ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

ブライアン・コッスク教授と森万里子のレクチャー

またブライアン・コッスク教授(Brian Cox)ネタで申し訳ありませんが、今日はレクチャーに行ってきました。
しかも今回は日本人アーティスト森万里子さんとの講義で、タイトルは「Mariko Mori and Professor Brian Cox: Art meets Science (アート、科学との関わり)」

今ちょうど、Royal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)で、森万里子さんのエキシビションが開催されていて、「Rebirth(生まれ変わること、転生)」がテーマ。
宇宙のスーパーノバに強くインスパイアされていて、すべてのものは宇宙からできていて、死んでも別の形に変わるだけで、常に宇宙の一部であるという物理の法則がコンセプトになっている。
そこで科学とアートの融合をテーマに今回のレクチャーがあったわけです。

チケットは売り切れていたので諦めていたんだけど、当日チケット譲ってくれる人が見つかって、急遽社長に早引けさせてもらう事を説得し(結果明日会社に行って2時間働かなきゃならない)ルンルン気分で早退!

場所はRoyal Institution(英国王立科学研究所)
今まで教授のレクチャーやイベント、ラジオ収録などいろいろ行きましたが、今回の講堂は一番小さい。
張り切って2列目を確保(最前列はすべて関係者や招待客の席)

18:30に講義開始!

教授とデブのおばちゃんと森万里子さんが登場!
最初おばちゃんは通訳かな?と思いましたが、森さんは英語ペラペラでした。
なのでおばちゃんは進行係。

この動画は一般公開です。 Mariko Mori and Professor Brian Cox: Art meets Science


森万里子さんのことは作品同様存じ上げてなかったのですが、真っ白なワンピースに2つお団子の髪型で、ほんわかした雰囲気の癒し系な女性。
若く見えるけど実は45歳で、森ビル創業者・森泰吉郎のお孫さんだそうです。
ものすごく英語も上手なんだけど、ロンドンで留学経験もあり、現在はニューヨークに在住だそうです。

まずはビデオで彼女の作品をちょこっと紹介。

そして真ん中に座っているおばちゃんが、2人に質問して行く形だったんだけど、だんだん教授と森さんの会話になっていって、おばちゃんの存在意味が無くなっていく感じになっていった。
2人はこの講義が始まる前も、1時間ぐらい会話していたそうで、ほとんどその続きっぽくなっているらしく、教授が「君たちもさっきの会話にはいってればよかったのに〜」って言ってた。

このまったくジャンルの違う「芸術」と「科学」、そしてそのエキスパートの会話はとても興味深く、今まで見た講義の中でダントツ1番に面白かった。

バリバリ物理学の講義はもちろん難しすぎて、集中力がなくなり眠くなることがしばしば。
また、コメディアンと組むイベントも多いんだけど、コメディアンの英語はめちゃくちゃ早口で理解できない。(日本にいる外国人が、さんまを理解できないようなものである)
ところが今回は日本人ということもあり、英語がわかりやすい。しかも彼女の英語は綺麗でゆっくりで理解しやすい。
そして科学者でもないし女性だし、一般人の観点から科学を見て質問してくれたいた。

ビデオも撮りました。


彼女は今の科学的見地では「宇宙はいずれ消滅する」という「END」という考え方が嫌いらしく、「すべての物はたとえ滅びても形を変えるだけで宇宙に存在し続けるのに、なぜ宇宙は消滅しその後はないのか?他の物同様、別の形になったり別の宇宙の一部になったりしないのか?」という質問に、教授はパラレルワールド、並行宇宙の仮説を説明。
すると森さんは「私はそれがいい!」と観客の笑いを取りました。

私も彼女と全く同じ意見。
私、中学の時宇宙について考えすぎて寝れないことがたまにあったんです。
宇宙って限りがあるんだろうか?あるならその向こうには何があるのか?そしてまたその向こうにはなにがあるのか?
???っちゅうことは結局無限じゃないか?
いやいやそんなことはあり得ない。きっとず〜〜〜〜っとまっすぐ進んだら元の位置に戻るに違いない。
無限に見えるが実は限られた中にしかいない。ハムスターみたいにずっと同じところを回ってるだけ!
とか、なんとか・・・

とにかく2人の会話は興味深くあっという間に時間がきてしまいました。
最後にオーディエンスの質問を3つほど答えて終了〜

終わった後、教授はたくさんの人に囲まれサインや写真撮影に応答しておりました。
私は今回は大人しく見てるだけ。
またいつか〜〜〜


その後肝心の森万里子さんのエキシビションに行ってきました。


癒しです癒し!
まるで繭、泡、たまご、胎内というか、とにかく柔らかくて丸くて暖かくてほんわかしたものに包まれている感覚の作品。
2月17日まで開催されているので是非。

ロンドンではめずらしくこの美術館はただじゃないんですよね〜
でもジャパンセンターに£2割引の券がありましたよ!



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 01:06 
  • [ブライアン・コックス教授
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR