ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

頑張る日本人女性を応援する「ジャンヌダルクの会」に参加

週末、英国に住む頑張る日本人女性を応援する「ジャンヌダルクの会」がありまして、お誘いいただいたので行ってきました。
この会は、歌手のNさんが幹事で、もともと英国日本人会という20年来続く大きな会のメンバーで、女性だけをしぼったミニ会を立ち上げたのがきっかけだそうです。
参加条件はメンバー2人からの紹介と、メンバーの悪口を言わない人、頑張っている女性ならお母さんでも職種も関係なく誰でも参加できるそう。
不定期開催で今回は半年ぶりだったみたいです。

会場はチェルシーにあるBenihana
この支店の存在は知ってたけど、来るのは初めて。

IMG_6546.jpg
店内は地下なのですが、広くてびっくりしました。
広々とした贅沢なスペース。こちらはバーエリアです。

参加者は14人ということで、通常の鉄板焼き料理じゃなくビュッフェ形式でした。
参加費は30ポンドで飲み物別。

IMG_6549.jpg
左のはセロリ、真ん中は豆腐にゴマだれ、右はサーモンをコチジャンで和えた感じの。

IMG_6550.jpg
向こう側はコロッケ。おいしかった
手前のがムール貝のグラタンかな

IMG_6551.jpg
寿司

IMG_6552.jpg
こちらも1枚目の写真と同じ、豆腐とサーモン。
一番右の爪楊枝刺さってるのは、中にバナナが入ってて甘かった。

IMG_6553.jpg
サラダ

IMG_6556.jpg
手羽先の唐揚げ。向こうのは見えにくいがハンバーグ

IMG_6557.jpg
とんかつ

IMG_6568.jpg
海鮮焼き

IMG_6572.jpg


で、ビュッフェだけでなく、紅花名物鉄板焼きのシェフが来てくれて、焼き飯と焼きそば作ってくれました。

紅花といえばこれですね!

IMG_6563.jpg
出来上がった焼き飯は「i ♥ U」
おいしかった。

IMG_6569.jpg
焼きそば

IMG_6573.jpg
ゼリーかと思いきや、フルーツポンチでした。

30ポンドでこんないっぱい出してくれるとは太っ腹。
すごく余ったので私含め何人もお持ち帰りした。

食べ物の写真ばかりで人の写真撮るの忘れたんですが、参加した人達は面白い人ばかりでした。
面白いとは、笑いの意味ではなく、興味深いということ。
1人1人自己紹介したんだけど、本当にみなさん様々なジャンルで活躍されている人達で、それぞれの自己紹介が長かった。
参加者の中に友達は4人いたので、彼女達の頑張りは知っているのだけど、初めてお会いした方には、英国日本人会の中で福祉部をやっている人、東日本大震災の英国での支援活動のリーダーの方、元舞台女優でアニーのアニー役だった人で、今は演技などのメソッドを使って自閉症などの精神障害がある人のサポートをしたりと、もっとたくさんお話を聞かせてもらいたい方がいっぱいいました。

福祉部に関しては、英国に永住している日本人も高齢な方々がいて、孤独死があったりするそうなので、助け合いや、ボランティア活動 (日本人墓地の清掃など)、さらには遠距離介護、ようは日本に残したご両親の介護のサポートなどを行っているそうです。
これは他人事ではないですからね。
今後考えていかねば。。。

結局私は4人の友達とバカ話ばっかりで、新しい友達を作ることなく爆笑して終わりました。
とにかく楽しかった。
またこれからも参加させてもらおう〜〜〜


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 16:23 
  • [オフ会・パーティー
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ポルトガル リスボン3日目後半+4日目

ポルトガル旅行記の続き。
前々回の記事で3日目は前半ベレン地区へ行き、世界遺産の「ジェロニモス修道院とベレンの塔」に行った記事を書きました。
今回はその後の話。

まず、リスボンはめちゃくちゃ落書きが多くて残念なのですが、まれにアートな作品もございます。
その1つがこれ。
DSC09161.jpg
リスボン出身のBordalo IIというアーティストの作品。
廃材やスクラップなどを使ったアライグマのストリートアート。
こちらはベレン地区にあるベラルド現代近代美術館のすぐ隣にありました。

ベレン地区を後にし向かったのは工場の跡地をアートにおしゃれに改装したLX Factory
DSC09174.jpg

DSC09175.jpg
地図
お洒落なレストランやカフェ、セレクトショップが入る若者に人気のスポット

DSC09178.jpg
ここにもBordalo IIのアートがありました。

まずはランチ。
入ってすぐのレストラン「Cantina Lx
DSC09181.jpg
工場の廃墟をそのままほとんど改装することなく作ったレストランという感じで、古いキャビネットや棚やらいろいろあってめちゃくちゃ面白い内装。
大きな薪オーブンもありました。

DSC09184.jpg
注文したのはタコのグリル
これがボリューム満点、ジューシーで柔らかくめちゃくちゃ美味しかった。

DSC09185.jpg
友達の注文した野菜カレー

DSC09186.jpg
おしゃれなレストラン

DSC09188.jpg
こちらは本屋

DSC09192.jpg
ビルはまだボロボロ

DSC09194.jpg
おしゃれな床屋

DSC09197.jpg
こちらはお土産屋にあったイワシやさかな缶の数々。
本当にパッケージがかわいい

DSC09195.jpg
グラフィティアートもただの落書きじゃなくてすばらしい。
ベルリンみたい

DSC09198.jpg

DSC09204.jpg


LX Factoryを堪能したあとは、リスボン中心地へ。

DSC09210.jpg
ビルがかわいい

DSC09213.jpg
リスボン大聖堂

DSC09221.jpg
内部は大したことはなかった

DSC09222.jpg
こちらもかわいいイワシ缶屋さん

DSC09224.jpg
とにかくタイルのビルがかわいいの

DSC09231.jpg
こちらも

DSC09230.jpg
サン・ジョルジェ城周辺をうろうろしてから近くの展望台へ。
教会前のこの展望台からはお城は見えるしカフェもあったので、しばし休憩。

その後また別の展望台へ向け移動。
そこでケーブルカーがあったので写真を撮る。
DSC09237.jpg
レトロなケーブルカーとタイルの建物がとても素敵

DSC09242.jpg
向こうにはテージョ川が見える

Belvedere of Our Lady of the Hillという記念碑がある展望台。
ここは先ほどのところと比べるとそれほど広くなくてカフェもないが、景色はこちらの方がよかった。
DSC09262.jpg
サン・ジョルジェ城
サンセットでオレンジに染まるリスボンの風景は絶景でした。

写真だと見ずらいのでビデオでどうぞ


その後夕食とりにレストランへ。
お店はおしゃれだったけど、食べ物がまずかったので割愛

食後はバスに乗るのにコメルシオ広場
DSC09291.jpg
広場のアーチがライトアップされてた

DSC09292.jpg
広場ではユーロビジョンビレッジという無料コンサートをやっていました。
すごく並んでたし、歩き疲れてヘトヘトだったので入らず帰りました。


翌日の4日目は最終日。
フライトが16時で時間があったんだけど、この日はのんびり友達宅近くの教会と、その前にあった公園のマーケットを散策。

DSC09310.jpg
この教会に入ったらちょうどミサだったので、参加した。
またケーブルカーと。

その後デパートに行ってランチして帰りました。
そのデパートで見つけたさかな缶の数々。
DSC09319.jpg
本当にパッケージのデザインがかわいすぎる。
私も2缶ほど買って帰りました。

これでポルトガル旅行記終わり。
リスボンは坂が多いから、歩くのヘトヘト。
ふくらはぎが筋肉痛になった。
友達もいるので、またのんびりと遊びにこよう〜っと。


ポルトガル旅行記その他の記事:
ポルトガル リスボン1日目
ポルトガル世界遺産編 (シントラの文化的景観、ジェロニモス修道院とベレンの塔)
ポルトガル リスボン2日目後半

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 22:02 
  • [旅行 (ヨーロッパ)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ポルトガル リスボン2日目後半

前回の記事に書きかましたが、2日目のお昼は郊外のシントラへ行き、夕方6時頃リスボンに戻ってきました。
今回はシントラから戻ってきてからの記事。

DSC08989.jpg
シントラからリスボン中心地にあるロシオ駅へ到着。
何とも美しい駅でしょうか。

DSC08993_2018051500583237c.jpg
ロシオ広場

DSC08995_20180515005832277.jpg
なんともメルヘンチックなお店ですが、実はここイワシ缶屋さん。
その名もThe Fantastic World Of Portuguese Sardines
イワシはポルトガル名物。
そして缶詰も!
しかも缶のデザインがとてつもなくおしゃれなんです。

DSC08997.jpg
缶に年号が買いてあって、生まれた年の缶をお土産にしたりするみたい。
その年に作られた缶詰じゃなくて、中身は全部同じだって。

DSC08996_2018051500583435f.jpg
中でこんな写真も撮れちゃいます。

DSC08999.jpg
店内
ありえない程かわいい

DSC09002.jpg
坂の多いリスボンでは、こんな風景がいっぱい。
向こうの見えるのがサン・ジョルジェ城

この日はポルトガルの民族歌謡ファドを聞きに、ファドが聞けるレストランへ。
ファドとは言うなればポルトガルの演歌ですね。
規模の大きい高級店から、小さなカフェやバーなどさまざまなお店で生演奏しています。

リスボンへ移住した友達が連れて行ってくれたのは、ファドを聞かせるレストランやバー、ライブハウスが多いバイロ・アルト地区にあるMascote da Atalaia

大衆的なお店で、結構狭くてほぼ満席。
着いたのは7時半ごろで、9時までだったら大丈夫とのことで待たずに席に着くことができた。
しかもちょうど演奏がスタートするところだった。

まずは料理。
DSC09013.jpg
私はポルトガル名物パステイシュ・デ・バカリャウ(干し鱈のコロッケ)とトマトライス。

DSC09012.jpg
友達はイカと豆のシチュー

ここのレストランですが、ファド演奏中はおしゃべりしちゃダメらしく、ちょっとでもしゃべると店員さんに「シー」っと注意されます。
でも演奏は3曲やって、それから15分ぐらい休憩の繰り返しみたいな感じでした。
なので食べるのとしゃべるのは休憩中に。

歌手は若い女の子で、マイクなしでも声量が高くめちゃくちゃうまかった。
ビデオ撮りました。



DSC09014.jpg
3回ぐらい歌った後だったかな、次の演奏が始まる時おじさんがしら~っとギタリストの前にやってきたので、あらやだっ、酔っ払いのおっちゃんが入ってきたわっ!っと思ったら、なんと歌いだしたではないかっ!
歌手だったのです。(右の立ってるおっちゃん)
その次も、普通にレストランで食事してたオヤジが歌いだしたりと、歌手はいっぱいいるみたいです。

DSC09017.jpg
私達の写真もついでに

ファドを見た後はこのあたりを散策。

DSC09021.jpg
ケーブルカー
またもやすごい落書き。
リスボンは本当に落書きと廃墟が多くてもったいない。。。

DSC09025_20180515005843b35.jpg
Santa Catarinaという見晴らしのいい広場
週末という事もあり、ものすごい人だらけ。
みんなここで飲んでました。

DSC09030.jpg
その後はリベイラ・ノーヴァ市場の中にあるフードコート。
その名もTime Out Market
生鮮食品市場の方は昼間に終わってしまいますが、こちらのフードコートは夜中まで営業。
週末だったので、ものすごい人でした。

DSC09040.jpg
すし屋もあったよ。
メニューが謎だったが。。。


ポルトガル旅行記その他の記事:
ポルトガル リスボン1日目
ポルトガル世界遺産編 (シントラの文化的景観、ジェロニモス修道院とベレンの塔)
ポルトガル リスボン3日目後半+4日目

    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 20:52 
  • [旅行 (ヨーロッパ)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ポルトガル世界遺産編 (シントラの文化的景観、ジェロニモス修道院とベレンの塔)

ポルトガル旅行の続き。
今回は世界遺産編で、2日目に行ったリスボン郊外の「シントラの文化的景観」と、3日目に行ったリスボン市内の「ジェロニモス修道院とベレンの塔」の2箇所の世界遺産に関して。

まずは「シントラの文化的景観」ですが、リスボンから電車で40分ほどの郊外の街シントラにあります。
世界遺産に登録されているのが、3つの宮殿と1つの城壁で見どころ満載。
なので朝早くに行くべきところなのですが、前日友達と朝2時までおしゃべりしていて起きたのが遅く、シントラに到着したのが昼過ぎてしまいました。
シントラの駅から10分ぐらい歩くと街の中心に到着します。
DSC08910.jpg
こちらは市役所
世界遺産ではありませんが、お城のような佇まい。

DSC08911.jpg
山の上に見えるのがムーアの城跡

DSC08915.jpg
シントラ宮殿
世界遺産ですが、時間の関係で入りませんでした。
右の三角の建物は煙突だそうです。

時間がなかったので、目指すは山の上にあるムーアの城跡と、さらに高い山の上にあるペーナ宮殿の2箇所のみ。
結構高い山なので歩くと1時間はかかるそうで、バスで行くことに。
どちらも434番の市バスで行くことができます。
駅 > 街の中心 > ムーアの城跡 > ペーナ宮殿 > 街の中心 > 駅 の順番で走ってます。
乗り降り自由で6.90ユーロでした。
ただ本数が少なく、時間通りじゃないし、すごく混んでいました。
お金に余裕があればトゥクトゥクに乗るのをおすすめします。
いくらかしらないけど、いっぱいいました。

まずはムーアの城跡へ。
DSC08928.jpg
まるでドラクエの世界。
もしくは万里の長城のような見た目。

DSC08941_20180514174118575.jpg
下にシントラ宮殿が見える。
そして向こうには大西洋が見えます。
素晴らしい見晴らしですが、高所恐怖症の私は相当怖かったです。
でも本当に映画の世界のようで素晴らしかった。

DSC08947.jpg
あれも宮殿だろうか?

DSC08939.jpg
ペーナ宮殿もよく見える

一通り城壁を歩いたあとは、また434のバスに乗りペーナ宮殿へ。

DSC08949.jpg
なんとカラフル

DSC08953_20180514174111a41.jpg
まるでテーマパークのよう

DSC08961.jpg
こんな派手な宮殿みたことない。

外見だけでなく内部もおろしろかった。
DSC08969_201805141741126f1.jpg
ダイニングルーム

DSC08978.jpg

DSC08985_20180514174127668.jpg

DSC08987.jpg
キッチン

DSC08970 (1)
バルコニーからはムーアの城跡も見えます。

シントラ実に面白かった。
もう1つの世界遺産「レガレイラ宮殿」も行きたかったんだけど、時間的に無理だった。
また戻ってこようと思う。

お次は3日目。
こちらはリスボン市内のベレンというエリア。
ここにあるジェロニモス修道院とベレンの塔が世界遺産。

DSC09167.jpg
ジェロニモス修道院
手前は国立考古学博物館と海洋博物館になっています。

DSC09044.jpg
なんとも細かい装飾

DSC09050.jpg
チャペル入り口
結構並んでいるのですが、チャペルは無料で並ばず入ることができます。
回廊に入るのは有料ですごく並びます。
でも、博物館で共通券を買っておけば、並ばずに入ることができるそうです。
あと、ベレンの塔でもここのチケット買えるので、その場合も並ばなくて大丈夫。
私達は40分ほど並んで、まず回廊の方へ。

DSC09054_2018051417413077a.jpg
回廊
マヌエル様式の最高傑作ともいわれ、大航海時代の富をつぎ込んで建築されたそうです。

1枚の写真に収まりきれないのでビデオにしました。


DSC09071.jpg
チャペル

DSC09082.jpg
中央祭壇

DSC09080.jpg
ルイス・デ・カモンイスというポルトガルで有名な詩人の墓

DSC09089.jpg
ヴァスコ・ダ・ガマの墓

DSC09092.jpg
礼拝堂の1つ

修道院を出てからは近くにある発見のモニュメントへ。
こちらは世界遺産ではありませんが、セットで行く有名なところ。
DSC09117.jpg
大航海時代を記念した記念碑
中に入れますが、私たちは入りませんでした。

DSC09111.jpg
先頭はエンリケ航海王子
その次の次ぐらいがヴァスコ・ダ・ガマらしいです。

DSC09113.jpg
モニュメントの後ろには地面に世界地図が描いてあって、それぞれの国に年号が刻印されています。
この年号は、ポルトガルがその国を発見した年だそうです。
日本は1541年と書いてありました。

お次はベレンの塔
DSC09124.jpg
ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られた船の出入りを監視する目的の要塞。
こちらもすごく並んでいましたが、修道院でチケット買っておいたので、並ばず入れました。

DSC09129.jpg

DSC09137.jpg

DSC09130.jpg
左には発見のモニュメント。
橋は4月25日橋
その右側にはでかいキリスト像の「クリスト=レイ像

DSC09149.jpg
砲郭

DSC09156.jpg
地下は牢屋でした。
せっかくだから囚われてみた。


そしてベレンと言えば、エッグタルトで有名な老舗カフェ「パステラリア パステイス デ ベレン」が有名。
DSC09102.jpg
いつもものすごく並ぶそうです。
私が行った時は人だかりはすごかったけど、ほとんど並んでなかったので買うことにした。
テイクアウトの方が並ぶそうで、もしあまりにも列が長ければカフェで食べる方が早いんだとか。

DSC09094.jpg
1つ1.10ユーロ。
安い!

DSC09100.jpg
中に入ったら工場も見れます。

DSC09101.jpg
カフェ内部はすごく広かったです。
ここだけでなく、他にも部屋がいっぱいありました。

1つテイクアウトに買ってみました。
出来立てで暖かく、外はパリッとしててとても美味しかった。
長時間並ぶ価値があるかわからないけどね、エッグタルトはどこでも売ってましたから。。。
空港でもここのエッグタルト売ってました。
でも出来立てじゃなきゃね〜


ポルトガル旅行記その他の記事:
ポルトガル リスボン1日目
ポルトガル リスボン2日目後半
ポルトガル リスボン3日目後半+4日目


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 21:10 
  • [旅行 (世界遺産)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ポルトガル リスボン1日目

DSC08873_2018051401453305e.jpg
ゴールデンウィークにポルトガルの首都リスボンに行ってきました。
イギリスだからゴールデンウィーク関係ないんだけど、私のクライアントは日本企業なので日本の祝日中は暇になる。
だから有給をとったのよ。
今回リスボンに行ったのは、観光はもちろんだけど、今年リスボンに移住した友達に会うため。
お部屋が2つあるということで、泊まらせてもらいました。

リスボン到着はお昼過ぎ。
まず友達宅に荷物をおいてから、バスで街中へ。
上の写真はトラム。
古い車両ですごくかわいい。
なぜかバスより運賃が高い。

DSC08819.jpg
Yakuzaという名の日本食レストラン
店の中に橋まであるみたいですぞ。
入ってみたいが、ぼったくられると怖いな〜

DSC08824.jpg
Embaixadaというショッピングギャラリーの中
もともと宮殿だったようで、今はおしゃれなセレクトショップが入っている。

DSC08827.jpg
真ん中はカフェになったいる。
アラブ様式ですね

DSC08833.jpg
サン ペドロ デ アルカンタラ展望台
なぜかフェンスがあって、柵まで行けなくなっていた。

DSC08836_2018051401451905a.jpg
展望台からはサン・ジョルジェ城が見える

DSC08841.jpg
展望台横にケーブルカーがある。
落書きだらけで残念。

DSC08854.jpg
サン・ロッケ教会
1584年に日本から派遣された天正遣欧使節団が、1ヶ月滞在したといわれるイエズス会の教会。

DSC08847.jpg
教会へは無料で入れます。
外観は地味なのに、内部はド派手できらびやか

DSC08852.jpg
こちらも教会内部

DSC08855.jpg
タイル張りの建物がめちゃくちゃかわいい

DSC08856.jpg
カルモ修道院
屋根のない廃墟の修道院で、現在は博物館になっている

DSC08859.jpg
サンタ・ジュスタのエレベーター
エッフェル塔の設計者ギュスター・エッフェルの弟子であるポンサルドによって、設計されました。

DSC08861.jpg
下から見たエレベーター
乗ってみたかったんだけど、すごい並んでて、なんと1時間半待ち。
ありえへ〜ん
街中に大きなエレベーターがあるなんて、坂の多いリスボンならではの光景ですね。

DSC08871.jpg
このタイルのビルもかわいい

DSC08875_201805140145355c6.jpg
アウグスタ通りから見たコメルシオ広場のアーチ
向こうが広場で、ユーロビジョンビレッジという特設会場になっていてたので、広場のほとんどは入れず。

DSC08882.jpg
テージョ川
見えにくいですが対岸に高い建物があります。
あれはブラジルにあるコルコバードのキリスト像と同じようなキリスト像なんです。
向こうに見える橋は4月25日橋

バスに乗り、サン ペドロ デ アルカンタラ展望台近くに戻り、この日のディナーへ。
DSC08884.jpg
セビチェ専門店「A Cevicheria

DSC08889.jpg
店内には巨大なタコのオブジェがぶら下がっている。
ここは人気店だそうですが、予約を受け付けてないのですごく並ぶのだそうです。
私達は早めの6時半頃に行ったので、5分くらい待っただけでした。

DSC08892.jpg
コーンブレッドとイカスミの何か。それとジャイアントコーンみたいなやつ。
右のつけて食べるんだけど、何か忘れた。

DSC08893.jpg
Ceviche Puro
白身のお魚にマッシュスウィートポテト、玉ねぎ、わかめ、タイガーミルク(魚介やタマネギをマリネした際に出る出汁汁だそうです)

DSC08894.jpg
ミックスカウサ
カウサとはペルー料理のポテトサラダ。
下の黄色いのがマッシュポテトで、上にイクラや魚が乗っている。
めちゃくちゃ美味しいし、かわいい

DSC08897.jpg
タコのBBQ
下にイカスミのマッシュポテト

DSC08898.jpg
ポルトガルセビチェ
タラ、タコが入ってました。

全て美味しくて盛り付けもおしゃれで素晴らしい!

食事のあとは、このすぐ近くにあるバー「Pavilhão Chinês」へ。
DSC08901.jpg
内装がまー、すごい。

DSC08900.jpg
宝箱のよう


ポルトガル旅行記その他の記事:
ポルトガル世界遺産編 (シントラの文化的景観、ジェロニモス修道院とベレンの塔)
ポルトガル リスボン2日目後半
ポルトガル リスボン3日目後半+4日目


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 18:28 
  • [旅行 (ヨーロッパ)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR