ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

映画「追捕 MANHUNT」ネタバレ・レビュー

img_0116.jpg

結構前の話なのですが、ロンドン映画祭で出品されたジョン・ウー監督、福山雅治主演の映画「追捕 MANHUNT (邦題未定)」を見てきました。

個人評価:★★☆☆☆



ジョン・ウーと言えば「男たちの挽歌」で一躍有名になり、その後はハリウッド進出し大成功を収めている有名アクション映画監督。
その彼が、今度は日本を舞台にし、日本の俳優を主演に迎えた映画を作った。

出演者は福山雅治と、中国の俳優 張涵予 (チャン・ハンユー) のダブル主演。
その他にも韓国の女優も出ていて、言語も日本語、中国語、英語の3ヶ国語が話されているインターナショナルな映画。

そして、この映画は実は、もともと「君よ憤怒の河を渉れ」という小説で、1976年に同名で高倉健を主演に映画化されたもののリメイクだそうです。
リメイクと言っても、かなり内容は違うようで、どちらかというとこの映画をヒントにして映画を作ったと言ったほうがいいぐらい、原作とは程遠いと思う。
まぁ、オリジナルの映画は見てないけど、wikipediaであらすじを読む限りかなり違う。
この映画は中国でも上映され大ヒットしたそうで、ジョン・ウー監督もこの映画のファンだったそうです。

オール日本ロケで、メインの舞台は大阪です。
大阪人としてはとても嬉しかった。
海外の映画で大阪が舞台になるなんて「ブラックレイン」以来か!?

福山雅治以外にも日本人俳優が多く出ておりまして、竹中直人國村隼池内博之斎藤工 (ワンシーンに出ただけ) など。
そしてカンフー映画でおなじみの倉田保昭も出ている。
カンフー好きの私としては、久々に彼を見れて嬉しかったわ〜
ちゃんとアクションもしますよ!

ストーリーは、国際弁護士の杜秋ドゥー・チウ (チャン・ハンユー) が殺人の濡れ衣を着せられてしまう。
そのドゥー・チウを敏腕警部の矢村聡 (福山雅治)が追う。
なぜ、ドゥー・チウは、殺人の濡れ衣を着せられてしまったのか?
その真相とは?
ドゥー・チウを追っていた矢村も、彼が犯人がはめられたのではないかと疑い、最後には一緒になって黒幕を倒す。

内容的には面白そうなサスペンスなんだが、もうツッコミどころ満載で、「なんでやねん!」とず〜っと心の中で突っ込んでいた。
まず、ドゥー・チウだが、国際弁護士なのに、バリバリアクションをこなし、警察から逃げ切る。
お前は何者だ?って感じだ。
あと、裁判の結果によってフィアンセを死に追いやられた女の子が、復讐のためドゥー・チウの命を狙うのだが、最後は一緒になって黒幕を倒す。
一般人の女子のはずが、銃撃戦に参加し銃乱射しまくるのです。
ありえへん。
で、黒幕は大阪に本社がある大きな製薬会社なのだが、最後そこで銃撃戦になる。
日本で、大阪で、製薬会社で、なんでそんな銃があるねん!
アクションもやり過ぎで、かっこいいを通り越してかっこ悪い。
そんなんあるわけない。
福山雅治も、アクションのイメージがないので、なんかしっくりこない。
カッコつけすぎで、恥ずかしくなってくる。
こんな福山さん見たくない・・・

とにかく全てがありえな〜ぃでした。
日本が舞台だから、とくにそう思ってしまうのだろうか?
ヤクザの抗争ならともかく、一般人が日本の会社で銃撃戦をするわけがない。
そこが、非現実的でリアルでないと思ってしまう。
内容的には星一つだが、大阪が舞台なのと、出ている俳優陣がよかったので星2つにした。
期待してたので、がっかりでした。。。

日本では来年公開だそうで、まだ邦題も日程も決まってないようです。

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 23:14 
  • [映画
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

花火大会 @ ウィンブルドン・パーク

DSC07371_20171105213011341.jpg

11月5日はガイ・フォークス・デイ (Guy Fawkes Day)。
この日は、ロンドンでは花火とかがり火を行う日。
1605年、ガイ・フォークスとその一味がビッグ・ベン(国会議事堂)を爆破しようとし、未遂に終わりった日で、それを祝って花火やたき火をする日になったのです。

この日に近くなるとあちこちで花火があがり、毎夜バン、バン花火の音がするのです。
一般家庭の庭やら、地域自治体が主催するたき火、大きい公園での花火大会など、たぶん2週間ぐらい花火やかがり火がどこかでやっております。

今回私はウィンブルドン・パークで行われた花火大会に入ってきました。
前売り8.56ポンド、当日券10ポンド。

小規模だけど、ファンフェアー (移動遊園地) と屋台も出ていた。

DSC07307_20171105213006884.jpg

DSC07306.jpg

DSC07310_20171105213007cca.jpg
まずはかがり火

DSC07327_201711052130083a6.jpg
その後かがり火の近くから花火が上がった。
日本の花火大会と比べたら、めちゃくちゃしょぼい。
有料なのに。。。
もう少し期待したんだけど。

DSC07344_201711052130104ea.jpg
この日は満月で月が綺麗だった。
変な長い線が月にかかってびっくりしたんだけど、飛行機でした。

で、あっけなく花火は終了。
かがり火に群がっていた人たちはバラけてファンフェアーや屋台方面へ。
そこでかがり火の写真を撮ったんだけど、なんか心霊写真的な物が写った。
DSC07375.jpg
焚き火の右上に顔があるのわかるかな?

DSC07375 (1)
わかりやすく赤い線で囲んでみた。
写真撮る時に太陽とか強い光を撮る時に映るゴーストなのか、緑の光が映りこむので、おかしいな〜っと思い何枚か撮ったんだけど、顔が写ってもうた。
自分の顔にも見えるけど、そんなん映りこむことあるかな〜?

まっ、そんなことより腹ごしらえしようと屋台を物色してみた。
DSC07378_2017110521302143b.jpg

DSC07380.jpg
恐ろしくまずそうなヌードル

DSC07381_201711052130221ea.jpg
恐ろしくまずそうなバーガー屋。
とにかくすべてまずそうなので諦めて、早々に公園を出てイタリアンレストラン行ったわ〜


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 12:53 
  • [イベント
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ハロウィーンパーティー @ カラオケ「エポック」

まだハロウィーンではないのですが、土曜日にカラオケ店「エポック」でハロウィーンパーティー開催しました。
大部屋を18時から23時までの5時間予約!
18人席なんだけど、部屋代が高いので20人参加者募集して、ちょうど20人参加してくれました〜

DSC07276.jpg
今回、私は貞子の仮装をしました。
みんなに真剣に怖がられた。
顔白く塗って、目の周りに黒いアイシャドー塗って、白のカラコンつけただけなんだけどね。
普段のメイクより簡単。
それなのになかなかの完成度でしたわっ

で、仮装大賞を決めて端数の出た部屋代のあまりと、景品をプレゼントすることにしてたのですが、私が大賞になってしまった。
私は主催者で自腹で景品用意したので、私がもらうとタダの自分で自分のものを買っただけになる。
なので2位の人を仮装大賞にしました。
左の骸骨さんが、仮装大賞〜

以下、皆さんの仮装です〜

DSC07265.jpg

DSC07252_20171030044059e06.jpg

DSC07260.jpg

DSC07253.jpg

DSC07263.jpg

DSC07264.jpg

DSC07262.jpg

DSC07266_20171030044129e24.jpg

DSC07272_2017103004413537c.jpg
大きなオーブが写ってもうた

DSC07277.jpg

DSC07278.jpg

DSC07279.jpg

DSC07281.jpg

DSC07282_2017103004415110c.jpg

DSC07284_2017103004555704b.jpg

DSC07285_20171030045559c0b.jpg

DSC07287_2017103004555989a.jpg

DSC07288_201710300456010e0.jpg

DSC07293_20171030045602eb7.jpg

DSC07294.jpg

DSC07300.jpg

DSC07301.jpg

DSC07250.jpg

DSC07254_20171030044102d95.jpg

DSC07256_201710300441071e8.jpg

DSC07259.jpg


で、家に帰って化粧落とす前に自分の怖い写真を自撮りしまくり、1人大爆笑してました。
これがその一部
Chi_sadako.jpg
そりゃみんな怖がるわなっ


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 20:48 
  • [オフ会・パーティー
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

映画「ブレードランナー 2049」ネタバレ・レビュー

先週、IMAXでBlade Runner 2049 (ブレードランナー 2049) 3Dを見てきました。

個人評価:★★★★☆



35年ぶり、「ブレードランナー」の続編、そして前作の主演ハリソン・フォードが引き続きリック・デッカード役で出演、前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮という、ブレードランナーファンにはたまらない新作がとうとう上映された!
ハリソン・フォードが続投するということは、ストーリーは続いているということだから、おさらいで改めて前作を見た。
今まで何度か見たことがあったのだが、必ず寝てしまったり眠気と戦いながら見たりで、内容をあまり覚えてなかった。
とにかく、いつも夜で雨が降ってて暗いのが眠気を誘うのだろう。。。
今回はちゃんと最後まで見ることができた。
時代設定が2019年なことに驚いた。
今からたった2年後の話だ!
当時の未来予想はたいそう外れていたことになる。
あんな人間と区別できないほどのレプリカント(人造人間)は全然出来てない。
空飛ぶ車はガンガン走ってはいない。

今回の新作はタイトルからわかる通り、設定は2049年。
オリジナルから30年後の話ということになる。
いったいどんな未来図なのだろうかというと、やはり汚染がひどく暗い世界で、あまり変わっていない。
汚染がひどく廃墟と化した街は逆に美しい。

今回の主役はライアン・ゴズリングで、彼はレプリカントの役である。
でも、反逆したレプリカントを狩るブレードランナーだ!
無表情で淡々と戦うその姿は、めちゃくちゃかっこいい。
マッドマックス2のマックス(メル・ギブソン)を彷彿とする無口なアンチヒーローといった感じだ。
この役者がこんなかっこよくなるとは驚いた。

ストーリーは、この主役「K」がレプリカントを狩ったところで、地下に埋められている死体を発見する。
実はこの死体は前作にでてくるレプリカントのレイチェルだ!
なんと出産した形跡があることがわかる。
レプリカントなのにだ!
レプリカントに生殖機能があるというのは、とんでもない大事件。
レプリカントに知られてしまったら厄介なことになりかねない。
Kは捜査をするうちに、どうやら自分がレイチェルが生んだ子供だという疑惑を抱く。
そして真相を確かめるため、父親であろうデッカードを探すのだ。
とうとう廃墟の街でデッカードが登場する。
ハリソン君のお出ましだ!
感動でしたよ〜
やはりデッカードはレイチェルを身篭らせた張本人だった。
子供のことがばれないよう出生記録を改ざんし、レプリカント解放運動に託して隠したのだ。

そんな中、レプリカントの生殖機能を使って生産性を上げたいレプリカントの製造者であるニアンダー・ウォレス(ジャレッド・レト)も、必死になってデッカードと子供を探していた。

Kがデッカードに会いに来たことがウォレス一味にばれ、デッカードは連れ去られてしまう。
Kは重症を負って置き去りにされるが、レプリカント解放運動に助けられる。
そこで、デッカードとレイチェルの子供が女の子だったことを聞かされる。
Kは2人の子供ではなかった。
しかし、もう情がわいてしまったのだろう、Kはデッカードを助けに行き瀕死の怪我を負う。
そしてデッカードを彼の子供の元へ連れて行くのだ。
その子供とは、Kに自分の記憶を植え付けた記憶デザイナー。
Kは満足したかのように雪の中横たわるのだった。。。

ストーリーもすごく面白く、オリジナルのブレードランナーの世界観をうまく引き継いだ美しい映像と音楽、そして主役の悲しい最後と、すべてにおいて素晴らしかった。
オリジナルのファンも満足なんじゃないかな?


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 18:35 
  • [映画
  • TB(0) |
  • CO(1) 
  • [Edit
  • *PageTop

猫カフェ「London Cat Village」

2014年3月ロンドンに最初の猫カフェ「Lady Dinah's Cat Emporium」が出来てから、気がつけば他にも猫カフェがオープンしていた。
今回行ったのが、オールドストリートにある「London Cat Village
猫好きYokoちゃんと行ってきた。

入場料は5ポンド。
カフェメニューからのオーダーは必須。
特に週末は予約しないと入れないので要予約。
滞在時間は1時間。
後の予約が詰まっているので延長はほぼ不可。

DSC07166.jpg
お店は2フロワーに分かれていて、私たちは地下のフロアに案内されました。
2人掛けのテープルが3席とカウンターで、結構狭い。
そして何よりお店全体が猫のおしっこ臭と消臭剤の匂いでかなり臭かった。
清掃もあまり行き届いてない感じで第一印象は悪かった。
臭いので食べ物は食べたくなかったので、抹茶ラテだけを頼んだ。
めちゃくちゃ生ぬるくびっくり。。。
これまたイメージダウン...

最初地下には猫が少なかったんですが、何匹もの猫が降りてきたり上に行ったりしてきた。

DSC07161.jpg

DSC07168_20171019231610a9b.jpg

DSC07175.jpg

DSC07185_20171019231613c48.jpg

DSC07189.jpg

DSC07195.jpg
私の一番のお気に入り。
多分立ち耳のスコティッシュフォールドかな?
最初はず〜っとここで寝てました。

DSC07215.jpg
起きてきて遊んだところ。
本当にきゃわいぃ〜❤︎

今度は上の階に行ってみた。
DSC07197.jpg
この子は上の写真の子の兄弟かな?
こちらは垂れ耳。
毛並みがまるでチンチラのように柔らかそう。

DSC07196_201710192316185a3.jpg

DSC07199_2017101923162141b.jpg
こういうベッドが5つぐらいあって、すべてに猫が入って寝てた。

DSC07201.jpg
猫と一緒に撮りたくも、静止してくれないのが猫様。
私、この日の為に猫のプリントの服と靴下で行ったんです。

DSC07205.jpg
しょうがないから寝てる子と一緒に。

DSC07217.jpg
下に戻ったら猫様に椅子取られた。

1時間経ったらきっちりと店員さんが知らせに来て退店しました。

お店はイマイチですが、猫がいっぱいで、みんな可愛い子ぞろいで満足でした。
あと、おもちゃが少なかった。
マイおもちゃを持っていくといいかも。

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 14:47 
  • [ロンドン観光地
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR