ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

ポーランド旅行記〜世界遺産 (ヴィエリチカ岩塩坑)

ポーランド旅行記の続き

今回はクラクフから車で30分ほどの距離にある、世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑に関して。

見学参加方法に関しては下記の追記記事に書いておりますので、ご参考に。

この岩塩坑は1044年の創業で、廃坑になっていない岩塩坑としては世界最古。
同時に世界最古の製塩企業だそうです。
1996年に商業採掘は中止され、現在は年間110万人もの観光客が訪れる有名観光地になっております。

1978年、クラクフ歴史地区とともに世界遺産第一号の1つとして登録されました。

クラクフ駅から20分、最寄りの駅に到着。
駅からは徒歩5分ぐらいです。

DSC05405.jpg
入り口の建物

参加はガイドとともに回る必要がありますが、日本語ガイドはないので英語のガイドに参加しました。
ネット予約しておいたので、ゲード入ってすぐ右のキオスクでチケットと引き換えて、建物右側にある英語ツアーの列に並びました。
合計20人ぐらいだったかな。
入ってすぐイヤホンを渡してもらいました。
これで少々離れていてもガイドの声が聞こえる仕組みです。

そしていざ中へ!
とてつもなく長い木造の螺旋階段をぐるぐる下へと降りていく。
もう目が回りそうなくらい長い。
エレベーターないんか〜〜〜っとつっこみたくなりました。

やっと下へ到着。

DSC05340.jpg
採掘の様子を再現した蝋人形なんかがありました。

廊下は空調、湿度を一定にするために、ドアを開けるには通ってきた後ろのドアを閉めてから開ける必要があるそうです。
ガイドさんが、みんな揃って後ろのドアを閉めたのを確認してから前のドアを開けて進みました。

DSC05344_20170519054624dbf.jpg
彫刻もいっぱいありましたが、すべて塩を彫ったものだそうです。
入っている成分のせいで黒っぽい塩です。

DSC05345.jpg
この岩塩坑の歴史を表現しています。
もう忘れちゃったけど、ハンガリーの女王の指輪がどうたらこうたらだそうです。
真ん中の人がその女王。
これも塩でできております。

DSC05351.jpg
こちらも昔の採掘の様子を再現

DSC05359.jpg
塩分濃度の高い水。
舐めていいとのことで舐めましたが、めちゃくちゃしょっぱかった。

DSC05361.jpg
こちらも採掘の様子の再現

DSC05362_201705190549179b7.jpg
なんでかわからんが7人の小人がいた。
こちらも塩でできています。

DSC05367_201705190549185d4.jpg
こちらがもっとも有名な聖キンガ礼拝堂
ここだけは写真撮影に別途10ズウォティを払う必要があります。
私は入る前に前もって払ってましたが、ほとんどの人は払わず写真撮ってました。。。

DSC05370.jpg
礼拝堂内部
すべて塩です

DSC05371.jpg
礼拝堂内部
こちらも塩

DSC05372.jpg
礼拝堂内部
最後の晩餐
とても立体的で、素晴らしい彫刻です。

DSC05374_201705190549341f4.jpg
礼拝堂内部

DSC05376.jpg
礼拝堂内部
床も塩です。
タイルではなく、彫ってタイルのような模様にしています。

DSC05382.jpg
このシャンデリアのクリスタル部分も塩です。

DSC05388.jpg
塩湖
深さ9メートルもあるそうです。
すごい透明度でした。

DSC05391.jpg
ここがこの岩塩坑でもっとも広い空間。
広すぎて写真に収まらない。
高さがすごいです。
広すぎて木枠で固定する必要があるのでしょうね。

DSC05398.jpg
昔はボートで地底湖を回ることができたそうですが、死亡事故が起きてから今はボート見学は廃止されました。
中央左側にあるトンネルがボートで行き来できたところ。
亡くなった方のために右の像が建てられた。

DSC05402.jpg
1978年の世界遺産第一号登録リスト

これでツアー終了
なかなか見応えがありました。
内部にはお土産やカフェもありました。
みっちり2時間歩きつづけましたが、この岩塩坑の1%しか見ていないとのこと。
どんな広いねん!
広すぎるので個人では入っちゃだめってことです。
迷子になったら出られないからです。
怖っ!

最後はガイドさんと別れイヤホンも返却し、ミュージアムに行く人、帰る人と別々のところに並んで待ちます。
私は帰る方へ並んで2、3分待ったところで職員が来て、エレベーターまで連れてってくれました。

DSC05404.jpg
エレベータまでも、まだ少々歩きます。

そして狭いエレベーターに乗っていっきに地上へ上がりました!

気温は一定して16度ぐらいだそうです。
外が寒かったのでコート来てたから、ちょっと暑かったぐらいでした。
夏に来る人は羽織るものがあった方がいいでしょう。

続く。。。

見学参加方法:

ここはクラクフからとても近いのでツアーに参加しなくても個人で簡単に行くことができます。

電車の方がわかりやすいので、私は電車で行きました。
クラクフ中央駅 (krakow główny) から所要20分。
30分おきに出ています。
Wieliczka Rynek Kopalnia駅行きに乗り、終点で降りるのでわかりやすい。
1つ手前のWieliczka Parkで降りないように。

チケットは現地でも買えますが、繁忙期は並ぶようなのでできればネット予約をしましょう。
ただ、予約できるのは朝と夕方のみらしく、昼間は並ぶかツアーで来る必要があるみたいです。

見学は言語別のガイドとグループで入ります。
言語はあいにく日本語はありません。
個人では見学できません。

ルートは2つ。
ツーリストルートマイナーズルートがあります。

ツーリストルートは私が参加した通常のルートで、所要約2時間強。
ミュージアムを入れると3時間はかかるそうです。
3キロ歩きますので、歩きやすい靴を。

マイナーズルートは、ヘルメットと作業着を着て、坑夫体験ができるルートだそうです。
マイナー (miner) とは坑夫のことです。
ツーリストルートとは入り口建物が違うのでお間違いなく。
所要時間は3時間とのこと。

チケットはオフィシャルサイトで購入できます。
左の ONLINE TICKETS クリックしてください。

入場へは大きなカバンを持って入ることはできませんので、大きい場合はロッカーへ預けましょう。

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 21:12 
  • [旅行 (世界遺産)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR