授は輝いて見えました。
DSC01592.jpg
太陽をバックに

DSC01594.jpg
銀河をバックに

レクチャーは1部、2部とありまして、1部では時空、ブラックホール、宇宙論に関して。
ビデオもちょこっと撮りました。
こちらは時空のレクチャーで、教授のライフイベントを紹介している一幕。
右下には赤ちゃんの時の写真、その上はいくつか忘れたけど、クリスマスの時の写真でうしろにお爺ちゃんが写ってる。
左下は80年代の時の写真で、その上は最近の写真。

で、こちらはブラックホールに近づくデモンストレーション。
赤くなって声が歪んでくるんだそうです。


今回もおなじみのコメディアンRobin Ince (ロビン・インス) がゲスト。
DSC01596.jpg

インターバルの後はQ&A
ロビン・インスがTwitterで募集していたQ&Aを読みあげ教授が答えていく。
その一部を少々撮りました。


DSC01598.jpg
火星探査機キュリオシティをバックに

DSC01599.jpg
そして最後は地球よ。
ブルーベルの森をバックに

時空のレクチャーはこの間聞いたばっかりだったけど、やはり教授の宇宙のレクチャーは興味深くて楽しいな〜


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 22:00 
  • [ブライアン・コックス教授
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

友達宅で送別会

先日、友達宅で3人の送別会がありました。

2人はご夫婦で、旦那様が行きつけの日本食屋のシェフ。
長くイギリスにいらっしゃったのですが、定年を機に日本に帰国することにしたそうです。

もう1人は同じレストランでバイトしていた子。
彼女はワーホリで滞在していて、期間終了になるので帰国。

なので合同で送別会。
集まったみんなも、そこのレストランの常連さんばっかり。

DSC00902.jpg
まずはここのお宅のアイドルあずきちゃん。
もうすぐ1歳
食べちゃいたいくらいかわいい~

DSC00915.jpg
帰国されるご夫婦の愛犬カイ君
彼も飛行機に乗って日本に行くのです。
同じ飛行機には乗れるのだそうですが、彼は1日前に検疫かどこかに滞在しないといけないそうです。
始めての飛行機だそうなので、不安で怖いだろうけど、頑張ってほしいね。

お料理~
DSC00906.jpg

DSC00905.jpg

DSC00907.jpg

DSC00909.jpg

DSC00928_20190215070940e58.jpg
大量のタン

DSC00920.jpg

DSC00935.jpg
みんな~

DSC00952.jpg
エプロン付けたあずきちゃん
かわいい~

帰国されるみなさん、お気をつけて~
Kさんいつも美味しいお料理ありがと~


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 10:11 
  • [オフ会・パーティー
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR