ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

ロンドン・シーフード・フェスティバルに行ってきた

先週末なんですが、Battersea Power Station (バタシー・パワーステーション)で行われたLondon Seafood Festival (ロンドン・シーフード・フェスティバル) に行ってきました。

6月12~16日までの5日間行われたようで、私は土曜日の15日に行ってきました。
このフェスティバルのことは始めて知ったんですが、去年もやってたようです。
無料だし、川沿いにレストランの屋台が出たり、ライブクッキングがあるので、暇で近くに住んでいたらお勧め!

まずこのフェスが開催されたバタシー・パワーステーションですが、元火力発電所でピンク・フロイドのアルバムジャケットで使われていることで有名で、ロンドンのランドマーク。
Animals.jpg
これがそのアルバムジャケット

長年、この辺りの開発の話が出てたんですが、鎮座したりしていったいどうなってるんだか?と思っていたら、今はちゃんと進んでるようでマンションやレストランなんかがいっぱいできていました。
DSC02257.jpg
大々的に改装されている元発電所
中はショッピングモールになるみたいです。

DSC02243.jpg
線路の高架下にはおしゃれなレストランや映画館が出来てました。
まるでイーストロンドンみたい。
こちらはイタリアンレストランの「Mother

DSC02244.jpg
ラーメン店の「Tonkotsu

川沿いにこの辺りのレストランの屋台が出ていました。
もちろんシーフード料理を売っていました。
DSC02245_201906170306157ac.jpg
こちら「Mother」のピザ

DSC02247.jpg
インディアンレストラン「Cinnamon Kitchen」の屋台
もちろんシーフードカレー売ってました

DSC02248.jpg
なんのシーフードかな?と思ったらFishersって名前のジンでした。
カクテルとかあったけど飲まなかった。
シーフードに合うのかな?

DSC02250.jpg
Wright Brothers」というバラマーケットに本店があるシーフードレストランのポップアップレストラン。
こちらは要予約だったようです。
みんなカニ食べてました。
羨まし~

DSC02251.jpg
ステーキハウス「Gaucho」の屋台。

DSC02253_201906170306248b2.jpg
シーフードフェスティバルだけどステーキ焼いてます。

DSC02254_20190617030625108.jpg
ステーキとエビ
さすがGaucho
肉は柔らかくてめちゃくちゃ美味しかった。

DSC02256.jpg

そしてクッキングデモンストレーションもやってました。
ちょうど「Wright Brothers」のシェフが魚料理作ってました。


DSC02261.jpg
見えにくいですが、こちらが完成したもの。
なんと先着でこの料理いただくことができました。
DSC02263.jpg
こちら。
少量だけどうまかったよ。

DSC02264.jpg
こちらは「Lords of Poké」の屋台
最近ロンドンではこのポケ丼が流行り

DSC02265.jpg
こちらがポケ丼のメニュー
日本食かと思いきや、ハワイの料理

雨が降ってきたのでワインバーの「Vagabond Wines」に入りました。
DSC02266_20190617030642999.jpg
ここではまず、入口のレジでカードを購入します。
カードは5ポンドで、そのまま持っていてもいいし、帰りに返却もできます。
その場合はちゃんと5ポンドも返金してくれます。
このカードに好きな金額をチャージして、好きなワインを自分で注ぐシステム。

DSC02276.jpg
ここのワインバーは100種類のワインがあります。

DSC02270.jpg
ここでも作ってるのかな?

DSC02267_20190617030644d97.jpg
カードを挿入して、好きなワインを注ぎます。
嬉しいことに3種類のサイズを選べて一番小さいのはテイスティングサイズ

DSC02273.jpg
各ワインの上に説明書もあって持ってこれます。
こちらはボトルだと100ポンド近くする高級ワイン
テイスティングでも4ポンドぐらいしました。
でも美味しかった~

DSC02274_20190617031722d9e.jpg
水汲み場もある

DSC02275.jpg
ビールも少しだけある。
でもこれは注文しなきゃだと思う。

雨やんだので、またぶらぶら。

DSC02255.jpg
Tapas Brindisa」の屋台

DSC02281_20190617031729eaf.jpg
エビのパエリヤ

DSC02246.jpg
Tonkotsu」はエビ餃子売ってました。
オリジナルビールとセットで10ポンド。
DSC02282_201906170317317d8.jpg
こちらがそのオリジナルビール
ペールエールですごく苦かった。

DSC02284.jpg
こちらがエビ餃子。
ちゃんと蒸し焼きにして、エビのぷりぷり感もあってすごく美味しかった。

DSC02278.jpg
せっかくだからやっておいたよ。
1人足りないけど

そしてまた雨。
今度は地ビール屋の「Battersea Brewery」に入った。
DSC02285.jpg
店舗の横がビール工場になってました。
ここ以外のビールも売ってるけど、せっかくだからここの地ビールいただきました。
確かスコッチエールってのを飲んだんだけど、なんかコーヒー風味な不思議なビールでした。

DSC02287.jpg
帰りは夕焼けが綺麗でした。

以上
来年もやってたら是非行こう~

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 16:51 
  • [イベント
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

花粉症の症状が治った「HayfeGuard」の紹介

今回は、私が今年の3月から花粉症対策として食べ始めたHayfeGUARDをご紹介します。

私は日本にいたころスギ花粉症がありまして、イギリスに来た頃は「やっと花粉症から解放された〜」っと喜んでいました。
でも、イギリスにもあるんです花粉症。
英語ではhay fever (ヘイ フィーバー) と呼ばれてます。
hayは干し草、feverは熱です。

最初の5年ぐらいは何も問題なかったんですが、だんだん2月下旬から症状が出だして3月いっぱいまで続くようになりました。
イギリスにはスギはないので、何の花粉が原因なのかはわかりませんが、何かしらの木の花粉のようです。
でも、日本にいた頃に比べると症状はだいぶ軽いので、ホメオパシーの薬をのんだり、ひどい時は抗ヒスタミン薬をのんでしのいでいました。

そして数年前から5、6月にも症状がでるようになってきたんです。
イギリスにいる花粉アレルギーの人は、だいたいこの時期に症状が出ているようです。

問題は日本のように誰もマスクを使用していないので、もしマスクすると相当な重病患者か強烈なウィルス保持者かのようにみなされ怖がられるんです。
だからマスクできない。。。

そして、今年は暖冬だったせいか2月上旬ぐらいから症状が始まり苦しんでいたところ、ある人が「自分が住んでいる地域のハチミツをとるといいよ」と教えてくれました。
まぁ気休め程度だろうけど、少しでも症状が軽くなればと、西ロンドンあたりのハチミツ農家をネットで探し、そこの商品をみていたところ、花粉症に特化したハチミツがあるのを発見しました。
それがHayfeGUARD


商品名からもhay fever (花粉症) guard (保護、抑制) をもじったのがわかる。
値段も25ポンド程度だったので、数値の高いマヌカハニーより安い。
早速買ってみた。
内容はローカルハニー、花粉、フレッシュローヤルゼリー。
推奨の服用量は、最初の14日間は、1日ティースプーンに2杯食後にとり、15日後以降は1日1杯とのこと。
私は、朝食に1日1杯ギリシャヨーグルト (+くるみを砕いたもの) に入れて食べ始めました。
するとびっくり嘘のように花粉症の症状がなくなりました。
3月上旬ぐらいから食べ始めたんですが、たまたまかもしれないと、まだ半信半疑だったのですが、本来症状が出る5月にもほとんど症状がでず、6月になっても全く問題ない。
これはやはり効果があるとしか考えられない。
ヨーグルトも花粉症に効くとの話もあるので、それも相乗効果かもしれない。
もうこのハチミツが手離せなくなりそうです。
そしてさらに、この朝食のおかげか、慢性腸炎だったのもすっかりよくなったんです。
いいことづくしです。

ロンドンで花粉症で苦しんでらっしゃる方がいらしたら是非お試しください。
日本では飛んでる花粉が違うから効果がないと思いますが、お住いの地域のハチミツを試してみるのもいいかもしれません。



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 09:26 
  • [商品紹介
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

スタンリー・キューブリック展に行ってきた

DSC02227.jpg

先日、デザインミュージアムで開催されているStanley Kubrick: The Exhibition (スタンリー・キューブリック展)に行ってきました。

言わずと知れた映画界の巨匠。
イギリスで撮影された映画が多いので、てっきりイギリス人かと思っていましたが、実はアメリカ人でイギリスへ移住し、数々の映画をここで撮影しんだそうです。
まぁどちらにしてもイギリスと関係性が深い監督です。

DSC02225.jpg
こちらの車は入り口にあったので、タダで見れます。
時計じかけのオレンジ」に使われたんだとか。。。

DSC02192.jpg
入るとすぐ、彼の映画のシーンが映し出されていた。

まず最初のエリアは、さまざまな展示がありました。
DSC02193_201906030122052b1.jpg
キューブリックの椅子

DSC02194.jpg

DSC02195.jpg

DSC02196_201906030122109cc.jpg

DSC02197.jpg
編集室の様子
キューブリックは長時間こもって編集していたそうです。

DSC02198_2019060301221370a.jpg
こちらの巨大セットは「2001年宇宙の旅」で使われたもの。

DSC02190.jpg
上の装置はこのシーンで使われたもの。

DSC02199.jpg

それから各映画に関連した展示に変わった。
まずは「時計じかけのオレンジ
DSC02200.jpg

DSC02202_201906030122176ba.jpg

DSC02204_20190603012219ae0.jpg
ポスターの図案


DSC02205_2019060301222179d.jpg
これは「アイズ ワイド シャット」だったかな?

DSC02212_20190603012228a5b.jpg
これは私の知らない映画だったんで、なんだったか覚えてない。
とにかく映画で使われた衣装

DSC02211.jpg
博士の異常な愛情」のシーンの模型

そして「シャイニング
DSC02206.jpg

DSC02207.jpg
延々「All work and no play makes Jack a dull boy」と打ち続ける気持ちの悪いシーンで使われるタイプライター

DSC02209_2019060301222567d.jpg
双子のお化けの衣装

そして最後は「2001年宇宙の旅
この映画は難解で長いので、昔はいつも途中で寝てしまってなかなか最後まで見れなかった。
でも、とんでもなく素晴らしい作品。
アポロの月面着陸より前に撮影、上映され、まだ誰も月から地球を見たことないのに、まるで本物かのような映像を作り上げてたんです。
1968年によくもあんな映像が作れたもんだな〜っと感心してやまないです。
一時映像作家を目指していたんで、この映画に影響されないわけがない。

DSC02213.jpg
最初に出てくる猿人

DSC02214.jpg

DSC02215_201906030123455a8.jpg

DSC02217_20190603012345ba4.jpg

DSC02218.jpg
HALです。
会えて大感激

DSC02219.jpg

DSC02220_2019060301234842e.jpg
またHAL

DSC02221.jpg
またまたHAL
ただの赤いライトなんだけど、なんとも不気味な存在。

DSC02222.jpg

DSC02224_20190603012353d96.jpg

またキューブリック作品見直さなきゃ!

9月15日まで開催されてますので、ご興味のある方はどうぞ。
平日は空きがあるかもしれませんが、予約は必須です。

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 23:26 
  • [イベント
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

イタリア料理「Da Mario」

この間友達にグロースターロード近くにある人気イタリア料理店「Da Mario」に連れてってもらいました。

DSC02228_20190531065404466.jpg
外観
ちょうどチェルシーフラワーショーやってた時期だから、入口はお花で飾られてます。
普段はこんなんじゃないんだって。

DSC02229_201905310654068a5.jpg
店内 (地下フロアー)

注文したのは本日のおすすめメニューを中心に、ハムと、スターター2つ(モッツァレラチーズのサラダとエビのなにか)、そしてメインでパスタを2つ(シーフードパスタとイカ墨パスタ)を頼みました。

そしてまず出てきたのがこの2品。
DSC02231.jpg
スターターのエビ
プリっぷりで美味しかった。

DSC02230.jpg
なんだろうか?
たっぷりのシーフードにバゲットが2つのっている。
もしやもうシーフードパスタが来たのか?っと食べてみるとパスタが入ってない。
あれっ?私達何たのんだっけ?
まぁいいや、もう食べちゃったからそのまま完食。

そしてハムが出てきた。
DSC02234.jpg

そしてメインのパスタが2つ出てきた。
DSC02232.jpg
あっ、これがシーフードパスタだ!
じゃぁさっきのはやはり何なんだ?
まぁとにかく美味しかったけど、さっきの料理にパスタが入ったバージョンだな。

DSC02233.jpg
イカ墨のパスタ。
えっ、パスタ?って見た目ですが、でかいエビであまり見えてないだけです。
ソースがイカ墨じゃなくて、スパゲッティがイカ墨のやつです。
これがま~めちゃくちゃ美味しかった。
ちょっと忘れられないレベル。

とにかく謎のスターターが量が多くてもう腹いっぱい!
清算の時、はやりあれは間違いだったことがわかった。
£16.90するメインのシーフードだった。
私達が頼んだモッツァレラチーズのサラダは£9.90。
ちょっと値段が違いすぎる。
もう全部食べちゃったけど文句を言ってみた。
間違えたのは向こうですから。
ちゃんとメニューを指差して注文したし。
でも、なんで食べた後に文句言うんだ?って逆切れされた。
それはそうだけど、間違えたことを謝ろうとしないので、ムカついて言い合いの押し問答。
結局値段は引いてもらったけど、最後まで誤ってくれませんでした。
そういうことでサービスは気に食いませんでしたが、食事は美味しいかったです。

お店も広いので大人数でも来やすいと思います。

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 22:15 
  • [グルメ (イタリア料理)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

[フェスティバル] Interpol (インターポール) @ All Points East

DSC02015_20190529044349154.jpg
前回の続き

5月25日(土)ビクトリアパークで行われたフェスティバルAll Points Eastで最も見たかったのはInterpol (インターポール)。
彼らの出演はセカンドステージになるNorth Stageでのトリで、20:15から1時間のスロット。
その前に演奏しているバンドが終わるごろにステージ近くに行こうと思ったけど、トイレが激混みで、ステージに向かったころには前のバンドはすでに終わっていた。
まぁできる限り前の方に行って、ステージ向かって右側の10列目ぐらいに待機。

そして時間通りメンバー登場!
やはりドラムのサム以外全員スーツ。
そしてサングラス。
シークレットサービスか、マトリックスのエージェント達のようだ。
まぁこの日はめちゃくちゃ暑かったわけでないけど、会場中みんな夏日和な恰好してるのに、なんともマッチしないいで立ち。
愛しのPaul Banks (ポール・バンクス) は、もうカッコいいどころではない。
Paul_Banks_20190531064213815.jpg
ティアドロップのサングラスがよく似合う~~
鼻血でそう。。。

まずは「C'mere」からスタート。
フェスティバルでは演奏時間も短いし、いつも代表曲を中心にプレイするのですが、今回もそのようなセットリスト。

3曲目の「Evil」で、オーディエンスが尋常じゃなく盛り上がり、もう押すわ引くはのもみくちゃ状態。
インターポールのライブでこんな盛り上げるのは実に珍しい。
もう天気のいいフェスティバルでしたから、早い時間から出来上がっちゃってる人がいっぱいいて大暴れ。
そしてその次は「Say Hello to the Angels
やばい、これは盛り上がりが止まらない。
頭上はビールも飛びまくり。

DSC02062_201905290443519bc.jpg
明るい野外の演奏の時もミラーボールのライティングするのね。
きれい〜

その後は、最近EPで発表されたばかりの「Fine Mess」で一旦盛り上がりが収まる。
ビデオ撮ったよ。


つかの間の休息のあと、今度は「Slow Hands
またまた大暴れ状態に。
まさかのモッシュピットまで出来上がった。
押されに押されて気が付いたら2列目にいた。
友達は最前におるし~
後ろにいた酔っぱらった姉ちゃんの持ってるビールで私はびちょびちょ。
勘弁してくれ~
でも楽しい。
ポールも観客を見ては何度も微笑んでいた。
Interpol_NME_APE2019.jpg
この写真はNMEから拝借しました

その後も代表曲を演奏し、そして待ってましたの「PDA
この曲大好きなんだけど、去年4回もインターポール見に行ったのに1度も聞けなくって、待ち焦がれてたのよ。
ビデオも撮りました。


そしてポールがサングラスを外した!
おーーーー、かっこええ~~~~
最後ぐらいはイケメンを披露してやろうかってことか?
ありがてぇぞぉ~
DSC02104.jpg

DSC02123.jpg

そして「Roland」で閉めました。

DSC02144_201905290443551cb.jpg
最後は恒例のサムの写真撮影。
この写真はインターポールのインスタのストーリーにアップされました。
IMG_1904.png

1時間の予定でしたが5分ぐらい早く終わった。
あと1曲できたや~ん。
でもセットリストも素晴らしかったし、ものすごい盛り上がって最高に楽しかった。
これで「The Heinrich Maneuver」やってくれたら完璧やったな~
この曲あまりやってくれない。
って、次の日のグラスゴー単独ライブで演奏してるや~ん。
来月彼らの単独ライブ見るんで、期待しよう~

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
  • at 20:56 
  • [音楽 (インターポール)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログPVランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR