ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

ウォーキング「くまのプーさんウォーク」

昨日は7月に参加したロンドン歩く会のウォーキングに再び参加したきました。
<7月の記事はこちら>

今回のコースはくまのプーさん (英: Winnie-the-Pooh) ゆかりの地を歩くウォーキング。
くまのプーさんの物語は、イーストサセックス州にあるアッシュダウンの森 (Ashdown Forest) というところが舞台で、その北にあるハートフィールド (Hartfield) という村が観光の拠点になります。
このハートフィールドに作者が別荘をもっていて、自身の息子のためにここを舞台にした物語を書いたという事です。

本来ならこのハートフィールドに行くにはロンドン・ビクトリア駅から約1時間でイースト・グリンステッド (East Grinsted) へ行き、そこからバスで15分ほどで着くそうですが、私達はウォーキングをするので、ロンドンブリッジ駅から50分のAshurst駅というところで集合し、そこから森や草原、元鉄道跡などを歩きハートフィールドへ向かうコースでした。

Ashurst駅集合は10:00。
今回の参加者はびっくりの34人。
これはくまのプーさん効果だそうです。
まるで遠足だわ!
駅前駐車場でまず1人づつ自己紹介。
人数が多いので、名前とプーさんに出て来るチャラクターをいくつ知ってるかを言う事に。
私、くまのプーさんの本読んだ事もマンガ見た事もなく、何も知らない。
知ってるキャラクターはプーさんのみ。
すごい人は8つ。そんなにいっぱいいるんだぁ・・・

そしてウォーキングスタート!
天気予報では晴れだったので参加したのだが、結局ほぼずっと曇ってました。
前日の雨もあり道は結構ぬかるんでました。
軽装で来てた子もいてたので、歩くの大変みたいでした。
でも、気温もウォーキングにはちょうどいいくらいで、風もなく穏やかでした。

DSC07849.jpg
この煙突みたいなのは、第二次世界大戦時、ドイツ軍からの攻撃を撃墜する為の台だそうです。
名前がわからない・・・

DSC07851.jpg
少し晴れ間が出た時。後は夕方までずっと曇ってました。

この辺りを歩いてる時、バンバン音がなってたんだけど、どうやら銃の音らしいです。
キジも何羽か見たので、狩猟なのでしょう。
今ジビエの時期ですからね。
木に挟まったキジがいてたのですが、みんな「かわいそう〜」って助けてあげようとしてたんです。
私だけ「持って帰ってさばこうよ」って鬼のような事を言ってました。
キジ美味しいんだよな〜
じゃぁ自力で木から脱出してました。

DSC07853.jpg
この白馬、途中まで近づいてきたんです。
何かくれるかと思ったのかな?

DSC07857.jpg

DSC07868.jpg

DSC07861.jpg

DSC07862.jpg
ここはビールの醸造所で、この3つの三角屋根はホップの貯蔵庫だそうです。

DSC07866.jpg

DSC07875.jpg
旧鉄道駅。

DSC07917.jpg
そしてハートフィールドに到着。

DSC07881.jpg
くまのプーさんにでてくるブタのピグレット???

DSC07884.jpg

DSC07925.jpg
プーコーナー (Pooh corner) というプーさんグッズを扱っているお土産屋さん。
日本人の店員さんがいました。
ここでは無料の散策マップがもらえるそうです。

DSC07918.jpg
プーコーナーはティールームも併設していて、お庭にテーブルがでています。

DSC07927.jpg
トイレには挿絵なんかが飾ってあった

村の中心地を通り過ぎプーさんの棒投げ橋 (Pooh Stick Bridge) へ向かって更に30分程歩きました。

DSC07895.jpg
道中日本語の道しるべが!日本人の観光客多いのかな?

DSC07898.jpg
こういう風に道しるべがあるのですが、

DSC07906.jpg
それ以外はだだっ広い草原だったりするので、プーブリッジへ行くのは簡単ではありません。

DSC07909.jpg
くまのプーさん登場キャラクターの1つ、フクロウのオウルのお家だそうです。
子供達が手紙を入れたり、プレゼントを置いて行ったりするそうで、このドアにある白いのも手紙と思われる。

DSC07911.jpg
やっとプーさんの棒投げ橋についた。

DSC07914.jpg
ここではプーさん達が橋の上流側から枝を投げ、すぐに橋の下流側に行き、誰の枝が先に流れるかを競ったゲームが行われたそうで、みんな枝を投げてやってみましたが、大勢がやるもんだから、一体どれが自分の枝かわかりゃ〜しない。
まぁ童心に還って楽しかったよ!

橋を堪能した後は元来た道を戻り、先ほどのプーコーナーがある村の中心地へ。
ここで待ってましたのランチ!

ここにはパブ2件とプーコーナーしかお店がなく、それぞれ好きなとこへ行って食事をとる事になりました。

DSC07888.jpg
一件目のパブ

DSC07919.jpg
私が入ったパブ、The Anchor
地ビールが美味しいということで、ここにしました。
ここはThe Anchor Innと言って宿もあります。

DSC07920.jpg
上は私が頼んだフィレステーキ。
写真では分かりづらいが、すさまじい量です。
ミディアムレアを頼みましたが、ウェルダンででてきました・・・いいお肉なのにもったいない・・・
なんとか肉は全部食べましたが、他は食べきれず。。。

下は同席した人達が頼んだ物。
左からフィッシュ&チップス、ソーセージ&マッシュポテト、ハムエッグ&チップス
どれもこれも驚愕な量でした。

ランチの後はAshurst駅へ、行きとは若干違うルートで戻りました。

DSC07932.jpg
とうとう天気がよくなってくれた。
やはり太陽の光があると写真映えしますね!

DSC07933.jpg
旧鉄道跡。ここに線路があったそうで、今はひたすら真っすぐな道が続いています。

DSC07935.jpg


DSC07942.jpg


DSC07950.jpg
絵画調で撮影

DSC07956.jpg
絵画調で撮影。

駅に到着したのは17:30ごろ。
ロンドンブリッジへ戻ってから、パブで二次会。
参加したのは10人ぐらい。
私も6:30起きだったし、ヘトヘトで1杯だけ飲んで帰りました。

ランチ以外ほぼ歩きっぱなし、足はヘトヘトでしたが、素晴らしいウォーキング体験でした。

集合写真はロンドン歩く会ブログにアップされています。


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 12:32 
  • [旅行 (イギリス国内)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR