ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

U2 - ヨシュア・トゥリー・ツアー @ トゥイッケナム・スタジアム

P1100733.jpg

7月9日Twickenham Stadium (トゥイッケナム・スタジアム) で行われた、U2のコンサートに行ってきました。
このコンサートは彼らの名盤「The Joshua Tree (ヨシュア・トゥリー)」の30周年を記念し、5月カナダ公演を皮切りに、北米、ヨーロッパを回っているツアーです。

U2は中学生の時からずっと変わらず好きなバンド。
でも、あまりにも超ド級スーパーバンドになっちゃって、公演はいつもスタジアムだし、派手なステージングのためチケットも高額。
フェスティバルもほとんど出ないし。
なので、なかなか敷居の高いバンドで、過去に見たのは1回だけ。
今回も行く予定ではなかったんだけど、友達がチケット余ってるからって誘ってくれて、スタンディングで78ポンドとのこと。
スタンディングだったら近くで見れるかもだし行くことにした。

前座はNoel Gallagher's High Flying Birds (ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ)
彼らのことは追記記事でちょこっと書いてますので、興味のあるかたは記事下の追記で読んでください。

P1100702_m.jpg
チケットはプラスチックのパス型。
首からぶら下げているやつです。

あとビール買ったら7ポンドって言われて、あまりの高さに驚いたのですが、実はカップを戻しに来れば2ポンド返却してくれるとこのと。
しかもちゃんとヨシュア・トゥリー・ツアー仕様になっている。
IMG_4574.jpg
これはゴミを増やさないいいアイデアだ。
これは私も友達も、思い出として持って帰った。
帰りの電車でも、多くの人がこのカップ持っていて、みんな考えることは同じですね。

U2の登場は9時前だったかな?
屋外なのでまだまだ明るい中での登場!
まずは「Sunday Bloody Sunday」からスタート。
U2の曲の中で断然一番好きな曲。
あれっ、ヨシュア・トゥリーの曲ちゃうで!
メンバー全員、花道の先のミニステージで演奏。
結構近い!
ビデオ撮りました。


そのままミニステージで後3曲演奏。
すべてヨシュア・トゥリーより古い曲。
あ~嬉しい~

そしてメンバーは全員メインステージへ移動。
ステージ後ろの巨大な壁が、巨大スクリーンへと変貌。
P1100744.jpg
白黒の荒野の道が映し出され「Where the Streets Have No Name」が始まった。
あ~なんて美しいギターの音色。
ものすごいノスタルジーな気分になり泣きそうに感動した。
私、ジ・エッジの奏でるギターの音が好き。
初めてギター買いに行ったとき、店員さんにU2のギターの音みたいなのがいいって説明して、選んでもらったんです。

そのまま「ヨシュア・トゥリー」のアルバム曲順通りに演奏。
巨大なスクリーンの映像が本当綺麗で、曲ともとても合っていて素晴らしかった。
さすがU2やな~
P1100747.jpg

P1100759.jpg

I Still Haven't Found What I'm Looking For」撮りました。



アンコールでは、「ヨシュア・トゥリー」よりも後期の曲。

まずは「Miss Sarajevo
P1100774.jpg
シリアの瓦礫と化した街並み、難民キャンプの映像が流れ、そこに出てきた女の人がプリントされたお大きなバナーが、客席によって運ばれていた。

その後はヒット曲連発。
一番盛り上がったのは「Vertigo」かな。
みんなジャンプしておりました。

Beautiful Day」撮りました。


Mysterious Ways」では観客から女の子を1人選んでステージにあげ、一緒に踊ってボノがビデオ撮ってました。
P1100796.jpg
この女の子って本当に一般客なんだろうか?
それとも仕込んでいるのかな〜?

Ultraviolet (Light My Way)」では、政治的に影響力のあった多くの女性の写真がスクリーンに映し出された。
アンネ・フランクからプッシー・ライオットまで、た〜くさん。

そして最後は「One」で閉めました。

いやいや素晴らしいライブでした。
「ヨシュア・トゥリー」全部と、彼らのヒット曲のオンパレード。
なんとも贅沢なセットリスト、行ってよかった〜
もう1回見に行きたいわ。

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 23:06 
  • [音楽 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

穴場寿司店「Sushi Show 翔」

昨日、友達一押しの寿司屋「Sushi Show 翔」に行ってきました。

このお店は魚の卸業者が経営していて、日系の寿司屋なんかにお魚を卸しているところ。
なので、めちゃくちゃ高い高級寿司店と同じネタの寿司が、なんともリーズナブルな価格で食べれる。
しかし、レストランではなく基本はテイクアウトのお店。
日本食材も売っています。
テイクアウトのお店でも、店内にカウンターと外にテーブルがあって、そこで食べることもできます。

場所はエンジェルから徒歩5分ほどのカムデン・パッセージという裏道にある。
周りにかわいいお店やカフェがあるところ。

sushi_show.jpg
この写真はネットから拝借
店内
寿司カウンターに4席と、窓際にもカウンターがあります。
私たちは寿司カウンターでいただきました。

sushi_show2.jpg
この写真はネットから拝借
外のテーブル

IMG_4594.jpg
寿司カウンター

IMG_4593.jpg
メニュー
ペンで注文数を書いて提出。
一番高い握りがウニの3.80ポンド。
トロは2.80ポンド。
安い!
ロンドンでこの値段は破格だ!

IMG_4596.jpg
納豆巻き
これは多分テイクアウト用にすでに作られていたやつ

IMG_4595.jpg
サーモン、アボカド巻き
これもテイクアウト用に作られてたやつ。だから半額だった。

IMG_4597.jpg
頼んだお寿司
いや〜、すべてクオリティーめちゃ高い!
2人で行って、合計48ポンドでした。
これは安い!
ロンドンではありえない値段だわ。

レストランではないので、お酒は提供してないので、持ち込み制です。
それもあって安くつくのですよ。

日曜日以外は、ラストオーダーは20:30で21時閉店。
のんびり食べるには向きませんが、美味しい寿司をお手頃価格で食べるなら、オススメなところ。
できれば公表したくなかったけどね〜


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 17:54 
  • [グルメ (日本料理)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

[フェスティバル] キラーズ @ British Summer Time 2017

P1100659.jpg

British Summer Time フェスティバルの記事の続き。
この日のトリはThe Killers (ザ・キラーズ)

本国アメリカよりイギリスでの方が人気のあるバンド。
私も例に漏れず彼らのファンになりまして、よくフェスティバルで彼らを見たもんです。
2007年グラストンベリーフェスティバルに行ったんだけど、その時もキラーズがピラミッドステージでトリだった。

でもアルバム出すごとに、だんだん好きじゃなくなってきて、前回のアルバムから聞かなくなった。
最後に見たのもたぶん2009年のVフェスティバル。
もう8年ぶりだ!

彼ら自身も4年ぶりのイギリス公演とのことで、ファンもさぞかし待ち焦がれていたであろう。
だからか、5日間あったBritish Summer Timeの中で、唯一この日が売り切れたんです。
根強い人気だ!

私はエルボーを見た後、そのまま同じところに待機。
キラーズの登場は20:45だったかな。

メンバーの登場と共にステージ後ろに「K」の電飾看板見たいのが降りてきた。
そしてピンクの紙吹雪がど〜んっと舞った。

ボーカルのBrandon Flowers (ブランドン・フラワーズ) はピンクのジャケット着て登場!
昔より男らしくなったけど、やっぱりかわいいな〜
笑ったら子犬ちゃんみたい。
似合わない髭やめてくれてよかった。

まずは新曲「The Man
なんかディスコサウンドでわたしゃ好きじゃないんですがね、まぁ今までと違う音楽を作ってくれたのは嬉しい。
ビデオ撮りました。


その後は代表曲連発。
みんな大合唱。
私もほとんど知ってる曲でよかった。

P1100668.jpg
途中でブランドン君、黒いジェケットにお色直し。

私の好きな「Smile Like You Mean It」をビデオで撮ってたら、セキュリティーの人にビデオカメラはダメって、注意されちゃった。。。
残念。

最後は「All These Things That I've Done
これも大合唱よね〜
I got soul, but I'm not a soldier♪
I got soul, but I'm not a soldier♪
I got soul, but I'm not a soldier♪
I got soul, but I'm not a soldier♪
...

アンコールは4曲だったかな。
最後から2曲目は私の大好きな「When You Were Young
ビデオ撮りました。
デジカメで撮ったので音悪いです。

スデージ上から滝花火が!
最初は映像かと思ってたんですが、本当の花火でした。
その少しあとに、観客側にすごい煙がやってきました。
きっとメンバーは熱かっただろうな〜

そして最後の最後は「Mr. Brightside
P1100688.jpg
紙吹雪がジャンジャン。

P1100695.jpg
最後はステージ裏から花火も上がりました。

そしてメンバーみんながステージを後にしたのに、ドラムの人だけが結構長くステージに残ってました。
名残惜しかったんですかね。

とにかく、久々に見るキラーズ、やっぱりよかったわ。

終わり

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 21:09 
  • [音楽 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

[フェスティバル] エルボー @ British Summer Time 2017

P1100633.jpg

British Summer Time フェスティバルの記事の続き。
7月8日メインステージで、キラーズの前に演奏したのがElbow (エルボー)。
直訳すると「肘」と、なんとも変な名前のバンド。
日本ではあまり知名度がないみたいですね。
Wikipediaの日本語ページがない。
本国イギリスでは大人気のバンドなんですけど。。。

私は特にファンではなかったので見るの初めて。
でも今年に入ってリリースされたシングル「All Disco」がめちゃくちゃ好きで、それに名曲「One Day Like This」は、屋外フェスで大合唱の定番で、見てみたかったんです。
だから楽しみでした。

食事とトイレ休憩に行ってて、最初の数曲は見逃してしまった。
最初に見たのは最新アルバム「Little Fictions」の第一弾シングル「Magnificent (She Says)
この曲もなかなかいい。

その後に私のお目当の「All Disco

えぇ曲やわ〜
聞けば聞くほど心にしみる。
私にとって2017年No.1かもしれない。

そして、もう1つの楽しみ「One Day Like This

大合唱でみんなで同じ方向に手を振って、楽しかった。
これぞ野外フェスの醍醐味って感じ。

で、この曲が最後でなくて、「Grounds for Divorce」で締めました。
これも有名な曲ですね。
P1100640.jpg
ボーカルのガイ・ガーヴェイが太鼓叩くやつです。

エルボー楽しかったです。

続く。。。


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 21:30 
  • [音楽 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

[フェスティバル] ティアーズ・フォー・フィアーズ @ British Summer Time 2017

P1100587.jpg

前回の続き

British Summer Time フェスティバル7月8日メインステージで、キラーズの2つ前に演奏したのがTears For Fears (ティアーズ・フォー・フィアーズ)。
80年代に大ヒットした彼ら。
いつのまに2人揃って再活動してたんだか。
私は彼らの代表曲の1つ「Everybody Wants to Rule the World (ルール・ザ・ワールド)」が大好き。
当時長らくは、私にとって最も好きな曲だった。
確かノエビアのCMに使われて日本でも流行っていましたよね。
この曲を野外フェスで聴けるのは最高であろう。

彼らの登場は17:15
Lorde (ロード) がカバーした「ルール・ザ・ワールド」が流れ、メンバーが登場した。
そして本人達による「ルール・ザ・ワールド」が始まった。
ビデオ撮りました。

なんて美くしく清々しい曲でしょう〜
感無量です

P1100617.jpg
で、メンバーの2人ですが、左にいるローランド・オーザバルは、昔より太りましたが、そのまま年を経った感じ。
そして右のカート・スミスは、素敵なおじ様になっている。


P1100610.jpg
サングラスを外したところ
贅肉のないスリムな体に、50代とは思えぬ美しいフェイスライン
変な髪型であまりいいルックスのイメージがなかったんで、今の方がかっこいいわっ

基本、曲間におしゃべりするのはローランドだけだった。
「Wow! こんな暑いとところで演奏したのは初めてだ!ここはいったいどこだい?」
そして観客が答える「イングランド〜」
とにかくかんかん照りでめちゃくちゃ暑かったですからね!

その後も彼らの代表曲を演奏してから、オーランドが「この間レディオヘッドがグラストンベリーに出てるの見たんだ。」
「YouTubeで」
「彼らはもうこの曲を演奏しないから、僕らがやるよ」と言い「Creep」のカバーを演奏した。
びっくり〜
なかなかよかったです。

そして最後は「Shout
これもコマーシャルで使われてたよね〜
舘ひろしが出てた車のCM
YouTubeで探してみたけど見つからなかった。
ビデオ撮りました。


いや〜ノスタルジーな素敵なライブでした。
楽しかったわっ

続く。。。


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 10:58 
  • [音楽 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(2) 
  • [Edit
  • *PageTop

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR