ロンドン気ままなシングルライフ

2001年からロンドン在住! 就職もし、独身生活を満喫中。 そんな生活内容をちょっと紹介させていただきます。

Entries

[フェスティバル] The Cure (キュアー) @ British Summer Time

P1110907.jpg
前回の続き

7月7日に行ったハイドパークで行われているBritish Summer Time (ブリティッシュ・サマー・タイム)の大トリはThe Cure (ザ・キュアー)でした。
私が洋楽を聴き始めた80年代前半、キュアーはすごく流行っていまして、ボーカルRobert Smith (ロバート・スミス) のキャラがとてつもなく強烈で、洋楽雑誌には欠かせない存在でした。
ロバスミ!と日本では呼ばれるなどして、私もよく話題にしていました。
そしてもちろん音楽もとてもキャッチーでポップで、私も大好きでした。
でも、大ファンってほどでははかったので、当時アルバムももっておらずヒットシングルを知っている程度。
その後も何枚かアルバムを買いましたが、基本はベストアルバムを聞くに止まっておりました。
なのでフルコンサート見るのは初めて。
一応あるイベントで少しみたことはあります。(その時の記事はこちら

今回はなんと40周年記念コンサートというお祝いも兼ねたフェスティバルでした。
すごいですね、40年だなんて。
このまま50年まで続けて欲しい。
そんな記念コンサートだからか、キュアーの出演時間は2時間10分という長丁場。
来ていたファンも、ロバスミのようにボサボサ頭にメイクの人もいっぱいいたし、ものすごいゴスの人たちがいっぱいいました。
この30度超えの真夏日にはなんとも似つかわしくない人たち。
私も暑さでヘトヘトで写真撮らせてもらうの忘れました。

登場したのは20:10。
3年前に太ったロバスミを見たので、もう驚きませんでした。
ちゃんとボサボサ頭にアイライン、赤い口紅は健在。
まだまだ明るい中、ドリーミーな「Plainsong」でスタート。
そのままドリーミーな曲が続き、3曲目で私が2番目に好きな「High」が早くも登場。
ビデオ撮りました。

ほんとうに美しく透き通る曲。
こんな晴天の空で聞と涙が出そうでした。

その後もヒットソング連発。
そして、これぞキュアーという曲を撮影しておきました。
まずは「In Between Days

これも懐かしすぎて涙がでそう。
当時の記憶が走馬灯のように蘇る感じがした。

その後は暗く私がほとんど知らない曲が続いた。
でも周りにいる大ファンであろう人たちは一緒に歌ってました。
最後も盛り上がらずに終了。

アンコールはまたまたヒット曲などの明るい曲で始まりました。
まずは「Lullaby
もう空もかなり暗かったのでステージの映像もとても綺麗でした。
ちゃんと曲に合わせた映像でしたよ。
P1110923.jpg
スパイダーですから蜘蛛の巣です。

そして超代表曲の「Friday I'm in Love


私が一番好きな「Boys Don't Cry」ももちろんやりました。
3年前撮ったので、今回はスマホで1分だけ。

オリジナルよりテンポが遅いのでちょいと物足りなく感じましたが、やっぱすばらしい。
私にとって思い出の曲で、またまた泣きそう

そして最後の最後は彼らのデビュー曲「Killing an Arab」で閉めました。
40年前の曲です。

半分は私の知らない曲でしたが、たくさんの思い出のある名曲を聞けたのは本当に貴重な体験でした。
映像もすばらしく、会場全体の雰囲気もよかった。
なんせサッカーワールドカップでイングランドが勝ったあとだったしね。
ほんと、久々の夢のようなラインナップのフェスティバルでした。
楽しかった。ありがと〜


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 23:03 
  • [音楽 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

[フェスティバル] Interpol (インターポール) @ British Summer Time

前回の続き。

7月7日に行ったハイドパークで行われているBritish Summer Time (ブリティッシュ・サマー・タイム)で、もっとも見たかったのがInterpol (インターポール)。
セカンドアルバム「Antics (アンティックス)」からずっとファンで、今回見るのは3年ぶり。(前回の記事はこちら
実は去年、彼らのデビューアルバム「Turn on the Bright Lights (ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ)」のリリース15周年を祝して同作を全編演奏するロンドン公演があったのですが、会場が遠く平日だったこともあり、悩みに悩んで行かなかったんです。
彼らの音楽は聞けば聞くほどよくなってくる不思議なバンドで、最近予習として聞きなおしてみてさらにファン度がアップしてきました。
今は、去年のライブに行かなかったことをひどく後悔しています。。。

まっ、そんなことはともかく、彼らの登場はメインステージの大トリ「The Cure (キュアー)」の1つ前で、18時半から1時間のスロット。
いったいどんな選曲なのか楽しみ〜

そしてインターポールの暗くて重い音楽とは正反対の真夏日のフェスティバル。
いつも照明が暗くてよく見えないのだが、今回はよく見えるだろうから、さらに楽しみ〜

ステージ後ろはシンプルに真っ白で、真ん中に赤字でINTERPOLと書いてある。
P1110857.jpg
そしてメンバー登場!
やはり真っ黒の衣装で、このクソ暑いのにスーツ。
大丈夫だろうか?と心配になる。
ボーカルのPaul Banks (ポール・バンクス)は、スーツは来てないが黒いシャツ。
ドラマーだけが、また一人違う色を来ている。
暑いからか?
とにかくみんなカッコイイ〜

P1110871.jpg
途中で白のバックグラウンドが真っ赤になって、黒字のINTERPOLに変わったりした。

選曲はすべてのアルバムから演奏され、まんべんなく彼らの歴史を披露。
ビデオはつい先日発表された先行シングル「The Rover」撮りました。

最初聞いた時は、「なんじゃこの曲?どうしちゃったんだインターポール?」って思ったんですが、
彼らの音楽は何回か聞かないと良さがわからないので、毎度そういう反応をしてしまうのです。
これも聞くうちに好きになってきた。

次は「Lights

この曲も初めて聞いた時は、重たっ苦しすぎると思ったが、まずこのプロモーションビデオが実にシュールでかっこいいショートフィルムで何度も見ているうちに音楽も好きになってきて、もはや大好きな曲になった。
このヘビーなサウンドでじわじわ迫ってくる感じがとてつもなくかっこいい。
そのプロモはこちらから見れます。

お次は彼らの代表曲の1つ「Evil」も撮っておいた。


そして最後は一番好きな「Slow Hands
この曲は一番盛り上がるし、楽しみたいのでビデオは撮りません。
代わりにプロモでも載せておきます。

ビデオ懐かしすぎる。
ポール・バンクスかわいい♥
そう、昔は神経質そうな貧弱な雰囲気の兄ちゃんだったんですが、ここ数年でイメージがガラリとかわり、今は男らしく渋くなりましたね〜
惚れちゃうわっ

1時間文句なしのかっこいいライブでした。
本当暑かったし、ステージは日光直撃なのに、全然涼しげでジャケットも脱がなかった彼ら。
汗すらかいてない。
いったいどうなってるんだか?
マトリックスのエージェントスミス軍団か?と思ってしまったわ

そして来月8月24日、待ってましたのニューアルバム「Marauder」がリリースされます。
もう楽しみすぎる。
ニューアルバム発表記者会見の日本語字幕版のビデオを発見したので貼り付けておきます。

途中ポール・バンクスにおでことおでこをごっつんこしに来る人がいるんだけど、謎すぎる。。。
いったい誰?
<追記>7月11日に新曲「The Rover」のプロモーションビデオが解禁になったのですが、そのプロモ用の仕組まれたものだったんですね。
これで謎が解けました。


ちゅうことでニューアルバムリリース後、11月またイギリスにやってきてくれるインターポール。
今回は会場もめっちゃ近いし、もちろん見に行きます。
楽しみでしょうがな〜い。


次はキュアーの記事です。


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 16:01 
  • [音楽 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

[フェスティバル] British Summer Time (Editors, Goldfrapp)

今年も行ってきました、ハイドパークで行われているBritish Summer Time (ブリティッシュ・サマー・タイム)
私が行ったのはThe Cure (ザ・キュアー)がヘッドライナーの7月7日。
フェスティバルだけど、キュアーの40周年記念コンサートなんだって。
すごいね40周年なんて。しかも1回も解散していない。

そしてそれ以外の出演バンドもすごかった。

Editors (エディターズ)
Goldfrapp (ゴールドフラップ)
Interpol (インターポール)
Ride (ライド)
その他

もう、私にとって鼻血ブーなラインナップで、ここ何年もこんなにも好きなバンドが揃うフェスティバルはなかった。
でもフェスですから、やはり別ステージでの演奏で時間がかさなったりで見れないこともある。
今回はライドがセカンドステージだったので、見ることができなかった。。。

ここ1ヶ月ほどイギリスでは猛暑が続き、この日も晴れで最高気温31度の猛暑。
イギリスで30度を超えることはめったにない。
エアコンもほとんどない。

暑くても去年の失敗を踏まえ開場時間の13時半に中へ入った。
まずはステージ前方の柵の前へ。
やはり去年同様早いもの勝ちのリストバンド制。
さっそくリストバンドをゲットした。
これがない人は前方へは行けないのだ!
友達も遅れたきたもののリストバンドゲットできたので一安心。

そして早速ランチを探しに一通り会場を一周。
その時メインステージで最初の出演者Pale Wavesというバンドが演奏していた。
見た目めちゃくちゃゴスなのに、テイラー・スウィフトみたいにポップだった。
P1110820.jpg

残念ながら去年あった日本人経営のお店はなく、美味しくなさそうな現地のお店って感じでカツカレーがあった。
IMG_6924.jpg

IMG_6927.jpg
まずそうだけど注文してみた。
カレーが見えない。。。
でも一番下にカレーがあって、その上にご飯がのってました。
意外や意外、まともな日本のカレーの味でした。
ただ、カレールーが少なかった。

そのあとはとにかく暑いので体力温存のため日陰で座って待機。
そんでもってこの日は15時からサッカーワールドカップのイングランド対スウェーデン戦だった。
見たいがネットでチェックしたりしながら我慢。
そして最初にみたいバンド、エディターズが16時出演なので、ちょっと前にステージの方へ。

P1110823.jpg
エディターズ
ちょー久々に見る彼ら。
ボーカルのトム・スミスはえらくラフな格好に赤いキャップ。
暑すぎてやる気無くしたか?
とにかく昔大好きで、特に彼らのデビュー曲「Bullets」が好きすぎて、その時カレッジに通ってたんだけど、課題のミュージックビデオ作りに、この曲使わせてもらった。
でも、ライブだとイマイチなんだよな〜

今回は45分間だけの演奏だったので、ヒット曲と今年発売された新譜「Violence」から3曲をやりました。
ビデオは新譜から2曲撮りました。



この曲は新譜の中で1番好き。

このあとまた日陰へ移動。
その時イングランドがスウェーデンを破り準決勝進出が決定した。
周りでオンデマンド見てる人達がいたので、みんな即その情報を聞いて拍手が起こりました。

お次はゴールドフラップ。
このバンドは、昔付き合ってた彼が大好きで、その影響でよく見に行きました。
彼らを見るのもちょー久々。
P1110852.jpg
相変わらずお美しいアリソン・ゴールドフラップ
たった今ウィキペディアの彼女のページを見て驚愕したのですが、実は彼女もう52歳なんだそうです。
信じられな〜い
30代ぐらいだと思っていた。

ビデオですが最近リリースしたシングル「Ocean」を撮りました。

この曲ですが、シングルとしてリリースされたのはリミックスバージョンで、デペッシュ・モードデイヴ・ガーンとコラボしたデュエット曲になっている。
もしやデイヴ・ガーンがゲストで出てきたりしないだろうか?と少し期待したが、それはなかったです。

P1110874_2.jpg
今回一緒に行った仲間。
暑い中よく倒れずにがんばった!

その次はインターポールとキュアーを見ましたが、その記事はまた次回。


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 18:54 
  • [音楽 (その他)
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ロンドンでのサッカーワールドカップ2018日本戦観戦

ただいま絶賛サッカーワールドカップ開催中ですが、もちろん日本応援しておりました。
今回の開催はロシアなもんで、大きな時差はなく中継を見るのが楽です。
やっぱり応援するならパブで同じ国の人たちと見るのが盛り上がるわけで、4年前同様日本人とのミートアップ会が主催するW杯観戦会に参加した。

場所はカーナビーストリートにあるパブ「O'Neill's

観戦したのは6月24日(日)の対セネガル戦。
IMG_6795_2.jpg
集まった仲間と。
ロンドンオリンピック時に買い揃えた日の丸グッズがまた役にたった。


こちらが本田が2点目入れた時。
感動でした〜
このビデオはインスタグラムにアップするとすぐブロックされました。

結果同点でしたが、いい試合だった。
そして日本は決勝トーナメント進出〜
これまた感動。
また応援できるぞ!と、今度は昨日あった対ベルギー戦。
こちらも同パブで応援してきた!
IMG_6905_3.jpg

日本が2点先制!
こちらは1点目の時の様子。

結果負けましたが、すばらいい試合だった。
すごく感動した。
初ベスト8いけるか!と、本当に期待できた。
こんな素晴らしいファイトをしてくれた日本選手にありがとうといいたい。
感動ありがと〜
あんたらかっこいいよ!

今日はイングランド戦。
気持ちを切り替えて応援するぞ!


    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 11:33 
  • [スポーツ
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

Secret Cinema (シークレット・シネマ) 「ブレードランナー」行ってきた

金曜日、体験型の映画イベント「Secret Cinema (シークレット・シネマ)」に行ってきました。

数年前ぐらいから、SNSなどで頻繁に目にするようになってきたシークレット・シネマですが、なんせシークレット(秘密)なもんで、一体何なのかよくわからなくて、最近になって「すごい面白いらしいよ。でもチケット高いらしいよ」と、身近でも噂を聞くようになってきた。
基本的には昔の有名な映画がテーマで、本格的な映画ごっこをやるイベント。
今やっているのは「ブレードランナー」。
過去には、「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ゴーストバスターズ」「ショーシャンクの空に」「ムーラン・ルージュ」などなど、ジャンルもいろいろ。


今回、たまたまチケットマスターから半額オファーの案内が来たので、それだったら行ってみようかな?っと友達を誘って行くことにした。
チケットは3種類あって、曜日によっても値段が違うみたい。
私が選択したのは平日の一番安いレギュラーチケットで、それでも通常価格は64ポンド。手数料入れて1万円ほどだ。
噂通り高い。
そしてシークレットなので、会場とか何が必要とかは1週間前にメールするとのことだった。
でも1週間前になってもメールが来なくて、4日前にしびれを切らしてメールしてみた。
そしたら返事が来て、リンクにアクセスしてレジスターしろとのこと。
早速レジスターするも、なんか4、5つの質問事項に答えなきゃいけなくて、めんどくせ〜〜〜
それから自分のキャラクターをあてがわれた。
このイベントでは、自分のキャラクターにあったコスプレをする必要がある。
あと、持参しなきゃいけないものもあって、結構面倒くさい。(必須ではないが最低1つは持参する必要がある)
集合場所はグリニッジ近くのCannnig Townで時間は18:00〜18:40。

30714739_2109666792599496_710866413317391263_n.jpg
<ネットから拝借>
こちらが会場
駅近くのたぶん元倉庫だったところ。
入るところからもう演技が始まっていた。
私たち参加者はユートピアに向かうワールドターミナルに入るという設定らしい。
ここで荷物チェックやIDチェック(本物のIDじゃなく自分のキャラクターのID)を受ける。
そしてシークレットなもんで写真、ビデオ撮影は一切厳禁。
シール付きの袋を渡され携帯を入れさせられる。
でも別に預ける必要はない。
せっかくみんな張り切ってコスプレしてるのに、中で写真撮れないなんて、そんな殺生な。。。

私も友達もキャラクターがスカベンジャー (廃棄物回収業者) だったのですが、いったいどんな格好したらよいのか?
どちらにしても平日で会社終わって速攻行かなきゃだったので、そんな変な格好はできない。
持ってる服で、ブレードランナーのサイバーパンクな世界観に一番近い服を着て行った。
ゴーグルと、透明傘または透明レインコートも持参アイテムだったので、ゴーグルは友達に借りて、晴天の中傘持ってった。
IMG_6831_2.jpg
携帯を袋に入れる前に写真撮影。

IMG_6849.jpg
こういう写真撮影できるエリアもあった

IMG_6854_2.jpg
レインコート売ってた姉ちゃんと

ほんとならばいろんな人の写真撮らせてもらうんだけど、今回は断念。
インスタで見つけた素敵なコスプレの人たちの写真をピックアップして載せておきます。

30814107_2115734265326082_450121045789397902_o.jpg
instagramより

33155892_390110334809850_4809826771190939648_n.jpg
instagramより

34206253_844244409100316_6407333895523532800_n.jpg
instagramより

34372226_235072533936285_2119799594480041984_n.jpg
instagramより

そして、いざ中へ!
最終チェックポイントでまたIDを確認させられ、スカベンジャーならミスター誰それに会え!(名前忘れた)と言われた。
だれじゃそりゃ?

中は本当にブレードランナーの世界。
もう写真撮りたくて喉からカメラがでそう。
しかし中は恐ろしく暑かった。
今イギリスでは連日熱波で、エアコンがほとんどないので、もう暑すぎ。
ここも例外ではなかった。

そして中央部分は広く空いていて雨が降っている。
そう、もちろん酸性雨だ!

バーやフードストールもある。
ビールはどこに行ってもアサヒスーパードライの缶ビール。
いたるところに変な日本語が書いてある。
まんま映画の世界だ。

もちろんヌードルバーもある。
34189800_2134026740163501_3661875033371836416_o.png
<ネットから拝借>
まずそうだったが食べてみた。
これがタイ風のココナッツミルク風味で美味しかった。
でも9ポンドで量は少なかった。

あと飲茶も食べたがこれも美味しかった。
でも3品で7ポンドと、これも高くて量少なすぎ。

お店もあったりするが、このイベントは本格的な映画ごっこがメインなので、そこいらじゅうで寸劇が繰り広げられていた。
人だかりができていたので近づいてみると、私たちスカベンジャーのリーダー、ミスター何ちゃらが何か喋っている。
<ネットから拝借>
34016715_2134026143496894_8550059806386290688_n.png
彼がそのリーダー
何を言ってるか聞こえなかったが、周りにいるみんなが手をあげて「オー!」っと言って賛同している。
この人たちは一般客?それとも俳優?
なんだかよくわからんが面白い。
どうやら私たちスカベンジャー達は反乱を起こすらしい。
そうすると警察役の人たちみたいなのがいっぱいやってきて、私たちは手を頭にあげてしゃがまさせられた。
私たちも茶番に混じらなきゃいけないようだ。
このまま囚われるのか?
でも飽きたのでその場を離れ、今度は太鼓を持った人たちを見つけた。
持参アイテムの一つにドラムと書いてあったので、小さいジャンベ(アフリカの太鼓)を持って行ってたのだが、私もそれを出して、その太鼓集団に混じってみた。
太鼓リーダーが「ついてこい!」と言って走り出したので、みんな太鼓たたきながら追いかける。
意味不明だが面白い。
途中で女の人に「どこ行くの?」と言われたが、「わからない」と答えると、「これは私のメモリーよ!」と言って猫の写真を見せられた。
「???」
とりあえず「ナイス!」とだけ言って太鼓軍団についていった。
そういえば、必須アイテムで思い出の写真を3枚持ってこなきゃいけなかったんだが、最後まで使い道がわからなかった。
第3者に見せなきゃいけないというルールでもあったのだろうか???
他にもリサイクルグッズや宣伝ポスターとか、意味不明のものが持参リストにあったんだが、全くもって使い道がわからなかった。
傘かレインコートさえ持ってきとけば問題はなかったようだ。
なんせ中は雨降ってましたから。

30420534_2117386788494163_5260158367945095348_o.jpg
<ネットから拝借>

blade runner
<ネットから拝借>

他にも参加者のベストドレッサー賞を決めるファッションショーみたいのがあったり、レプリカントなのか何なのか捕り物劇があったりしてました。

で、立ち食いしてる時(椅子とかないので)黒人の男の人が手をかざして近づいてきた。
どうやら役者のようだ。
「レプリカントはみんな始末される、次にやられるのは俺たちスカベンジャー達だ!あとで広場で集まるんだ。合図はこれだ!」的なことを言って去って行った。
そして広場に行くとすごい人だかり。

35617208_353549345176614_8841402131157090304_n.jpg
<ネットから拝借>

IMG_20180503_091228-1024x629.jpg
<ネットから拝借>
さっきの黒人さんが女の人とダンスしてた。

IMG_20180503_091249-1024x577.jpg
<ネットから拝借>
そしてさっき教えられた、手をかざす合図をしてました。

750-3752-40912044382-o-1.jpg
<ネットから拝借>
気がついたら上の方に人がいました。
たぶんレプリカントですね。

IMG_20180503_091237-1024x797.jpg
<ネットから拝借>

それからみんなが大移動。
どうやら映画館に行ったみたです。
私知らなかったのですが、映画も上映するんです。
8時半ぐらいからスタートしました。
横に長い映画館で、スクリーンが3つ。
スクリーンと客席との間は結構空いてて、すべてのシーンじゃないけど、そこで映画に合わせて俳優達が演技してるんです。
35900530_2148506978715477_5475404049027170304_o.jpg
<ネットから拝借>
これが客席前

あと、サイドの上の方や、スクリーンの間やらいろいろなところで演技していてスクリーンと俳優達を交互に見るって感じでした。
口パクですから俳優の声は流れません。
なんとも不思議な鑑賞方法でした。

映画の後はクラブみたいになっていた。
上の階をちゃんと見てなかったので、もう一回行こうとしたら上は閉まっていた。
それからカクテル1杯飲んで、1階を少しウロウロして帰りました。

あとプリクラみたいな機械があったので撮ってみた。



帰りにまた撮影。
ブレードランナーだし、夜の方が雰囲気合うね。

とにかくめちゃくちゃ面白かった。
コスプレが好きで、ノリがいい人だったら楽しめるはず。
あと、その映画もしくは、その映画の世界観が好きじゃないとね。
マッドマックスがあったら絶対行きたいな〜

8月からは「ロミオとジュリエット」だそうです。

でもシークレットにする必要があるのだろうか、せめて写真撮らせてほしいな〜
あとやはり高すぎ。
食べ物も高かったし。
リピーターを呼びたかったら、もう少し値段下げてほしいな。



    ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると助かります(^^♪
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ 

  • at 20:20 
  • [イベント
  • TB(0) |
  • CO(0) 
  • [Edit
  • *PageTop

ご案内

スポンサードリンク

プロフィール

cheeky-chi

cheeky-chi
大阪北新地でホステスしていた人生から一変、第2の人生を歩むべく2001年にワーホリで渡英。
英語を勉強したのちカレッジで2年間デジタル・メディアを専攻。
2008年めでたくロンドンのIT企業に就職し、現在は楽しくシングルライフをエンジョイ中。
好きな事はUKロック、ネコ、旅行、写真、エステ、映画。

そんな私の日記ですが、よかったらのぞいて下さいね。

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

スポンサードリンク

検索フォーム

ランキング参加中!

1日1回クリックしていただけたら嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ ジモモ ロンドン

トリップアドバイザーでブログを紹介していただきました!
ロンドン

フォートラベルでロンドンのおすすめリンクとして紹介されてます
ロンドン旅行・ホテルのクチコミ

ブログ記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR