ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

U2 - ヨシュア・トゥリー・ツアー @ トゥイッケナム・スタジアム

P1100733.jpg

7月9日Twickenham Stadium (トゥイッケナム・スタジアム) で行われた、U2のコンサートに行ってきました。
このコンサートは彼らの名盤「The Joshua Tree (ヨシュア・トゥリー)」の30周年を記念し、5月カナダ公演を皮切りに、北米、ヨーロッパを回っているツアーです。

U2は中学生の時からずっと変わらず好きなバンド。
でも、あまりにも超ド級スーパーバンドになっちゃって、公演はいつもスタジアムだし、派手なステージングのためチケットも高額。
フェスティバルもほとんど出ないし。
なので、なかなか敷居の高いバンドで、過去に見たのは1回だけ。
今回も行く予定ではなかったんだけど、友達がチケット余ってるからって誘ってくれて、スタンディングで78ポンドとのこと。
スタンディングだったら近くで見れるかもだし行くことにした。

前座はNoel Gallagher's High Flying Birds (ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ)
彼らのことは追記記事でちょこっと書いてますので、興味のあるかたは記事下の追記で読んでください。

P1100702_m.jpg
チケットはプラスチックのパス型。
首からぶら下げているやつです。

あとビール買ったら7ポンドって言われて、あまりの高さに驚いたのですが、実はカップを戻しに来れば2ポンド返却してくれるとこのと。
しかもちゃんとヨシュア・トゥリー・ツアー仕様になっている。
IMG_4574.jpg
これはゴミを増やさないいいアイデアだ。
これは私も友達も、思い出として持って帰った。
帰りの電車でも、多くの人がこのカップ持っていて、みんな考えることは同じですね。

U2の登場は9時前だったかな?
屋外なのでまだまだ明るい中での登場!
まずは「Sunday Bloody Sunday」からスタート。
U2の曲の中で断然一番好きな曲。
あれっ、ヨシュア・トゥリーの曲ちゃうで!
メンバー全員、花道の先のミニステージで演奏。
結構近い!
ビデオ撮りました。


そのままミニステージで後3曲演奏。
すべてヨシュア・トゥリーより古い曲。
あ~嬉しい~

そしてメンバーは全員メインステージへ移動。
ステージ後ろの巨大な壁が、巨大スクリーンへと変貌。
P1100744.jpg
白黒の荒野の道が映し出され「Where the Streets Have No Name」が始まった。
あ~なんて美しいギターの音色。
ものすごいノスタルジーな気分になり泣きそうに感動した。
私、ジ・エッジの奏でるギターの音が好き。
初めてギター買いに行ったとき、店員さんにU2のギターの音みたいなのがいいって説明して、選んでもらったんです。

そのまま「ヨシュア・トゥリー」のアルバム曲順通りに演奏。
巨大なスクリーンの映像が本当綺麗で、曲ともとても合っていて素晴らしかった。
さすがU2やな~
P1100747.jpg

P1100759.jpg

I Still Haven't Found What I'm Looking For」撮りました。



アンコールでは、「ヨシュア・トゥリー」よりも後期の曲。

まずは「Miss Sarajevo
P1100774.jpg
シリアの瓦礫と化した街並み、難民キャンプの映像が流れ、そこに出てきた女の人がプリントされたお大きなバナーが、客席によって運ばれていた。

その後はヒット曲連発。
一番盛り上がったのは「Vertigo」かな。
みんなジャンプしておりました。

Beautiful Day」撮りました。


Mysterious Ways」では観客から女の子を1人選んでステージにあげ、一緒に踊ってボノがビデオ撮ってました。
P1100796.jpg
この女の子って本当に一般客なんだろうか?
それとも仕込んでいるのかな〜?

Ultraviolet (Light My Way)」では、政治的に影響力のあった多くの女性の写真がスクリーンに映し出された。
アンネ・フランクからプッシー・ライオットまで、た〜くさん。

そして最後は「One」で閉めました。

いやいや素晴らしいライブでした。
「ヨシュア・トゥリー」全部と、彼らのヒット曲のオンパレード。
なんとも贅沢なセットリスト、行ってよかった〜
もう1回見に行きたいわ。


前座Noel Gallagher's High Flying Birds (ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ) の追記。
P1100706.jpg

まずノエル・ギャラガーU2の前座をするにあたり、弟のリアム・ギャラガーは自身のツイッターでU2をディスり、その前座をする兄貴に対しても「ごますり野郎」と非難。
ファンに「もう少し大人になれ」と注意されるも、さらにエスカレート。
とうとうノエルもリアムのツイートを皮肉ったツイートを投稿したりして、まだまだ喧嘩の絶えないギャラガー兄弟を公にさらしていた。
詳しい記事はこちら
ほんまにおもろい人らや。

もちろんノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの曲を中心に演奏。
そしてオアシスの曲もいっぱいやってくれました。
Wonderwall」撮りました。



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 23:06 
  • [音楽 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR