ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

亡き 舞フードの女将さんへの追悼

私が時々行く日本食レストランの舞フードさんの女将さんが10月某日、ガンのためこの世を去りました。
亡くなった方の事をブログに書くことは気が引けるので、今まで身近で人が亡くなっても書くことはありませんでしたが、今回は家族の了承を得たので書くことにしました。

舞フードはアールズコート駅のすぐ近くにあって、こじんまりとして古いお店なんですが、アットホームで、まるで日本にいると錯覚するような落ち着くお店。
仲の良い友達 (もう日本に帰国した) が常連だったこともあり、私も時々行くようになりました。

ご夫婦が経営されていて、とてもフレンドりーで、お客さんも常連さんばっかり。
なのでお店の人と常連さんとも仲良くなりました。

私の会社から近いこともあり、行くときはいつも友達より早く到着するので、友達が来るまで女将さんといつもおしゃべりしてました。
「ちーちゃん(私のあだ名)体調どう?お父さんは大丈夫?」といつも心配してくれていた女将さんが入院したと聞いたのは、今年に入ってからだったかな?
ちょー常連さんでも、どこで入院しているのか、なんの病気なのかは知らせれていませんでした。
以前入院していたこともあったので重病とは思わず、いきなりの訃報。。。
お葬式には行けなかったんだけど、先週末女将さんをしのぶ会があったので行ってきました。
その時若い女性が「ちーちゃんですか?会いたかったんです~」と。。。
実は彼女は娘さんで、会うのは初めてでした。
彼女曰く、病室で女将さんが「あらっ、ちーちゃんがいる」って言ってたんですって。
「誰もいないよ」って言っても、しきりに「ほら、そこにちーちゃんいるじゃない」って言ってたそうです。
もちろん私は行ってないし、どこの病院かも知らなかった。
重病だとも知らなかった。
でも私、無意識に生霊になって会いに行ってたのかしら?
それとも女将さんの妄想?幻覚?
そもそも娘さんは私の事知らなくて、誰もいないし、ちーちゃんって誰だよ!って思ってたそうです。
とても不思議な話で驚きました。

そしてこの日の夜、夢に女将さんが出てきた。
何故だかたこ焼き屋さんになってた。
そして特別なソースを出してくれた。
ただの夢?
それとも今度は女将さんが会いに来てくれたの?
何か不思議な縁を感じてならない。。。

IMG_3145.jpg
女将さんのメモリアル写真。
有名人、特にスポーツ選手がよく来店するので、その人たちの写真も含まれてます。
下から2段目、左から3つ目の写真はテニスの錦織圭選手。
その上が、ラグビー日本代表監督エディー・ジョーンズかな?
一番右の上から3番目はイギリス留学中のウエンツ瑛士
サッカー選手の岡崎慎司選手もよく来ていたので写ってるんじゃないかな?
私顔がわからない。

IMG_2677.jpg
4年前イギリスで行われたラグビーワールドカップで、舞フードは日本代表選手達のお食事担当だったんです。
で、これはその時のユニフォームで選手のサイン入り!
お宝ですな。
そうそう、舞フードはよく日本代表スポーツ選手の食事を担当することが多く、ゴルフの全英オープンの時も同行されていました。
なのでスポーツ選手がよく来るんです。
私は誰にも会ったことないけど。。。

女将さんと一緒に写った写真がほとんどなくて、探してみたら2枚見つかりました。
DSC02394.jpg
常連さん宅で新年会した時の写真。
一番右にいる赤い服の方が女将さん。

IMG_3208.jpg
そして舞フードで撮った写真。
左が女将さん。

女将さん、安らかにお眠りください。
これからも舞フード応援していきますね〜

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 13:06 
  • [未分類
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

クラシックギタリストHide Takemot 武本英之 在英20周年パーティー

先週末、友達のクラシックギタリストHide Takemoto (武本英之) さんの在英20周年記念パーティーがありまして、参加してきました。
ヒデさんに関しては以前記事に書いてあるので、詳しくはこちらで!

場所は東ロンドンにあるThe Castleと言うパブの2階を貸し切ってのパーティー。
小さいステージもあるんだけど、なんとここ貸し出し無料だそうです。
パーティーの内容は、ヒデさんがギターを弾いて、他の友達と一緒に音楽演奏したり、歌ったりっていうミニコンサートみたいな感じでした。
クラシックあり、ロックあり、フォークあり、オペラありの盛沢山!
私はもっぱら最前で写真撮ったり、ビデオ撮ったり、ビール飲んだり~

ビデオはちょこちょこいっぱい撮ったのでインスタにアップしました。



DSC03862.jpg
なんとチェロ奏者とも演奏。
チェロ大好き。
上のビデオにも映ってます。

DSC03857_201912040731189bc.jpg
このお二人は親子

DSC03876.jpg

DSC03878.jpg

DSC03889.jpg
緑と平和を愛するラッパーMC Issun-Boshi (MC一寸法師)さん

DSC03853_20191204073116a67.jpg
ヒデさんの奥さんが焼いたキャロットケーキ

DSC03854.jpg
ヒデさんの奥さんが焼いた抹茶クッキー

パーティ―の後はヒデさん、一寸法師さん達含む数人でブリックレーンにあるカレー屋に行きました。
料理の写真全然撮ってない。。。
DSC03891.jpg
みんなと

DSC03893_s.jpg
みんなと2

楽しいパーティーやったよ~
私もあと2年で20年になるので、パーティーしようかな~?

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 22:03 
  • [オフ会・パーティー
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

[ライブ] フィーダー @ Roundhouse / アフターパーティー

DSC03528.jpg
11月22日(金) Roundhouse (ラウンドハウス) でFeeder (フィーダー) のライブ見に行ってきました。
このライブは8月にリリースされたアルバム「Tallulah (タルーラ)」のツアーで、このロンドン公演がイギリスの最終日でした。
ただ翌日23日(土) に追加公演があったので、実際は最終日の前日にでした。

このアルバムはUKアルバムチャートで4位まで上昇し大ヒット。
プロモーションも頑張っておられて、テレビの露出も多かったです。
中でも驚いたのはBBCの人気番組「Bargain Hunt」の出演。
2組の出場者がショップやフリーマーケットからアンティークを購入し、それをオークションで販売してその利益金額を競うという番組。
グラントとタカさんが、ロックバンドThe Darkness (ザ・ダークネス) のメンバーと対戦するという内容でした。
見たい方は下からどうぞ。


と、まぁ前置きはここまでにして、ライブに関してですが、まず前座がASIAN KUNG-FU GENERATION (アジカン) だったんです。
わざわざ日本からフィーダーのロンドン公演の前座でやってきたそうです。
せっかくですから見てみようと思い早めに行ったつもりでしたが、到着したらすでに始まっていて、全部見れなかった。
アジカンに関してはこの記事の最下部の追記で少し書きます。

早めにステージ近くに行ったおかげで、タカさんの目の前の2列目を確保することができました。
フィーダーが登場したのは8:50頃。
ステージバックにはスクリーンになっていて、曲ごとに映像やアートワークなどが映し出されました。

DSC03518.jpg
タカさん

DSC03522.jpg
グラント

ビデオはニューアルバムから好きな2曲を撮りました。
まずは1曲目「Youth」。出だしをちょっと失敗。


そして2曲目は「Lost & Found」。
うぉ、もうやっちゃいますか!
大盛り上がり~
その後も新旧交えながら、代表曲もいっぱい演奏してくれました。

次に撮影したのが新譜の先行シングルの「Fear of Flying
これ大好き♥
最初にグラントが掛け声の部分をみんなで歌うように手ほどきして始まった。


Tallulah」の時だったかな、ピンクの紙吹雪がドカーン!
すごく綺麗だった。

Yesterday Went Too Soon」を歌う前は、この曲はファンからのリクエストが多いとの事で演奏するよ~との説明があった。
そういえば、私の友達もこの曲が一番好きだと言っていたな~
人気なんだね。

そして驚いたことに、いきなりニルヴァーナの曲を演奏しだした!
えっ、まさかカバー曲やるの?と思ったら、前奏だけでやめちゃった。
それからいろいろな曲の一部だけをいくつか演奏しだしたじゃないか?
こんなの初めてだ!
AC/DCやらレイジやらヴァン・ヘイレンやら。
途中からビデオ撮りました。

そして最後は「Buck Rogers
もみくちゃになったわ~

そしてアンコールは2曲。
もう1曲ビデオ撮りたかったんだけど、皆さん大盛り上がりでぎゅうぎゅうだったので諦めました。
最後はもちろん「Just a Day
先ほどよりも大量の紙吹雪がどか~ん!
この部分だけビデオ撮った。

最後はメンバー達の子供たちも登場してご挨拶。
DSC03550.jpg
最近この終わり方定番になってきたね。
子供たちの成長も見れて楽しいわっ。

そして最後はグラントが観客の写真を数枚撮ってステージを後にしました。
その写真はインスタにアップされました。
私もばっちり写ってるよ〜

いつものごとく大盛り上がりで安定の楽しさ。
フィーダーを見に行って楽しくない事は1度もない。
観客の野太い声の「フィーダァ~、フィーダァ~」の掛け声も健在!
みんなもすっごく楽しそうで、人が頭上を転がってましたよ。
元気いっぱいもらえて気分爽快、ストレスも吹っ飛びました~

そしていつものようにアフターパーティーに招待してもらいました。
場所はラウンドハウスの2階にあるバー。
ほどなくするとタカさんが現れた。
DSC03566_s.jpg
挨拶して写真撮影。

アジカンのメンバーもいるかな?と思いましたがもう帰ったとの事。
そしていつまだたってもグラントが現れないので、タカさんに聞いたら、彼もとっくに帰ったよ!っと。
あらっ、かならずアフターパーティーには顔出すのに残念。
「明日もあるからね~」ですって。
翌日のは追加公演だし、チケット買わなかったしな。。。
まっ、しょうがない。
また次の機会に~~~




    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 22:25 
  • [音楽 (フィーダー)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

アシュリッジの森で紅葉狩り&スパホテル「Champneys」でお泊まり

DSC03782_201911220421141f0.jpg

先週末、紅葉狩りにAshridge Estate (アシュリッジ・エステイト) へ行ってきました。
アッシュリッジブルーベルの森として有名ですが、樹齢五百年以上のブナや広大な牧草地、たくさんの草花、野生の鹿やリス、野鳥など、多くの動物が生息している古い森としても有名なので、いつ行っても楽しめるところ。
ロンドンからも近く、車で1時間強で到着しました。
ブルーベルを見に行った時の記事はこちら

散策の後は、その近くにあるスパホテル「Champneys Tring」で1泊してきました。
このChampneysはヘルススパで、スパリゾートが4店舗、シティスパが6店舗あるチェーン店。
私のお気に入りのスパホテルで、いつもはロンドンから車で2時間ほど南西に行ったForest Mereに行っているんですが、今回のTring店は初めて。
こっちの方がロンドンから近いのでいつか行ってみたかった。

朝9時半過ぎに出発し、アッシュリッジの森に到着したのは11時頃。
まずはビジターセンターへ行って、ハイキングマップをもらった。
いくつかハイキングコースがありますが、3マイル(4.8km)のRangers' Rambleを歩くことにしました。
DSC03766.jpg
こんな感じの道を歩きます。
11月半ばのイギリスでは、もうほとんど落葉しております。

そしてキノコがいっぱいでした。
DSC03752_20191122042105452.jpg

DSC03754.jpg

DSC03760_201911220421084e8.jpg

DSC03762.jpg

DSC03780_20191122042112e9d.jpg

DSC03789_20191122042117d2e.jpg

DSC03791.jpg

DSC03793_20191122042120081.jpg

DSC03794.jpg

DSC03795_20191122042123487.jpg
椎茸みたい。
こんなにもたくさんキノコがあるのに、知識なしで食べるのは恐ろしいので写真だけ。

DSC03785_20191122042115101.jpg
開けたところも1部歩きました。

晩秋のこの時期、イギリスの田舎に行くと猟銃の音が聞こえるんです。
この時もそうでした。
キジとか狩ってるのかな?
翌日ですが、ホテルの近くでキジが走ってるの見ました。食べたい。。。
銃の音を撮りました。

後半は特に道がぬかるんでて歩きにくかった。
靴はドロドロ。
約2時間でビジターセンターへ戻ってきました。
その後はホテル方面へ。
道中のパブでランチしてから、ちょうどチェックインタイムの2時頃にホテル到着。
DSC03824_2019112204220733d.jpg
ホテル入り口

DSC03808.jpg
ロビー

急遽5日前ぐらいに行くことに決めたので、スタンダードルームはいっぱいで、一番安い部屋はスーペリアルームしかなかった。
1泊1人349ポンドでしたが、朝、昼、夕食付き。
DSC03797_20191122042124b74.jpg
部屋

DSC03798.jpg
部屋

DSC03800_20191122042127c77.jpg
バスルーム

DSC03801.jpg
窓からの景色

チェックインしてから早速スパへ。
行ってみて驚いたが、プールとスチームルームやジャグジーエリアが全然別のところにあった。
これはいけてない。
どこでいればいいんや〜って感じ。
とりあえずどちらも覗いてから、スパエリアに腰を下ろすことにした。
DSC03816.jpg
スチームルーム、サウナの前にこのような椅子が並んでる。
この椅子じゃ寝転べないじゃないか!
Forest Mere店とは大違い。
あそこはプールサイドにウォーターベッドがあったで!
この写真は翌日の朝早く撮ったので誰もいないが、昼はいっぱいいました。

DSC03817_20191122042156f34.jpg
ハイドロプール
こちらも朝早く撮ったので誰もいません。

DSC03818.jpg
このジャグジーは暖かくて気持ち良かった。

IMG_3123.jpg
外にもジャグジーありましたが、水温が低くて長く入ってられなかった。

DSC03819.jpg
スパの前

champneys-tring.jpg
こちらが別のところにあるプール。(写真撮り損なったのでネットから拝借)
25メートルありますが、周りの椅子も少なく、ここでのんびるする感じではなかった。

夕方部屋へ戻ってシャワー。
それからホテルの中を少し散策。
DSC03807_2019112204213300f.jpg

DSC03804_20191122042130050.jpg
応接間
夜ここでピアノの演奏がありました。

DSC03805.jpg
クリスタルルーム
この部屋ではヨガなどやってるみたいです。

そして8時にディナー
レストランは1つで、朝、昼、夕食すべて同じところ
DSC03823.jpg
レストラン

夕食は3コース
ウェルカムドリンクでシャンパン1杯付いてきました。

DSC03810.jpg
アミューズブーシュ
シナモン入りラズベリージャムだったかな?

DSC03812_20191122042150e27.jpg
スターター
ホタテ
こちらは追加料金3.50ポンドかかりました
でも美味しかった

DSC03813.jpg
メインのシーバス
焼きが足りなくって、ちょっと残念な感じ。
付け合わせの野菜もスパイスが効いてるが何か物足りなかった。

DSC03814_20191122042153fa7.jpg
デザートのフォンダンショコラ
私デザートあまり好きではないのですが、これは大好き。

食後に先ほどの応接間でピアノの演奏を聴いてから、部屋に戻って寝ました。

翌朝早速朝食へ。
朝食はビュッフェ
DSC03820.jpg

DSC03821.jpg

DSC03822.jpg

レセプションでハイキングマップないか聞くと、フィットネスレセプションにあるとのこと。
もらいに行くと、どれぐらいのコースがいい?って聞かれたので、1時間から1時間半ぐらいと答えると、プリントアウトした紙をくれた。
地図ではなく、道順が書いてあるだけだった。
まぁその通りに歩くことにした。
DSC03827_20191122042208184.jpg
これはまだホテル敷地内。

紙に書いてあったコースはずーっと車道だった。
田舎道だから車はほとんど通らなかったけど、車道なんか歩きたくなかったな〜
この点もForest Mere店の方がいいな〜
あそこは湖もあるし、ハイキングコースは森の中だし。
ちゅうことで写真スポットはほとんどなかった。
DSC03840.jpg
馬達

DSC03829_2019112204221057a.jpg

1時間ほどでホテル戻ってきて11時にチェックアウト。
そのあとも4時まではスパで滞在できるので、荷物預けてジムへ。
12時半にマッサージの予約してたので、マッサージして、そのあとランチへ。
ランチもビュッフェ
IMG_3118.jpg
サラダとスープ

IMG_3121.jpg
メイン
日曜日だったので、ローストビーフ、ローストチキン、ローストポークがありました。
どれも火が通りすぎで硬かった。
でも食べ過ぎた。。。

その後もちょこっとスパでのんびりして3時半頃帰りました。
ホテルは断然Forest Mere店の方がいいです。
でも十分楽しめましたよ〜



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 10:30 
  • [旅行 (イギリス国内)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ビョーク (Bjork) @ The O2 アリーナ

bjork_o2_1.jpg
11月19日The O2 Arena (O2 アリーナ) で行われたBjork (ビョーク) のコンサート見てきました。
このコンサートは今年5月アメリカから始まったライブツアー「Cornucopia」のロンドン公演。
Cornucopia」は2年前にリリースされたアルバム「Utopia (ユートピア)」の音楽をベースにしたショーで、去年ビクトリアパークで見たものとはベースのアルバムは同じですが、違う内容になります。

開場は6時半で開演は8:15で、結構ギリギリにアリーナ内に入場。
端っこだけど前の方で待機。
いつものことですが、ビョークのコンサートでは写真撮影、ビデオ撮影は禁止。
注意書きも書いてありましたが、アナウンスもありました。
残念ですが、ビョークの意向なので素直に従うことに。
この記事に載せている写真はすべてビョークのフェイスブックにアップされたものを拝借いたしました。

ステージはフリンジカーテンのような幕で覆われていた。
まだまだたくさんの観客が入り切っていない状況でしたが、ほぼ時間通りにスタート。
まずは男女2人がステージの前にやってきてラッパを演奏。
その後20人ほどの民族衣装の様な服を着た男女が幕の前に1列に並んでコーラスが始まった。
bjork_o2_3.jpg
7,8曲は歌っていたので前座的な扱いかな?
2曲ほどビョークの曲も歌ってました。
確か「Sonnets/Unrealities XI」と「Cosmogony
その他はアイスランドの音楽なのかな?
とにかく美しい歌声で、そして皆さんすごくかわいかった。

コーラス隊がステージを後にした後、幕の後ろでビョークのパフォーマンスがスタート。
幕の向こうはライトが光っているので透けて中が見えるようになっている。
その幕にはプロジェクターで映像が映し出されいて綺麗。
そして、徐々にその幕が真ん中から開いてきた。
歌姫ビョークのご登場!
bjork_o2_8.jpg
サーモンピンクの蘭の様な衣装にヘッドピース。
靴は金色の15㎝ぐらいの厚底パンプス。
お花の妖精のようです。
かわいい。

bjork_o2_9.jpg
フルート奏者達や他のメンバーもお花の妖精のような衣装。

bjork_o2_11.jpg
ステージもでっかいキノコのステージがいくつかある感じで本当にメルヘンな世界。
真ん中部分は観客側に飛び出た感じで、ここで歌う時は、すごく近くてよく見えた。
曲ごとに出てくるメンバーがかわったり、ビョークもキノコの上で歌ったり、そのステージ前方の飛び出た方で歌ったりと、いろいろ変わっていた。

Show Me Forgiveness」ではビョークはステージ右側にある白いドーム状の背の高いカマクラみたいな建物に入っていって、そこで伴奏なしでビョークが熱唱。
ドームの中にはカメラがあるようで、ビョークの映像が幕に写しだされていた。

次はフルート奏者1人がステージの前で演奏。
ビョークは後ろで歌う。
何の曲かな?っと思ったら、デビューアルバムの収録曲「Venus as a Boy」だった。
アレンジが効きすぎていて全く別物の曲になっていた。
これは貴重な物を聞いたぞ!

そして「Isobel」も歌ってくれました。
こちらはそこまでアレンジきつくなかったので、ほぼ原曲のまま。

その他にも過去作品からは「Hidden Place」と「Pagan Poetry」を演奏。
Pagan Poetry」は半分ぐらい歌って、その後ユートピア収録の「Losss」に移行していきました。
bjork_o2_10.jpg
先ほど前座で歌っていたコーラス隊が白の衣装に着替えて登場。
彼らのコーラスをバックに歌いました。

どの曲か忘れましたが、ステージ右にある不思議な楽器を演奏しながら、その横でビョークが歌ってました。
bjork_o2_4.jpg
これがその時の写真

bjork_o2_2.jpg
その楽器はウォータードラムというそうで、水の上に半円のひょうたんか何かが浮かんでいて、それを叩いてました。
左側に写っているいるのがそのドラム。
時々、そのひょうたんで水をすくって上から水を落とすんですが、マイクが近くにあって水がジャバジャバと落ちる心地よい音が聞こえるんです。
なんとも不思議な楽器で面白かった。

もう1つ面白い楽器が登場しました。
ビョークがステージ前方に来て、その周りを4人のフルート奏者が座って囲む。
そしたら上から大きな輪っかが下りてきた。
bjork_o2_5.jpg
何とその輪っか、フルートだったんです。
下の方まで降りてきた輪っかを4人のフルート奏者が吹くという、なんとも驚きの楽器。
これはカスタムメイドなんではないかな?

bjork_o2_6.jpg
途中から輪っかが少し上に上がって、フルート奏者は立って吹きました。

Features Creatures」ではホースの様な楽器で回して音を出してました。
これは去年見たので知ってましたが、本当にこんな音がでるのだろうか?と驚きます。

アンコールの時はまずカーテンの幕にスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリの映像とメッセージが流れました。
ビデオちょこっと撮りました。
国連気候行動サミットで涙を浮かべながら、地球温暖化に本気で取り組んでいない大人たちを叱責したスピーチで一躍注目を浴びた彼女。
どうやらこの映像は、このビョークのコンサートのためにわざわざ撮影したものと思われます。

そしてカーテンが開きお色直ししたビョークが登場。
bjork_o2_7.jpg
たくさんの羽か花びらのようなものがドレス全体についていた。

アンコールは2曲。
最後の曲を歌う前にビョークは今宵のお礼を言って、次はちょっと踊りましょう〜っと言って「Notget」を演奏しました。
まぁ踊る曲ではありませんが、みんなちょこっと踊りながら今宵の妖精達の宴に酔いしれ盛り上がりました。

映像、舞台、衣装すべてがとても美しく見ごたえのある素晴らしいコンサートでした。
ビョークの歌声は衰えることが一切なく、いつ聴いても心打たれ感動します。
本当に妖精としか思えない。
人間ちゃうよね〜

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 20:40 
  • [音楽 (ビョーク)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR