ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

[ライブ] レディオヘッド @ Roundhouse

P1090537.jpg

5月28日土曜日、カムデンのRoundhouse (ラウンドハウス) でRadiohead (レディオヘッド) 見てきました。

このラウンドハウスですが、レディオヘッドがライブするにはめちゃくちゃ小さい会場で、2ヶ月前にいきなり発表されて、チケットの購入は争奪戦。
こんな小さな会場で彼らを観れることはないですからね!
公演は3日間。
チケットの購入は1人2枚まで、ダフ屋や転売を避けるためにチケットは名前入りで、購入者はライブ当日写真付きIDを提示する必要があった。
にもかかわらず、チケット購入の倍率はすさまじく、あっちゅう間にソールドアウト。
多くの人がFacebookやツイッターで「チケット取れなかった〜」って嘆きのつぶやきをしてました。
そりゃもう大きなニュースになってました。
私はチケット発売時の20分前からスタンバイし、びっくりするほどあっさり購入できました。
本当は3日中2日は行きたかったんだけど、1日のチケット取るだけで精一杯でした。
なんてったって、レディオヘッドは毎日セットリストが違うので、いったい何を演奏するかは知る由もなく、今までも2日間公演があったらどちらも行ってました。

当日は土曜日だったので、早めに行くことにした。
開場が7時だったので、そのちょっと前に行ったら、ラウンドハウスのずっと手前でものすごい人が並んでるんです。
まさかっ!
一応並んでる人に聞いてみたら、やはりレディオヘッドのライブで並んでるのだそう。
こんなの見たことない。
もはやレディオヘッドは神の域に達した感がある。
尋常じゃないな。
でもすごい並んでる割にはスムーズに進み、すぐ入ることができました。

前座は1つ。
早く入ったので、最初から見ましたが、意味不明なバンド。
友達は「苦痛だ!」と嘆いていた。

前座の後待つこと8:30、予定通りレディオヘッド登場〜
私はステージ向かって右側。
ジョニー・グリーンウッドの前。
近い!
彼は相変わらず長い前髪を垂らし、オタク度全開。
黙々と様々な楽器を演奏しておった。
P1090552.jpg
トム・ヨークはお団子に髪を結んでいた。
彼もこれまたいろいろな楽器を演奏しておった。
P1090538.jpg
ピアニカみたいな楽器

ステージ上部にはいくつもスクリーンがあって、メンバーそれぞれの手元が映し出されていた。
照明はシンプルで、赤一色か青一色ってのが多かったかな。
なのですごく暗くて、他のメンバーがほとんど見えなく、なかなかいい写真とビデオが取れなかった。

まず最初に演奏したのは、先行シングルの「Burn The Witch (バーン・ザ・ウィッチ)」
ビデオ撮りました。


その後もニューアルバム「A Moon Shaped Pool (ア・ムーン・シェイプト・プール)」から立て続けに演奏。

で、この他の曲はいったい何を演奏するのやら、いつも期待していどむのですが、
私が一番好きなのは彼らのデビューアルバムの「Pablo Honey (パブロ・ハニー)」でして、
でもメンバーは消し去りたい過去っていうぐらい嫌いな作品だそうです。
昔インタビューで2度と演奏しないって言ってたんだけど、でもたまに「Creep (クリープ)」やるんですよね。
だからもしかしたら、他の曲もやるかもしれない...
と期待を捨てきれない。
あと、2枚目の「The Bends (ザ・ベンズ)」もめちゃくちゃ好きなんです。
とにかく私にとってのレディオヘッドはこの2枚なんです。

初めて彼らを見た時にやっていた「My Iron Lung (マイ・アイアン・ラング)」は、もうあまりのパワーに圧倒されて大感動。
カミナリに打たれたかのごとく気狂いみたくのたうち回るトム・ヨークがすごいのなんの、見てて鳥肌が立ちました。
この曲をまた見たいという期待もあったんですがね、なんと1日目に演奏したそうです。

結局この日はパブロハニーとベンズからは1曲もやりませんでした。
でもBサイド曲の「Talk Show Host (トーク・ショウ・ホスト)」だけ演奏しました。


こちらも新譜から


でね、3番目に好きなアルバム「Kid A (キッドA)」から、好きな曲2連ちゃんでやってくれました。
Everything In Its Right Place

トリッピーだな〜

その後は「Idioteque
これも飛べる飛べる〜

その後は「Bodysnatchers」をやってアンコールへ。

アンコール1曲目は「Give Up the Ghost」だったんですが、トム・ヨークが「Don’t Hurt Me♪」と歌っているのを、
ボーカルルーパーで拾うのですが、どうやら叫んだ観客の声まで録音されちゃったみたいで、毎回ルーパーが叫び声入りの「Don’t Hurt Me♪」を流すわけです。
トム・ヨークは苦笑しながら演奏。
オーディエンスも爆笑。
でも結局やるの嫌になったみたいで、演奏中止してしまいました。
なんとも面白いエピソードでした。

気を取り直して4曲演奏し、アンコール2へ。
その時トム・ヨークはなぜかお団子を解いてステージを去って行きました。

アンコール2では2曲を演奏。
P1090576.jpg
お団子解いたままででてきた。

最後の曲は「Paranoid Android」でした。
これも鳥肌もので大好き。
靜と動が入り乱れたなんともイレギュラーな展開。
最後にふさわしい曲でした。

みっちり2時間15分のショウでした。
やっぱりレディオヘッド好きだな〜〜〜


セットリスト:

Burn the Witch
Daydreaming
Decks Dark
Desert Island Disk
Ful Stop
Lucky
Talk Show Host
Separator
Climbing Up the Walls
Like Spinning Plates
Tinker Tailor Soldier Sailor Rich Man Poor Man Beggar Man Thief
Identikit
The Numbers
The Gloaming
Everything in Its Right Place
Idioteque
Bodysnatchers

アンコール1:
Give Up the Ghost (途中まで)
Bloom
Present Tense
2 + 2 = 5
There There

アンコール2:
Nude
Paranoid Android



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 20:48 
  • [音楽 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(2) 
  • [Edit

Comment

NoTitle 

こんばんは!まさかラウンドハウスのライブに行かれた方がいたとは!羨ましすぎます。私もチケット発売の日にスタンバっていたのですが全く取れる気配もなく、敗北しまして仕方がないので9月にベルリンまで見に行くことにしました。ラウンドハウスでRadioheadなんて夢みたいですね~。ライブレポ載せて頂いてありがとうございました☆
  • posted by A 
  • URL 
  • 2016.06/21 21:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

Aさん、コメントありがとうございます、そして返信遅くなってごめんなさい。

そうなんです、私ラウンドハウスに見に行けちゃったんです。
幸運な自分に感謝です。
すごいですね〜ベルリンまで見に行くとは...
私、夏に日本に帰ってるのでサマソニ行こうか迷い中。
なんせロンドン戻る前日なんで、ちょっと厳しいかな〜っと。
でもやっぱ見たいですよね〜
  • posted by cheeky-chi 
  • URL 
  • 2016.06/27 19:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR