ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 3D」見てきました

今日はLife Of Pi(ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日)3Dを見てきました。

個人評価:★★★★☆

CG好き、3D好き、海好き、動物好きの私にはこりゃもう最高の映画でした。
とにかく映像が美しいったらなかった。
とくに夜の海のシーンはクリスチャン・ラッセンの絵画を彷彿とさせる見事な美しさ。
しかも大画面の3Dで見ると、まるでその場所にいるような錯覚を覚える。
荒波の激しさ、穏やかな海の静けさ、海の生き物達、そして昼とは違った海の様子、海の深さ広大さ、ほんとうにいろんな姿を見せる海の描写と、空の高さに嵐の暗黒の雲、すべてがとてもリアルで、恐ろしくもあり穏やでもあり、そんな情景を見事に表現できていました。

また海以外に、プールや池のシーンもあるんだけど、水の透明感の描写が半端なくうまかった。

そして第二の主役のトラ。
あれはいったいどこまでが本物でどこまでがCGなんだろうか?
猛獣のトラと一緒に演技するのは相当大変だろうし、漂流する間にだんだんやせ細っていくので、まさか映画の為に瘦せさせるなんて、そんな動物虐待な事はしないだろうし、ちゅうことはやっぱりCGなのか?と・・・
威嚇したトラのアップは、本当に目の前にいるみたいで、いつ噛み付かれるんだろうかと、かなりドキドキ。
でもやっぱりトラはなんとも美しい生き物で、猫きちがいの私にはかわいくてしょうがない。
とくに泳いでる姿が異常にかわいかった。
威嚇しなくなってきてからは、耳で話するんです。そして目は見ないんです。猫と一緒だ〜

あと、途中で変な島に漂着するんだけど、不思議で綺麗で大量のミーヤキャットがいるんです。
またこれがかわいい。この島に行きた〜ぃと思ってしまった。


アバターだと、出てくるのは宇宙人だし舞台も地球じゃないので、たとえリアルに見えてもCGであることはわかるが、この映画は舞台は地球でしかも海の上。
出てくるのも実在の生き物であるトラである。
どこまでが本当なのかわからない。
全く違和感がなかったということだ。
なので実感がわきやすかった。
あ〜海は美しい。地球は美しい。

なんだか海とトラには共通点があるのかな?って私なりに思った。
噛み付く事もあるけど、美しくて気高く、共存もできる。

内容は、宗教というか神がとても関連してるんだけど、信仰心のない私には特に深みを感じなかった。
しかし原作の「パイの物語」は文学賞ブッカー賞に輝いたベストセラーである。
映像のない本で、ベストセラーとなりうる理由がなんなのか、ちょっと気になります。


とにかく、この映画を見るなら是非大画面の3Dで観賞して下さい。



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 01:04 
  • [映画
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR