ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

旅行「サンマロ (フランス)」

先々週から世界遺産に関する記事を書いていたら、無性にモンサンミッシェルに行きたくなって、急遽週末を利用して行くことにしました。
イギリスから近い事もあって、いつでも行けるだろうと思っていて、まだ行った事なかったんです。
なもんでフェリーで行く事にしました。
イギリスポーツマスからフランスブルターニュ地方の有名観光地サンマロ (Sait Malo) までの船の旅。
出発は金曜日。
就寝するのでキャビンを予約しておいた。
洗面台もトイレもあって、小さいけどシャワーもついている。
とても快適。
夜8:15出航で翌朝8:15到着。(時差が1時間あるので、実際の船に乗ってる時間は11時間)

DSC03000.jpg
フェリーから見たサンマロ旧市街

到着後フェリーターミナルを後にし、城壁で囲まれたサンマロの旧市街まで歩いて10〜15分ぐらい。
まずはのんびり歩きながら城壁の外側を歩いて旧市街を通り過ぎる。
そこから海沿いをのんびり歩く。
途中から海沿いの道は遊歩道になって、かわいいホテルが並んでいる。
ジョギングや犬の散歩をしている人がチラホラ。
とても清々しい。
DSC03001.jpg

そして9:30に目的のタラソテラピー施設 「テルムマラン ド サンマロ (Les Thermes Marins de Saint-Malo)に到着。
ここは、1963年に老舗ホテル「ル グラン トテル デ テルム」の中にオープンし、以来、フランスで最も権威あるタラソテラピー施設として有名だそうです。
DSC03003_20131010052916e93.jpg
「ル グラン トテル デ テルム」

DSC03002.jpg
タラソテラピーの入り口は海と反対側にあります

日本にも2カ所支店があるようです。
日本語サイト:テルムマラン
普通はこのホテルに宿泊しながら、のんびりタラソテラピー(海洋療法)を受けるのですが、私は観光ついでに来たので午前中だけ利用しました。
アクアトニックプールの利用に20ユーロ、2つのトリートメント(6種類の中から選べる)で59ユーロでした。
トリートメントは適当に選んでもらって、アフュージョンシャワーという、寝転んだ上からシャワーを浴びるというものと、ジェットバスを受けました。
どちらも私の異常に凝った肩には効果があるのか?って感じでしたが、のんびりすることができました。

12:30ごろ施設を出て、先ほど歩いた海沿いの遊歩道を旧市街に向かって歩きだしたした。
なんと、朝と景色が全然違う!!!
ここモンサンミッシェルを含むサンマロ湾は、潮の干満の差がヨーロッパ最大なところ。
あえて干満の激しい時期を選んできたので、この日の干満差は13メートル以上。
先ほどどっぷり浸かっていた海が、潮が引いて広〜いビーチになっている。
DSC03209.jpg
左が朝9時ごろ。右が昼1時頃撮った写真。同じ場所から撮ってます

せっかくなのでビーチを歩く。
DSC03235.jpg
この並んだ木はムール貝の養殖用の物と思われる。でも貝は全くなかった。

旧市街の前には小さい島が3つある。
潮が引いている時は地続きになるので歩いて行ける。
朝は完全に遠く離れた島だった。
DSC03205.jpg
こちらも左が朝で、右が昼に撮った写真。同じ場所から撮ってます。

たまに島に取り残される人がいるそうです。
行く場合はちゃんと干潮の時間を把握して行くように!
DSC03256.jpg
せっかく行ったのですが、砦は閉まっていました。

その後とうとう旧市街の城壁の中へ。
まずは腹ごしらえ。
ここサンマロはブルターニュ地方の郷土料理ガレットが有名。
そば粉でできたクレープです。
デザートのクレープではなくタマゴやハムなどを入れる主食。
いくつか美味しいといわれているお店をリストしておいたので、一番最初に見つけたお店「Le Tourne Pierre」へ入った。
DSC03273.jpg
店の外観

注文したのはタマゴ、ハム、チーズの入った定番ガレット。
飲み物はこれまた、ガレット専門店クレープリーで定番のシードルを頂いた。
これはイギリスでいう所のサイダー。ようはリンゴから醸造した発泡酒。
ティーカップみたいので飲むのがサンマロ流だそうです。
DSC03270.jpg

ガレットはお店によって、結構違うらしく、美味しいかどうかは、好みだそうです。
パリットしたのもあれば、もっちりとしたのもあるそうです。
私が頂いたのは、どちらかと言えばもっちりしたタイプかな〜
最初に食べた瞬間は「うわっ!うまい!」と思ったが、だんだん飽きて来て食べるの苦痛になってきた。。。

腹ごしらえがすんだ所で、旧市街の城壁の上を歩く事に。
城壁はいろんな所から登ることができて、全く止らずに歩けば30分ぐらいで1周できるぐらいの距離。
天気もよくて景色は最高。

DSC03265.jpg

DSC03291.jpg

DSC03299.jpg

DSC03303.jpg

DSC03322.jpg

DSC03330.jpg

DSC03300.jpg
グラン・ベ島
ここにはフランス・ロマン主義の先駆者であるサンマロ出身のフランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンのお墓がある。
こちらも干潮時には陸続きになる。

DSC03337.jpg
旧市街の中心地

DSC03343.jpg
旧市街の中心地

DSC03346.jpg


そして夕方モンサンミッシェルに行くためにサンマロ駅へ。
意外と遠くて歩く事20分。
なんと予定していた電車に乗り遅れた。
チケットすでに予約していたのに、チケットマシーンからチケットが出てこず。
そうこうしてたら電車出てしまいました。。。
この電車を逃したら、もう次の電車ないんです。
バスも1日1本しかなく、朝だけ。
もうタクシーかヒッチハイクしかない。
タクシーの運ちゃんに値段聞いたら、モンサンミッシェルまで85ユーロぐらいだという。
そんな高くないや〜ん。
そして急遽タクシーで行く事にしました。
45分ぐらいで着いて82ユーロだった。でも運ちゃんがサービスしてくれて80ユーロ!
ありがたい。。。

モンサンミッシェルの記事は次回ということで、翌日夕方またサンマロに戻ってきて、旧市街のホテルにチェックイン。
<モンサンミッシェルの記事はこちら
旧市街をうろうろしてサンセットを見た。
めちゃくちゃ綺麗。
DSC03549.jpg

DSC03555.jpg

DSC03558.jpg

DSC03581.jpg
町のシンボルサン・ヴァンサン大聖堂


その後夕食。
これも次回の記事で。

翌朝フェリーまで時間が少しあったので、朝霧のでている町を少し散策。
雰囲気があるので白黒の写真を撮りました。
DSC03584.jpg

DSC03592.jpg
サン・ヴァンサン大聖堂

DSC03597.jpg
サン・ヴァンサン大聖堂

DSC03599.jpg

DSC03601.jpg


サンマロはとてもかわいい町です。
時間がある人は是非モンサンミッシェル行ったついでに立ち寄ろう〜



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 20:55 
  • [旅行 (ヨーロッパ)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit

Comment

Comment_form

 管理者のみ表示 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR